ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

歌詞についてこう考えた

 iTunesやiPodを使っていると、曲に歌詞を記録したくなる。
 曲に歌詞データを記録すると、その曲を聴くときに画面上で見ることができるから。要は歌詞カード代わりだ。
 ただ、すべての曲の歌詞を入力するとなると大変な手間だ。うちのiTunesには1万曲以上入っていて、そのうち歌詞の付いたものが半分あるとしても5千曲だ。ただよくしたもので、ネット上には歌詞サイトというのがあって、歌詞がすでに登録されていてブラウザで表示することができる。ただし、ほとんどのサイトはコピーができない仕様になっている。つまりプロテクトがかかっている。しかしこれもよくしたもので、こういうサイトからでもデータだけを抽出するソフトがあって、こういうのを活用すると、歌詞を入力する手間が大幅に緩和されるわけだ。
 マイナーな歌手や歌の場合、歌詞サイトにも登録されていないことが多い。こういう登録されていない曲については、ヤホーやゴーグル、もといヤフーやグーグルで検索するわけだ。そのときは、タイトル、歌詞の一部(これがミソ)、場合によっては歌手名を入力して検索する。一般サイトに歌詞が掲載されているような場合は、この方法でかなりの確率で歌詞を見つけられる。多くの場合、こういうサイトではコピーできるようになっている。
 こういう一般サイトは、マイナー指向のファンにとっては非常にありがたい存在であり、いつも心の中で手を合わせている(ウソ、でもとても感謝している)。それで、このブログでも、比較的マイナーな歌の歌詞については、載せたいと思っているのだ。
 ただ、著作権の問題とかで、歌詞を掲載してはいけないだとか、そういった噂が入ってくるわけだ。歌詞サイトでコピーできない仕様になっているのもこういうことが原因らしい。以前は普通にコピーできるサイトが多かったことを考えると、関係当局から何らかのイチャモンが入ったのだろうということは容易に想像がつく。
 でも、歌詞をブラウザで表示できるようにすることが、本当に著作権に触れるような問題なんだろうかと思う。歌詞をコピーできなくすることでどうなるかというと、歌詞をコピーしたいと思っている人が手入力しなければならなくなるということだ(ソフトでゲットできる場合を除く。実際にソフトでゲットできないサイトもある)。歌詞をコピーしたいと思うほとんどの人は、おそらく僕と同様、iTunesとかiPodで使いたいと思っている人だろう。そういう人に対し、歌詞をコピーできなくするからといって、それが著作権にかかわる問題になるのだろうか。
 そもそも著作権は、「作者の権利を守る」という発想でできたものだ。歌詞で他人が金儲けしたり、他人が自分のものにしたりしない限り、著作権が問題になるようなことはないんじゃないかと思う。歌を発表した時点で、一般人はそれを歌ったり、書きとめたりすることはできるはずだ。
 「歌詞サイトは歌詞を使って儲けている」という言い分もあるかもしれない。でも、歌詞を大量に集めて、一般公開するというのは、それだけでも一定の価値があり(もちろん労働も付随する)、それに見合った利益を得ることは間違っていないんじゃないだろうか。1つ1つの歌詞を登録したことで直接大もうけできるとも思えない。
 著作者の公表権を侵害している? そんなら有料でも良いからそれぞれの著作者は、しかるべき方法でしっかり公開してくれと言いたい。でもそんなことは実際上無理だし、それにアクセスするのも不便になるだろう。だから歌詞を大量に集めて公開することに価値があるのだ。それなのに歌詞をコピーできなくするなんて、視点がずれているような気がする。結局は、ユーザーの手入力の手間を増やすだけじゃないか。
 そういうわけで、僕も歌詞を載せていこうと思っているわけだ。その際は、必ず著作者の名前を入れるようにするつもりだ。これは著作権の本来の考え方からも正しいことだと思っている。
 では、しかるべき方面からクレームが来たらどうするか。「裁判でもなんでもして断固対決する」などという姿勢はもちろん取らない。即刻削除する。日本人であるから長いものには簡単に巻かれるのだ。こんなことでもめるのは不本意である。しかし、考え方としては間違っていないと思っているのだ。いかがでしょう。
# by chikurinken | 2009-06-19 17:40 | 音楽

それぞれのテーブル

それぞれのテーブル
(アルバム『それぞれのテーブル』に収録)

