ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『喋々喃々』(本)

『喋々喃々』(本)_b0189364_1152431.jpg喋々喃々
小川糸著
ポプラ社

 恋愛小説です。
 主人公は栞(しおり)という30前後(だと思う、要確認)の女性で、しかも相当な美人のようです。小さな中古着物屋さんを経営しています。その店にたまたまやって来た木ノ下春一郎という既婚の男と恋仲になって、楽しくやって、別れを決意するという話。メインのストーリーはこれだけですが、これが383ページに渡って展開されます。
 とにかく、ストーリーとあまり関係ない場面で、どこそこの店でどういう料理が出ておいしかったとか、どういう料理を作ったとか、あるいはどこに行ったとか、どんな服が素敵だとか、そういった、雑誌「Hanako」に出てくるような情報が、頻繁に出てくるわけです。しかも微に入り細をうがち紹介される。まさに「紹介」です。そういえば主人公の妹は「花子」という名前です。巻末を見ると、「asta*」という雑誌の連載小説だったということで、はあなるほどねという感じはあります。
 相手の男も、優しくて気が利いて、なんだかとても魅力的なんだそうですが、性格がよく伝わってこず、作り物みたいです。こんな人間いるんかいなと思ってしまうほどです。主人公の方も、優しくて美しくておだやかで有能で、着物の着こなしがうまくてと、これまた言うことなし。いや、いいんですけどね。でも、著者にも愛読者にも「本当にこういう小説で満足なのですか」と問いたい気がします。
 最初に恋心を相手に明かす場面や、最初に2人で泊まる場面、別れの場面は、情景が細かく描かれていて、なかなかスリリングなのですが、その他は、日記みたいにだらだらと展開されます。ブログみたいです。端的に言って、これはフィクションの日記だと思います。
 全体に、若い女性が理想とするものを盛り込みましたという感じがひしひしと伝わってきます。ハーレクインかコバルトかっちゅう感じですかね。
 小説については好みの問題が大きいので、あまり批判しようとは思いません。で、今まで書いてきたことも決して批判や悪口ではないつもりなのですが、ただ「みなさん、本当にこういうので良いのですか」という気分は今でも続いています。
★★★

参考:
竹林軒出張所『食堂かたつむり(映画)』

# by chikurinken | 2009-06-08 11:54 |

『ツチヤ教授の哲学講義』(本)

ツチヤ教授の哲学講義
土屋賢二著
岩波書店

『ツチヤ教授の哲学講義』(本)_b0189364_1232314.jpg いつも面白い変わったエッセイを書く哲学者、土屋賢二氏による、お茶の水女子大教養部での講義録で、いつもの軽妙なエッセイとは違う(そういうエッセンスはあるけれども)哲学講義である。
 哲学についてわかりやすく説明することは哲学の基本だと(ツチヤセンセ同様)僕も思っているので、その点で非常に共感でき、また中身も難しい内容を非常にわかりやすく説明していて好感が持てる。談話(講義を含め)をそのまま本にすることは、著者や出版社の怠慢だと思っていた(ただしインタビュー本は別)が、この本は語ることの利点を最大限に利用していると言える。先日紹介した『昭和史』も同様。
 ただし、(著者の専門であると思われる)ウィトゲンシュタイン周辺のくだりは共感できない。僕個人として、すべての哲学的問題を言語に還元するということが適切だとはどうしても思えず、その点では共感できなかった。だが、これは説明されている内容に対しての感想であり、「説明内容を読者に届ける媒体」としての本の価値が低下するわけではなく、したがってこれによって本書の価値が損なわれるものではまったくない。それに、僕自身ウィトゲンシュタイン自体よく知らなかったんで、その辺の入口を設けてもらったという点でも評価に値する。大学教養部の授業としては理にかなっている。
 哲学に関心がある人には、恰好の入門書だと思う。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『エピクテトス 人生の授業(本)』
竹林軒出張所『純粋理性批判〈1〉(本)』

# by chikurinken | 2009-06-07 12:04 |

審判が支配するサッカー

審判がサッカーの試合を支配する方法

●ゴールが決まってもオフサイドにしてしまう。
●ファウルの基準にダブルスタンダードを採用する(同じプレーでも、一方のチームの選手をファウルにして、もう一方のチームの選手をファウルにしない)。
● 一方のチームに対し、カード(イエロー、レッド)を出しまくる。
●一方のチームの危険なプレーを見ないことにする(プロレスのレフェリーを思いだそう)。

審判が支配するサッカー_b0189364_9581628.jpg 本日未明のワールドカップ最終予選、ウズベキスタン対日本の試合、見ていてイヤーな気分になった。
 本当のところはわからないよ、そりゃこっちはテレビで見てんだから。でも、少なくともフィールドの選手と監督は、相当実感していたようだ。日本チームがボールを取りに行ったらファウルにされるし、ウズベキスタンチームがラフプレーをしてもなかったことになる(ような気がした)。あれじゃあ、サッカーの試合が成り立たない。ロスタイムも10分くらいとられるかと思ったよ(実際には4分)。
 審判にどういう事情があったか知らないが、通常の「アウェーの洗礼」などというレベルではなかった。
 僕はNHKで見ていたからよくわからないが、TV朝日のサッカー解説者(というか応援団長)の松木安太郎は、放送中「エーッ」とか「なんですかこの審判は!」とか連呼していたのではないかと容易に想像が付く。日本代表が勝ってワールドカップ出場を決めたが、後味が非常に悪かった。
 サッカーはレフェリー次第ということをあらためて実感した試合であった。
(写真は元新日本プロレスのレフェリー、ミスター高橋)
# by chikurinken | 2009-06-07 09:53 | 日常雑記

