ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

テレビの音声をiTunesに登録して聴く方法(備忘録・のようなもの)

 先日見た『冬の花火』、主題曲がなかなか味があって良い。
 序奏に続いて、オーケストラをバックに笛の音(たぶんオカリナだと思う)がテーマを奏でる。その後、佐々木壮明という方の津軽三味線が入ってきて、オカリナと共演した後、ストリングスに移行する。続いて、オカリナのテーマ演奏とストリングス、最後に津軽三味線が入って余韻を残して終了。ドラマ同様、味わい深い。
 だが、このテーマ曲がCD化されているという情報はなく、であるならば、昔のようにエアチェックするしかない。つまりテレビから録音して聴くしかないのである。既成のものが手に入らなければ自分でなんとかする。これジョーシキ。
 というわけで、今回、テレビ放送されたものから音だけ抜き出して、iTunesに入れるという作業を行った。これまで何度かやっていたが、毎回手順をすっかり忘れている自分がいるわけで、いつもいつも手探りになってしまう。そういうこともあって、今回備忘録としてこの場で記録しておこうと思う。誰かの参考になるかも知れないし。

テレビの音声をiTunesに登録して聴く方法(MacOS X 10.6環境)

必要なハードウェア
 DVD-RWに録画できるビデオデッキ。
 スーパードライブが付いているmac
 または
 DVD-RWを読み込めるDVDドライブ(macに接続)。

必要なソフトウェア
 Handbrake
 MPEG Streamclip
 (すべてフリーソフト)

ステップ1
 ビデオデッキで録画します。デッキのハードディスクにいったん録画して、取り出す箇所の前後にチャプターを設定しておくと作業が楽になります(ハードディスク搭載のビデオデッキの場合)。これをDVD-RWにコピーします。DVD-Rでもかまいませんが、ここでは経済性を重視してDVD-RWを使います。

ステップ2
 録画したDVD-RWを、スーパードライブ(またはmacに接続したDVDドライブ)に入れます。

ステップ3
 Handbrakeを起動します。起動時にファイル選択画面が出るので、今入れたDVDを選択します。上にある「Source:」という項目で、「Title」や「Chapter」などを選択します。ステップ1でチャプターを設定していれば「Chapter」で必要な箇所だけ選択できます。「Output Setings」の「Format」で「MP4 file」を選択します。また必要であれば、中央部の「Audio & Subtitles」タブでコーデックなどを選択します。その他、出力ファイルのファイル名、ロケーションなども確認しておきます(ここではデフォルトの「DVD_VIDEO_RECORDER.m4v」というファイル名を使用)。設定ができたら、一番上の「Start」ボタンをクリックします。
 これで、所定の箇所がMP4形式のビデオファイルで書き出されます(変換時、一番下にプログレスバーが表示される)。終了したらダイアログが表示されます。
 Handbrakeの使い方がわからない方は、Handbrakeのドキュメントファイルなどを参照してください。

ステップ4
 DVD_VIDEO_RECORDER.m4vという名前(名前はステップ3で指定したものに準じる)のファイルが所定のロケーションに作成されます。
 次にMPEG Streamclipを起動し、表示される中央のウィンドウに、このファイル(DVD_VIDEO_RECORDER.m4v)をドラッグアンドドロップします。この操作により、ウィンドウにビデオ画面が現れ、試聴可能な状態になります。
 ここで「File」メニューから「Export Audio」を選択します。このとき、フォーマットやサンプリングレートを選択するよう求めるダイアログが表示されます。「Format」リストから「MP4 AAC」を選択します。後はお好みに合わせて選択してください。「OK」ボタンをクリックし、ファイル名(ここでは「test」とする)を指定すると、AACへの変換が始まります。

ステップ5
 変換が終わると、指定したロケーションにtest.m4aが作成されます。あとは(適当な場所に配置してから)iTunesにドラッグするだけです。
テレビの音声をiTunesに登録して聴く方法(備忘録・のようなもの)_b0189364_1172490.jpg

できあがりの図。TVドラマ部門がなかなか充実してきました。
(クリックで拡大します)