歌:ちあきなおみ
作詞:J.C.ジョホード/A.タバルト/J.ジョルジェティ
訳詞:真咲美枝
作曲:A.ドナード/M.クリスチーヌ

b0189364_10174358.jpg店のドアが開き
入って来たひとは
あなただった

ふたりでこの店に
よく来た頃がよみがえる
そしらぬふりして
タバコをつけても
もうだめなの
今は振り返り
笑う勇気さえなくしたの

あなたの腕にいる
若いあの娘はしあわせそうね
あなたもやさしく ほほえんでいる
たのしそうよ
昔はすべてをわかちあった私達
今はそれぞれの別のテーブルに座っている

バツの悪そうな
あなたの笑顔は
昔のままね
相も変わらず
手品のように
魅力的よ
あたしはそれには
もう 慣れてると
思っていたのに
同じテーブルの友達の
声も聞こえない

恋が終わったとき
ひとはそれぞれの別のテーブルに
いるのね

 ちあきなおみは歌がうまい。歌謡曲は言うに及ばず、シャンソン、ファド、ポップス、ニューミュージック、演歌となんでもこなす。
 ちあきなおみが歌った歌を聴いてつまらないと思ったら、それはその歌自体がつまらないのだと言っても過言ではない。
 ちあきなおみの歌を聴くと、「歌がうまい」ということがどういうことかよくわかる。声が通るとか良い声が出るとか、音をちゃんと拾えるとか、もちろんそういう要素も当たり前にあるのだろうが、要は表現力である。歌詞をいかにして聞き手に届けるか、歌詞のドラマをいかに聞き手に感じさせるかである。
 ちあきなおみの「それぞれのテーブル」を聴くと、ドラマが目の前に展開される。主人公の心の機微が伝わってくる。歌い手には、映画やドラマにおける役者と同様の役割があることも自然と理解できる。そう考えると、ちあきなおみが役者として良い味を出していることも合点がいく。ガッテンガッテン!
 引退して10年以上になるが、キャリアを終えたことが返す返すも残念である。もっといろいろな種類の音楽をカバーしてほしい。安っぽいカバーアルバムばかりがはびこる昨今、つくづくそう思うのである。

参考:
竹林軒出張所『ちあきなおみ ふたたび』
竹林軒出張所『「ちあきなおみ ふたたび」ふたたび』
# by chikurinken | 2009-06-18 20:08 | 音楽

ビンジョー、ビンジョーで新作一点

 矢野氏の新作展にビンジョーさせていただいて、新作展ならぬ新作一点。一昨日完成した銅版画。
アクアチント(線以外の黒い部分)がミソです。一生懸命磨きました。

「ふくろう」
b0189364_111259100.jpg

# by chikurinken | 2009-06-16 11:15 | 美術

矢野氏のガラス

 ギャラリーに行って美術作品を鑑賞するなどということはほとんどない。ましてや買おうという気になることは皆無である。そのため、ギャラリーに行くというということ自体、僕にとって相当な勇気がいる作業なのである。高価なものを売りつけられたりしないか、そこまではないとしても「素敵でしょう?」などと話しかけられたりしたらイヤだなと考えてしまう。
 顔見知りの矢野太昭氏が、倉敷の「工房Ikuko」というところで新作展をやるという。僕にとってかなり敷居が高そうなギャラリーで、どうしたものか考えたが、倉敷に行く用事があることだし、もらったハガキに載っていた作品写真に興味が湧いていたこともあり、思い切って突入することにした。ただし体当たりして作品を壊さないように配慮するのはむろんである。今回の作品は、壊れやすそうなものが特に多いし。

「矢野太昭新作展」
b0189364_1050664.jpg


 矢野太昭氏は、僕の行きつけの喫茶店のカウンターでよく見かけるお方で、いつもマスターとビンボー話をひょうひょうと繰り広げているイメージがある。
 氏のガラス作品を見るのは今回初めてであったが、正直、驚愕をおぼえずにいられなかった。「あの人がこれを!」(失礼)ってなもんである。細かく繊細であり、なおかつ大胆、作品からエネルギーがあふれ出ている。件のマスター氏がかつて、「ガラスでは日本のトップクラス」と僕に語ってくれたとき、内心「ほんまかいな」と思っていたが、実際に目にしてそれを実感した。
 「工房Ikuko」の店員さんも親切で、話しかけられたりすることもなく、ゆっくり鑑賞することができた。ちなみに昨日が最終日で、作品もかなり売れていたようだ。
# by chikurinken | 2009-06-15 10:52 | 美術