蔵書票

蔵書票_b0189364_1623117.jpg 本を買わなくなって久しい。
 以前は、本が崇高であるみたいな信仰があって、手に取ってみてちょっと面白そうだったら買うという馬鹿げたことを繰り返していた。つまり衝動買いである。おかげで、家につまらない本が大量に集まってきた。このとき気付きましたね。ほとんどの本はつまらないということに。控え目に見積もっても本屋にある本の90%はゴミである。残りの本のうち5%は特定の人にとって役に立つ本、さらに残りの5%が多くの人にとって役に立つもしくは面白い本である。
 そういう私が久しぶりに本を買った。『蔵書票の美』(樋田直人著、小学館文庫)という本で、これは、「特定の人にとって役に立つ5%の本」に入る。実は以前借りてとばし読みしており、その上で買ったのだから、これを買って損をすることはないのだ、自分としては。
 そもそも蔵書票とは何か。ほとんどの人にとって、おそらく一生、目にも耳にもすることはないものであろう。蔵書票というのは、自分の蔵書であることを示すために本の見返し(表紙裏)に貼る紙で、自分の蔵書であることを示す文言が入ったものである。蔵書印と同様のものと考えると良い。昔、本が貴重であった頃にヨーロッパで広まり、やがて、文字だけでなく絵も入れられるようになった。木版画や銅版画、印刷術などを利用して多数製作されており、デューラーほどの有名人も作っているんで、存在自体はメジャーだったんだろう。今でも熱心な蒐集家がいて、「紙の宝石」などと呼ぶ人もいるらしい。
 というようなことが、『蔵書票の美』に書かれている。だから興味のない人にはまったく役に立たない情報なのである。ではあるが、蔵書票について広範に渡り記述されているので、参考書としては非常に有用である。
 「なぜに参考書?」と思われた方もあるかも知れないが、先日私も蔵書票を作ってみたというわけです、銅版画で(図参照)。一部伏せさせていただいていますが、その部分の直前にある「ExLibris」という言葉がラテン語で「〜の蔵書」を意味する言葉だそうで、「ExLibris 名前」のように入れるのが一般的な決まりのようだ。いずれにしてもチョ〜マニアの世界であることには変わりない。
 こうしてアップロードしたものを見ると、銅版画もなかなか味わい深いなと、文字通り自画自賛している私であった。できあがったものは文庫本に貼ってみたが、文庫本みたいに表紙がぺらぺらだとなんともこころもとない。やはり蔵書票は豪華本に限る。
# by chikurinken | 2009-06-05 16:28 | 美術

『昭和史 1926-1945』(本)

昭和史 1926-1945
半藤一利著
平凡社

『昭和史 1926-1945』(本)_b0189364_15274625.jpg 1926年から1945年の敗戦までを通史的に(文字通り)語った本。
 歴史というとどうしても大局的(マクロ的)な見方になりがちである。本当は人間対人間の局所的(ミクロ的)な営みの集まりの筈なのに……。
 マクロ的な見方をするから、アジアから米英を駆逐するなどという壮大な発想が生まれてくる。本当のところは、自分が生きるか死ぬかというレベルでしかないのに。
 何百年も前の出来事であれば、マクロ的な見方をしてもかまわないだろうが、直近の歴史ということになると、その影響力を考えた場合、自分を含めて家族や友人などの命がかかわるのであるから、ミクロ的な発想でものごとにあたらなければならない。歴史解釈についてもしかりである。近代史は、極力ミクロ的な見方で語っていただきたい。
 著者はまさにミクロ的な見方で近代史を語っており、本書を通して時代の空気を感じることができる。時代の高揚感や閉塞感さえ伝わってくるようだ。愚かしい人々がいかに市民をミスリードしていったか、市民の側もそれに乗っかって大騒ぎしたかがよくわかる。要するに、作者の言う「アホーな戦争をした」ということだ。
 本書も講義録が元になっているので、非常に読みやすく、エンタテイメントとしても面白い。好著である。
★★★★

参考:
竹林軒出張所『昭和史 戦後篇(本)』
竹林軒出張所『幕末史(本)』
竹林軒出張所『西園寺公望 最後の元老(本)』
竹林軒出張所『コミック昭和史 第1巻、第3巻、第4巻(本)』
竹林軒出張所『コミック昭和史 第2巻(本)』
竹林軒出張所『コミック昭和史 第5巻、第6巻、第7巻、第8巻(本)』
竹林軒出張所『日本軍兵士 アジア・太平洋戦争の現実(本)』
竹林軒出張所『1942 大日本帝国の分岐点(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『1943 国家総力戦の真実(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『全貌 二・二六事件(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『“歴史探偵”半藤一利の遺言(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『100年インタビュー 半藤一利(ドキュメンタリー)』

# by chikurinken | 2009-06-04 08:13 |