ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

タグ:ごあいさつ ( 17 ) タグの人気記事

10年エッセイ ● ちょっと不遜ですが

b0189364_18400091.jpg 始めてから10年になった……このブログも……ついに。
 元々は、ある知人にブログの使い方を教えるために始めたのである。私自身は、それを遡ること6年前から3年前まで、つまり2004年から2006年まで自身のホームページでブログをやっていたが、そのときはiBlogというMacOS用のソフトを使って自前でブログ・サイトを作っていたため、業者製の既製ブログはこのエキサイト・ブログが初めてだった。使い勝手がまずまずでデザインもいろいろと変更できるということで、その知人にもこのエキサイトを薦め、開設の代行、利用方法の指導などを行ったというのがことの始まりだった。ちなみにその方のブログはすでに終わっているようである。
 私自身、元々書きたいことはたくさんあったのである。書いたものを人に読んでもらうことも好きなんである。そのため、昔から何か書くようなことを仕事にしたいと思っていた。実際、幸いにして書く仕事に就くことはできているわけだが、最初に思っていたものとは多少方向性は違うのである。もう少し自由に書ける仕事を求めていたのだが、実際のところ、縁がなければそういう仕事はなかなかないわけだ。ただし今の時代、ネットという舞台があるため、発表の機会は設けようと思えば設けられる。そういった人々にとってはブログもなかなか良い媒体と言える(気楽に始められるし、有名なブログ・プロバイダを利用すれば一定量の読者も見込めるようだ)。一方でそういう気楽さのために、ネット上には、文章としての質が低いものが著しく多いというのも事実で、言ってみれば玉石混淆である(玉の方はきわめて少ないが)。そもそもブログをそういった発表の場と捉えること自体、少々ナイーブすぎるのかも知れない。本来は、ツイッターとかと同じレベルのコミュニケーション・ツールに過ぎないのではという気もする。
b0189364_18384376.png 一方、私の場合は、内容について結構一生懸命推敲した上で、書いているのである。そういう自負はある。だから過去に書いたものを振り返って読んでみても、自分で読んでいて面白いものがそれなりにあると感じる。ま、自画自賛ということになるが。そういうものについては、自前のサイト、つまり竹林軒ネットだが、そちらでまとめることにしている。このブログの開設当時は、そういう作業も並行して進めていたんだが、残念ながら長いこと放置プレー状態になってしまった……。そこで、この10周年を記念したわけではないが、少し整理してあちらのサイトも更新してみた。まだ途中だが、あちらにある程度貯めておき、万一エキサイトに事故があってデータがなくなっても良いくらいの備えはしておきたいと思う。
 結果的に竹林軒ネットでは、この10年間書いたものがまとめられることになるわけ(厳密にはその前の3年間分もあるため13年間ということになる)で、こうなると、ある意味では、私という人間の半生記みたいな要素も出てくる。あるいは、このサイト(竹林軒ネット)自体についても、一つの作品と考えることさえできるのではないか、とも感じる。価値については(特にエッセイについては)それなりにあると自負しているが、これについては当然異論があるかも知れない。それはそれで結構。
 目下このブログでは、映画や本などの批評に終始しているが、本来は、他人の作品の批評ばかりではなく、エッセイなどの生産的なものももっと書いていくべきだと思っており、そちらの方にこそ価値があると信じているんだが、こういうものばかりを目指していると(満足のいくものがいつも書けるわけではないため)なかなか続かなくなるのである。続かないブログ、日記は、概ね途絶えてしまうものである。他人の作品(つまり映画や本など)に依拠する理由の一つはそれである。個人的には、こういった批評も後で読むと面白く感じることが多いため続けていきたいと思っているが、オリジナルなものももっとあった方が良いと感じているのも事実なのだ。それにいやしくも注目(アクセス)が集まるのは残念ながらそういった批評記事だけなので、そのあたりにももどかしさを感じている。

竹林軒出張所データ集:
● これまでに投稿した記事は2510本。1年に251本の計算になる。まさしく暇人の所業。

● 一番アクセス数が多かった記事は……残念ながらエキサイト・ブログでは調べようがない。ただ、あるドラマ、あるドキュメンタリーが再放送されると、いきなりアクセス数が増えることがある(最近では『想い出づくり。』『昨日、悲別で』など)。また、どこかわからないが、おそらく人気のあるサイトで紹介されたことから、ここにアクセスが殺到することもごくまれにある。

● 山田太一の作品に関連する記事が増えてきたため、竹林軒ネットでまとめた(『批評選集:ドラマ - 山田太一』)。放送されたインタビューを書き起こしたスクリプトもあるため、結構貴重だと自負している。

参考:
竹林軒出張所『101回記念』
竹林軒出張所『一周年ごあいさつ』
竹林軒出張所『500回記念』
竹林軒出張所『3年目のつぶやき……くらい大目に見てよ』
竹林軒出張所『千回と正月がいっぺんに来た』
竹林軒出張所『トリプル・スリーではありませんが』

by chikurinken | 2019-06-01 07:36 | 日常雑記

2019年お年賀

あけましておめでとうございます
b0189364_15084558.jpg

 おかげ様で十周年!!
              竹林軒
by chikurinken | 2019-01-01 07:08 | 日常雑記

2018年お年賀

あけましておめでとうございます
b0189364_13260594.jpg

 やめようと 思いながらも 年賀状
                  竹林軒
by chikurinken | 2018-01-01 07:25 | 歳時記

2017年お年賀

あけましておめでとうございます
b0189364_18485121.jpg
分け入っても 分け入っても 泥の沼
                     竹林軒
by chikurinken | 2017-01-01 07:45 | 歳時記