蜜柑

b0189364_10201816.jpg蜜柑
(アルバム 『あいのうた』 に収録)

歌:やなせなな
作詞・作曲:やなせなな

懐かしいあの家を
あなたは もう 思い出せない
ただ 裏庭の蜜柑の木を
見上げて微笑むだけ

遠く故郷から吹く風は
あの日の海の匂いがする
忘れたはずの古い歌を
あなたは突然歌い出した

潔く地図を捨てた人々に
帰っておいで と手招きする
風に揺れている緑の葉に
あなたは何を語りかけてるの?

たいせつなこの家も
あなたは もう 思い出せない
ただ わたしが差し出す蜜柑を
噛みしめて 頷くだけ

戸惑いと 深いかなしみの中に
取り残されたわたしを
困った顔で振り返る
けれど
あなたはたったひとりで
軽やかに歩き出すために
長い旅の支度を始めた

いとおしいわたしの名も
あなたは もう 思い出せない
このてのひらを握りしめて
やさしくほほ笑むけれど

なつかしいそのすべてに
あなたは さよならも告げずに
ただ 刻まれた遠い日々に
静かに瞳を閉じた

なつかしい あの家を
あなたはもう……

ただ 裏庭の蜜柑の木を
見上げて ほほ笑むだけ

(聴き取りで入力したので一部間違っているかも知れません)

 少し前のマイフェイバリットソング。シンガーソングライター、やなせななの歌。
 以前NHKラジオで放送されて反響を呼んだそうで。穏やかな声で優しく歌いかけます。いろいろ考えさせられます(アルバム『遠い約束』には生死について思いをめぐらせるような歌もあります)。
# by chikurinken | 2009-06-14 09:42 | 音楽

先月のCD

 先月買ったCDはコレ。
 岡林信康『金色のライオン』

b0189364_953714.jpg


 ここ1年くらい、岡林信康のアルバムが大量に復刻された。限定版も多く、「今のうちに買っとかないともう手に入らないかも知れない」ということで少しずつ買い足していった。これもその中の1枚。
 その中には、何年も前から僕自身中古市場で探していたCD(数万円の値段が付いていた)もあり、素直に復刻を喜んだ次第。だが、何にしろ「品切れ」→「絶版」になるサイクルがあまりにも早すぎる。音楽がすべて消耗品であるかのような扱いである。
 岡林信康も山崎ハコも同時代で聴いていたわけではなく(名前は知ってたが)、ここ10年くらいの間に聴くようになったものだ。ある種「古典」みたいな感覚で聴き始めたんであって、実際質が高いものも少なくない。音楽産業がこのような「古典」的作品をじっくりと長い目で売り続けることは、売る側の責務だと思うが……。かれらに音楽産業を支える者としての矜持はないのだろうか。
 で、今回の『金色のライオン』だが、身辺エッセイのような「26ばんめの秋」、岡林節炸裂の「ホビット」が特に良かった。松本隆がプロデュースしたものだそうで、岡林が力を抜いて自分の世界を自在に展開していく感じが伝わってくる。なかなかの快作。

 「ホビット」については、以下のページで詳細に解説しています。興味のある方はどうぞ。
 「自分自身をもパロるファンキー岡林」
# by chikurinken | 2009-06-13 09:52 | 音楽

野田明宏先生のファンの皆様へ

野田明宏先生のブログにリンクを張らせていただきました竹林軒でございます。はじめまして。
野田先生には格別のご紹介をしていただき、感謝感激でございます。
野田先生とは、某ギャラリー喫茶で知り合い、懇意にさせていただいています。普段は「のださん」と呼ばせていただいている関係です。
のださんの著書は、最近のものを除きほとんど買って読んでおり(最近の数冊はのださんよりいただきました)、特に『アルツハイマーのお袋との800日』はいたく感動し、自身のかつてのブログでも紹介させていただいています。
ここに再掲させていただきます。皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。