# by chikurinken | 2009-10-16 11:09 | パソコン

今日の歳時記 「キンモクセイ」編

 ほうぼうにキンモクセイの香りが漂うようになってきた。キンモクセイが香るようになってくると心ときめく。いよいよ秋本番である。
 花がサクラなら香りはキンモクセイだ。キンモクセイの香る時期は意外に短い。この点でもソメイヨシノの花なみである。良いものは短いのだろうか。芳香を漂わせながら「今を盛り」の感じが伴う。秋のはかなさに通じるものがある。
 キンモクセイのかぐわしさはなにやら官能的ですらある。ああそれなのにそれなのに……最近ではトイレの臭いなどという輩もいるらしい。トイレ芳香剤のせいだ。あんなケミカルな臭いと一緒にしないでくれよなと思うのである。あ……ちなみに90年代以降、トイレ消臭剤の主流はキンモクセイからラベンダーに変わったんだって。
今日の歳時記 「キンモクセイ」編_b0189364_1671184.jpg

  かぐわしく官能的に キンモクセイ

  甘い香(か)に甘い想い出 キンモクセイ

  甘けれどはかなき思い キンモクセイ

  濡れてなお 色香を放つ キンモクセイ
# by chikurinken | 2009-10-15 16:06 | 歳時記

『冬の花火 わたしの太宰治』(1)〜(13)(ドラマ)

冬の花火 わたしの太宰治(1979年・TBS)
監督:大山勝美、他
脚本:早坂暁、他
出演:石坂浩二、檀ふみ、大谷直子、伊藤栄子、加賀まりこ、北村和夫、佐藤慶、中山仁、地井武男

『冬の花火 わたしの太宰治』(1)〜(13)(ドラマ)_b0189364_20102042.jpg 太宰治をモデルにしたドラマ。30年来ずっと見たかったドラマだが、ついに見ることができた。
 フィクションの要素が強いのではないかと思っていたが、かなりの部分史実に則っているようだ。それでいて見応えのあるドラマになっている。太宰の人生自体が面白いせいもあるだろうが、脚本の質も非常に高い。
 キャスティングも非常にぜいたくで、「小山初代」の役を大谷直子、「太田静子」の役を檀ふみ、「山崎富栄」の役を加賀まりこが演じていて(ドラマではそれぞれ別名)、どれも魅力的である。また、周辺に配置されたバイプレーヤー、「井伏鱒二」の北村和夫、「檀一雄」の地井武男も人間味があって良い。キャスティングの唯一の難点は、妻の「石原美知子」役をやった長山藍子である。いや、長山藍子自体は非常に印象的で期待感を持たせる登場の仕方だったのだが、途中から病気を理由に伊藤栄子に代わった。伊藤栄子も悪くはなかったが、長山藍子が演じていた気丈さが伊藤栄子になく、交代前と交代後の「石原美知子」に一貫性がなかった。仕方がないとは言え、非常に残念。
 大道具や照明などもなかなか良く、細部に至るまで力が込められていることがよくわかる。豪華なセットはないが、職人芸みたいな高級感がある。
 太宰治については、今まで伝記などを何冊か読んだが、太宰の生涯についての記憶は僕の中にあまり残っていない。だが、今回みたいな(よくできた)ドラマの形式で見せられると、周辺の人物や太宰の信条の変化などについて確固としたイメージが掴める。そういう意味でも見て良かったと思える。
 最終回に、太宰の遺作、『グッドバイ』を小さな芝居(つまり劇中劇)にした部分が出てきて、太宰の飄逸な部分を再現していた。僕自身は、太宰のこういった部分が好きなんで、それをドラマの中ではっきりと打ち出していたことに好感が持てる。同じく最終回で、井伏鱒二や檀一雄が、そういった太宰の飄逸な部分について語る場面がある。このドラマの製作者側にもそういう部分の理解があったのかと思うと何やら親近感が湧いてくる。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『ドラマ雑記』
竹林軒出張所『富嶽百景・走れメロス 他八篇(本)』
竹林軒出張所『青空文庫の「ヴィヨンの妻」を読む』
竹林軒出張所『女性操縦法 “グッドバイ”より(映画)』
竹林軒出張所『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ(映画)』
竹林軒出張所『太宰治物語(ドラマ)』
竹林軒出張所『「津軽」太宰治と故郷(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『井伏鱒二の世界(ドキュメンタリー)』

# by chikurinken | 2009-10-13 20:12 | ドラマ

ゆく人くる人

 楽天球団の野村監督が辞めさせられるそうで。

 楽天・野村監督の退団決定 「名誉監督」は回答保留(asahi.comより)