トリプル・スリーではありませんが

b0189364_2316141.jpg このブログの右の欄に、これまでの投稿記事数がタグ別にリストされているんだが、ご存知ですか。こんなところを見る人はあまりいないと思うが、私は最近気が付いたんだ。「映画」、「本」の投稿数が500になっていることに。「ドキュメンタリー」についても400に近づいていた。ということでここのところは「ドキュメンタリー」ばかり投稿していて、前回めでたく400に達したというわけ。昨年有名になった「トリプル・スリー」ではないが、「ダブル・ファイブ、シングル・フォー」ってことになる。全部500で統一できたら良かったんだが、今からドキュメンタリーばかり100件も投稿した日にゃ、誰からも見向きもされないブログになるやも知れず、それにそもそも僕自身ドキュメンタリーの批評を100も続けて書きたくないという事情もある。そういうわけで、「ダブル・ファイブ、シングル・フォー」で一区切り。ドラマもちょうど150になっていて、区切りが良くなっている。
 それにしても、よくこんなに書いたよなーと思う。いくら暇だといっても(ちなみにここのところはまったく暇がないので1日おきに投稿しております)、現時点で1700件超の記事がある。もっともそれでも、かつて見た映画や本にどのような感想を持ったか調べようと思っても、2009年6月(このブログの開始時)より前に見たものについては記録が残っていないんで、もっと早くこういった記録を始めておけばよかったと思うことがかなりある。かろうじて前のブログで書いたものがあって、それも簡単に参照できるようにしたいということから、少しずつこちらのブログに移したりもしているのだ。
 こういった、記録を残しておくという作業は実際のところかなり手間がかかるんで一般的にはあまり続かないんだが、誰かに話のネタとして話しているつもりでこういうところに書き続けていれば、意外に続けられるものだ……というのが今回のこの「ダブル・ファイブ、シングル・フォー」で証明されたことになる……かな。自分としては、残しておいてよかったと思うことの方が多い、特に最近。この年になると、見たり読んだりしたものをすっかり忘れているということが割にあるので。
 ただ、このブログを主宰するエキサイトブログ(exblog)の事業者が何かの事故でデータを消失したり、あるいは業務自体をやめたりということもありうるわけで、そうするとこの膨大なデータがパーになる可能性がある。何とか手元に残しておく方法も検討しなければならないのかなと考えたりしている。他人にとって価値がなくても、こっちにしてみれば6年間の蓄積だかんね。労力もかかっているし、なくなってしまえばそれなりに惜しい。PDFとして保存できる機能があるようなので、こういうのも考えたいと思っている。そういう状況の、とりあえずの一区切りでした。今後ともよろしく。

参考:
竹林軒出張所『千回と正月がいっぺんに来た』
竹林軒出張所『500回記念』
竹林軒出張所『3年目のつぶやき……くらい大目に見てよ』
竹林軒出張所『一周年ごあいさつ』
竹林軒出張所『101回記念』
by chikurinken | 2016-02-28 07:05 | 日常雑記

2016年お年賀

あけましておめでとうございます
b0189364_19123988.jpg
 歩いても 歩いてもなほ 霧の中
                    竹林軒
by chikurinken | 2016-01-01 08:16 | 歳時記

2015年お年賀

あけましておめでとうございます
b0189364_8202933.jpg
 ほころびを
   繕おうにも
      糸はなし
              竹林軒
by chikurinken | 2015-01-01 08:22 | 歳時記

2014年お年賀

あけましておめでとうございます
b0189364_18413436.jpg
 何もなくても 今朝は春
              竹林軒
by chikurinken | 2014-01-01 08:40 | 歳時記

千回と正月がいっぺんに来た

 皆様、あけましておめでとうございます。
 今年が皆様にとって素晴らしい年になりますようお祈りいたします。
b0189364_1233525.jpg

b0189364_1242540.jpg さて、今年は年賀状もオリジナルのものを作らず、出来合いのものを買って済ませましたので、ここには出しません。思えば、毎年10月くらいから年賀状をどうしようか思い悩み、まんじりともしない日々が続くわけで、そういう呪縛から解放されるのも良いかも知れないってことで、今年はついに自作をあきらめました。一種の断捨離です。

 で、年賀はさておき、今回は、このブログ『竹林軒出張所』が開設以来1000回目を数える記念すべき投稿ということで、まさに千回と正月がいっぺんに来たわけです。よく続いたナーと思う半面、どれだけこのブログにエネルギーを投入してきたんだとツッコミを入れたい心境です。無駄だとは思いませんが、しかしこれだけ熱中する価値があるのかはなはだ疑問ではあります。今回が一つの節目ってことになるわけで、今後は適当に力を抜きながらやっていこうと思っております。
 本家の『竹林軒』の方がもうさっぱり更新していないので、早々に大幅リニューアルを敢行し、今後は美術品の販売サイトも兼用しようかなと考えております。また、そちらの方も覗いてやってくださいませ。
 『竹林軒出張所』は、本日はごあいさつということで、新春初投稿は明後日3日からとなっております。では皆様、良いお正月をお過ごしくださいませ。

参考:
竹林軒出張所『500回記念』
竹林軒出張所『一周年ごあいさつ』
竹林軒出張所『101回記念』
by chikurinken | 2013-01-01 09:10 | 日常雑記

2012年お年賀

あけましておめでとうございます
b0189364_17481213.jpg
 明けましても 何も変らぬ 今朝の春
                 竹林軒
by chikurinken | 2012-01-01 17:49 | 歳時記