2005年2月4日投稿

アルツハイマーのお袋との800日 中年オトコの介護奮闘記
野田明宏著
時事通信社

b0189364_1053418.jpg ウェブで連載されている日記をもとにして刊行された本。
 もともと日記であるだけに、内容は赤裸々で重いが、同時に(当事者には申し訳ないが)かなり笑える。まさに泣き笑いの日々だ。
 母がアルツハイマー病を病み、人格を変化させていく。「オレ」は、それに狼狽し、とまどい、つらく当たってしまう自分に自己嫌悪しながらも、以前にもまして母に対する愛情を募らせていく。
 かつては「凛とし」気丈だった母(そのため著者とも何度も衝突があったらしい)が、著者の娘であるかのような姿に変貌していく。その関係性が変貌していく過程が、ときにユーモラスに描かれていく。また、著者自身が自分の人生を犠牲にされているのではないかと思い悩む姿も率直で心に響く。そこには「アンビバレントな」日常がある。
 今後、アルツハイマー病の患者は確実に増加していく。老いた肉親を持つ人々は、この本で、来るべき修羅場を疑似体験することもできる。そういう意味で、若者、老人を問わず、すべての人にとって必読の書と言える。
 ちなみに、気丈な母の姿は、前著『男が、病院で介護するということ』に登場する。あらためてアルツハイマー病の怖さを見せつけられる。
# by chikurinken | 2009-06-12 18:39 | 日常雑記

今月のCD

 景気が悪いんで今はCDも月に1枚買うか買わないかだが、今月買ったCDはコレ。
 山崎ハコ『茜』

b0189364_8285815.jpg

 ジャケットがなかなかよろしい。今回初CD化だそうで、山崎ハコ、24歳のときの作。24歳でこれだからスゴイ。
 昨日YouTubeでハコの若い頃(といっても30歳近くだが)の映像を見たが、初々しく少女みたいで可愛いという印象。こんな「女の子」が「望郷」(YouTube映像)(18歳時)とか「白い花」(YouTube映像)(19歳時)とか「呪い」(21歳時)とか作ったのかと思うとビックリ仰天だ。
 こんな感じ↓
b0189364_831464.jpg

# by chikurinken | 2009-06-11 08:46 | 音楽

「会えない時でも」ではないですが

山崎ハコの「気分を変えて」。


香坂みゆきバージョンの「気分をかえて」。香坂みゆきがこの歌を歌ってたという事実は初めて知った。

# by chikurinken | 2009-06-09 19:56 | 音楽

唐突ですが

山崎ハコの「会えない時でも」が好きです。気分が沈んだ時に聴くと「じんわり」感じます。

会えない時でも
(アルバム『歌いたいの』に収録)

歌:山崎ハコ
作詞・作曲:山崎ハコ

君に会えた時でも 会えなかった時でも
やっぱり好きなんだなぁって ほんわか感じたい

b0189364_18352849.jpgいろんなことを話したいよ
弱さがあふれてきそうだけど
会いに行きたい
何も言わなくてもいいんだ
ただ手をつないで心で話すのさ
ことばよりも 伝わるから

いろんなことをわかりたいよ
君になることはできないけど
感じていたい
人の痛みを想像して
気持ちを思う大きさが欲しくて
さりげなくね がんばるから

優しく強く豊かになり
けして孤独を感じさせないよう
さりげなくね がんばるから

君に会えた時でも 会えなかった時でも
やっぱり好きなんだなぁって ほんわか感じたい

君に会えた時でも 会えなかった時でも
やっぱり好きなんだなぁって じんわり感じたい
じんわり感じたい

(聴き取りで入力したので一部間違っているかも知れません)
# by chikurinken | 2009-06-09 18:35 | 音楽

読後感

 『喋々喃々』についていろいろ書いたが、何度も言うけど決して批判ではない。
 そもそも恋愛小説自体がああいうものなのではないかと思いはじめている。つまりご都合主義的な部分が入るのは致し方ないのではということ。
 この本を読み終わってから半日ほど経つが、なかなか読後感が良い。栞という主人公に愛着が湧いている。懐かしさも少しある。ということで、あれはあれで立派なのだと思うことにした。読後感よければすべてよしだ。
 ちょっと前に読んだ『昭和史 1926-1945』の場合は、取り返しのつかないことになったという絶望感みたいなものが次の日も続いた。この本は、太平洋戦争に突入し敗戦に至るまでの話だが、実際に立ち会った同時代の人も同じような感情を抱いたのではないかと思う。僕がこの本を読んだ時点では過去の話なので、まあどうってことはないのだが、それだけの感情を呼び覚ますというのもなかなか大した本である。
 古いイタリア映画の『自転車泥棒』を初めて見たとき、その後しばらくの間「自転車どうしよう」とふと考えてしまうことがあって、あらためてすごい映画だなと関心したものである。後に何らかの情動を残す作品は、ジャンルを問わずすばらしい。第一級である。小説を読んだり映画を見たりするのは、こういうものを求めているからかも知れない。ま、あまり小説は読まないけどさ。
# by chikurinken | 2009-06-08 17:49 |