ゆく人くる人_b0189364_1045624.jpg まあ、契約だから致し方ないところだが、せっかくここまでチームが育ったのに、ここで中断してしまうのははなはだ残念ではある。まだまだチームとして完成しているとは到底思えないが。
 僕は別に楽天球団に特別な思い入れがあるわけではないので、来年からはネット観戦もしないし応援もしないことだろう。たぶんプロ野球も見ないし、結果も気にしなくなると思う。後任予定のブラウン監督についてはよく知らないので何とも言えないが、広島球団での実績がまったくダメダメなのに、大丈夫なんだろうか……。広島球団も結局浮上できなかったし、良くなったのは球場くらいってんじゃしようがない。
 そこで、広島球団への提言。
 監督に野村克也を。
 まさしく「監督スワッピング」ではあるが、監督によってチームがどう変わるかの壮大な実験場になる(オーバーか)。条件が両者かなり近いので対照実験ということになり、プロ野球史上最大の実験を執り行うことになる……ってのはいかがでしょう。
 かつて広沢克己がヤクルト球団から読売球団に移籍した後、ヤクルトが自分のチームにとってイヤな攻撃ばっかりやってくるんで、一番嫌いなチームになったと言っていた。そういう意味でも広島球団は野村野球の価値をよく知っているんじゃないだろうか。
 「広島に野村を」というプランは現実的には実現しそうにないが、実現すれば面白い。野村氏、まだまだ元気そうだしあと3年くらいは大丈夫なんじゃないだろうかと思うが。今のカープなら3年で日本一になれます……たぶん。

参考:
竹林軒出張所『モチベーション下がる……』
竹林軒出張所『ネットdeプロ野球』
竹林軒出張所『胴上げは……ヨイ』
竹林軒出張所『野村学校の男達(本)』
竹林軒出張所『阪神再建・63歳の挑戦(ドキュメンタリー)』

# by chikurinken | 2009-10-12 10:46 | 社会

初めての経験

初めての経験_b0189364_1723367.jpg 拝郷メイコの「ソイトゲヨウ」(アルバム『ソイトゲヨウ』に収録)という歌に
 「世界中の初めてを全部試そう」
というフレーズがある。最近、この言葉がちょっと気になっていて、未経験のことはなるべく試してみようという気になっている。
 ただ、いろいろ考えてみると、是非やってみたい未経験のことというのが意外に少ないことに気付く。やりたいことはおおむね試してみるという、わがままな生き方をしてきたせいかもしれない。むろん未経験のことというのは多いんだがね。僕なんか海外旅行すら行ったことないんだから、むしろ他人より未経験のものが多いかも知れない。要するにやりたいかどうかという問題である。
 とは言うもののも、やりたくてしようがないことではないにしても、チャンスがあれば未経験のことをやってみようとは思っているわけで、そういうのをいつも心がけるようにしている。
 で、昨日の話なんだが、初めて本物のシャンパンを飲んだという、ま、結局はこれだけの話なんだがね。
初めての経験_b0189364_1728047.jpg 古いヨーロッパ映画なんか見ると、ここぞという場面でシャンパンが出てきて、しかもとても美味しそうな風情を醸し出す。だけれども、シャンパンなんてものは高価だし、それに、シャンパンが出てくるようなパーティなんか出席する機会もないし(あっても出たくないし)で、今後もシャンパンには縁はないだろうなと思っていた。ところが昨日、縁あって……本当に縁あってなんだが、ロゼのシャンパンというのをいただいたのである。
 僕には、シャンパンに対してそういうものすごい期待があったので、必然的に「こんなものか」という、ある種のガッカリ感が出てくるのはやむを得ないところだ。実際、かなりガッカリしたんだが。
 まだ飲んだことのない人のために書けば、シャンパンは「炭酸入りのワイン」に過ぎないということになる(まさにスパークリング・ワイン)。これ以上でも以下でもない……というのが僕の感想である。ちなみに僕は、ワインの味はまったくわからない部類の人間に入る。だからワイン好きの人からすればこれはケシカラン感想なのかも知れない。ともかく僕はガッカリしたのだった。
 ついでに言うと、ジンというものも昨日生まれて初めて飲んだ、ロックで。こっちは臭いがきつすぎて耐えられなかった。今後飲むことは二度とあるまい。まさに一期一会という塩梅だ。

 というようなわけで「世界中の初めて」がまた新たに2つ消えたというお話でした。
# by chikurinken | 2009-10-11 17:31 | 日常雑記