『喋々喃々』(本)

b0189364_1152431.jpg喋々喃々
小川糸著
ポプラ社

 恋愛小説です。
 主人公は栞(しおり)という30前後(だと思う、要確認)の女性で、しかも相当な美人のようです。小さな中古着物屋さんを経営しています。その店にたまたまやって来た木ノ下春一郎という既婚の男と恋仲になって、楽しくやって、別れを決意するという話。メインのストーリーはこれだけですが、これが383ページに渡って展開されます。
 とにかく、ストーリーとあまり関係ない場面で、どこそこの店でどういう料理が出ておいしかったとか、どういう料理を作ったとか、あるいはどこに行ったとか、どんな服が素敵だとか、そういった、雑誌「Hanako」に出てくるような情報が、頻繁に出てくるわけです。しかも微に入り細をうがち紹介される。まさに「紹介」です。そういえば主人公の妹は「花子」という名前です。巻末を見ると、「asta*」という雑誌の連載小説だったということで、はあなるほどねという感じはあります。
 相手の男も、優しくて気が利いて、なんだかとても魅力的なんだそうですが、性格がよく伝わってこず、作り物みたいです。こんな人間いるんかいなと思ってしまうほどです。主人公の方も、優しくて美しくておだやかで有能で、着物の着こなしがうまくてと、これまた言うことなし。いや、いいんですけどね。でも、著者にも愛読者にも「本当にこういう小説で満足なのですか」と問いたい気がします。
 最初に恋心を相手に明かす場面や、最初に2人で泊まる場面、別れの場面は、情景が細かく描かれていて、なかなかスリリングなのですが、その他は、日記みたいにだらだらと展開されます。ブログみたいです。端的に言って、これはフィクションの日記だと思います。
 全体に、若い女性が理想とするものを盛り込みましたという感じがひしひしと伝わってきます。ハーレクインかコバルトかっちゅう感じですかね。
 小説については好みの問題が大きいので、あまり批判しようとは思いません。で、今まで書いてきたことも決して批判や悪口ではないつもりなのですが、ただ「みなさん、本当にこういうので良いのですか」という気分は今でも続いています。
★★★

参考:
竹林軒出張所『食堂かたつむり(映画)』

# by chikurinken | 2009-06-08 11:54 |

『ツチヤ教授の哲学講義』(本)

b0189364_1232314.jpgツチヤ教授の哲学講義
土屋賢二著
岩波書店

 いつも面白い変わったエッセイを書く哲学者、土屋賢二氏による、お茶の水女子大教養部での講義録で、いつもの軽妙なエッセイとは違う(そういうエッセンスはあるけれども)哲学講義である。
 哲学についてわかりやすく説明することは哲学の基本だと(ツチヤセンセ同様)僕も思っているので、その点で非常に共感でき、また中身も難しい内容を非常にわかりやすく説明していて好感が持てる。談話(講義を含め)をそのまま本にすることは、著者や出版社の怠慢だと思っていた(ただしインタビュー本は別)が、この本は語ることの利点を最大限に利用していると言える。先日紹介した『昭和史』も同様。
 ただし、(著者の専門であると思われる)ウィトゲンシュタイン周辺のくだりは共感できない。僕個人として、すべての哲学的問題を言語に還元するということが適切だとはどうしても思えず、その点では共感できなかった。だが、これは説明されている内容に対しての感想であり、「説明内容を読者に届ける媒体」としての本の価値が低下するわけではなく、したがってこれによって本書の価値が損なわれるものではまったくない。それに、僕自身ウィトゲンシュタイン自体よく知らなかったんで、その辺の入口を設けてもらったという点でも評価に値する。大学教養部の授業としては理にかなっている。
 哲学に関心がある人には、恰好の入門書だと思う。

★★★☆
# by chikurinken | 2009-06-07 12:04 |

審判が支配するサッカー

審判がサッカーの試合を支配する方法

●ゴールが決まってもオフサイドにしてしまう。
●ファウルの基準にダブルスタンダードを採用する(同じプレーでも、一方のチームの選手をファウルにして、もう一方のチームの選手をファウルにしない)。
● 一方のチームに対し、カード(イエロー、レッド)を出しまくる。
●一方のチームの危険なプレーを見ないことにする(プロレスのレフェリーを思いだそう)。

b0189364_9581628.jpg 本日未明のワールドカップ最終予選、ウズベキスタン対日本の試合、見ていてイヤーな気分になった。
 本当のところはわからないよ、そりゃこっちはテレビで見てんだから。でも、少なくともフィールドの選手と監督は、相当実感していたようだ。日本チームがボールを取りに行ったらファウルにされるし、ウズベキスタンチームがラフプレーをしてもなかったことになる(ような気がした)。あれじゃあ、サッカーの試合が成り立たない。ロスタイムも10分くらいとられるかと思ったよ(実際には4分)。
 審判にどういう事情があったか知らないが、通常の「アウェーの洗礼」などというレベルではなかった。
 僕はNHKで見ていたからよくわからないが、TV朝日のサッカー解説者(というか応援団長)の松木安太郎は、放送中「エーッ」とか「なんですかこの審判は!」とか連呼していたのではないかと容易に想像が付く。日本代表が勝ってワールドカップ出場を決めたが、後味が非常に悪かった。
 サッカーはレフェリー次第ということをあらためて実感した試合であった。
(写真は元新日本プロレスのレフェリー、ミスター高橋)
# by chikurinken | 2009-06-07 09:53 | 日常雑記

蔵書票

b0189364_1623117.jpg 本を買わなくなって久しい。
 以前は、本が崇高であるみたいな信仰があって、手に取ってみてちょっと面白そうだったら買うという馬鹿げたことを繰り返していた。つまり衝動買いである。おかげで、家につまらない本が大量に集まってきた。このとき気付きましたね。ほとんどの本はつまらないということに。控え目に見積もっても本屋にある本の90%はゴミである。残りの本のうち5%は特定の人にとって役に立つ本、さらに残りの5%が多くの人にとって役に立つもしくは面白い本である。
 そういう私が久しぶりに本を買った。『蔵書票の美』(樋田直人著、小学館文庫)という本で、これは、「特定の人にとって役に立つ5%の本」に入る。実は以前借りてとばし読みしており、その上で買ったのだから、これを買って損をすることはないのだ、自分としては。
 そもそも蔵書票とは何か。ほとんどの人にとって、おそらく一生、目にも耳にもすることはないものであろう。蔵書票というのは、自分の蔵書であることを示すために本の見返し(表紙裏)に貼る紙で、自分の蔵書であることを示す文言が入ったものである。蔵書印と同様のものと考えると良い。昔、本が貴重であった頃にヨーロッパで広まり、やがて、文字だけでなく絵も入れられるようになった。木版画や銅版画、印刷術などを利用して多数製作されており、デューラーほどの有名人も作っているんで、存在自体はメジャーだったんだろう。今でも熱心な蒐集家がいて、「紙の宝石」などと呼ぶ人もいるらしい。
 というようなことが、『蔵書票の美』に書かれている。だから興味のない人にはまったく役に立たない情報なのである。ではあるが、蔵書票について広範に渡り記述されているので、参考書としては非常に有用である。
 「なぜに参考書?」と思われた方もあるかも知れないが、先日私も蔵書票を作ってみたというわけです、銅版画で(図参照)。一部伏せさせていただいていますが、その部分の直前にある「ExLibris」という言葉がラテン語で「〜の蔵書」を意味する言葉だそうで、「ExLibris 名前」のように入れるのが一般的な決まりのようだ。いずれにしてもチョ〜マニアの世界であることには変わりない。
 こうしてアップロードしたものを見ると、銅版画もなかなか味わい深いなと、文字通り自画自賛している私であった。できあがったものは文庫本に貼ってみたが、文庫本みたいに表紙がぺらぺらだとなんともこころもとない。やはり蔵書票は豪華本に限る。
# by chikurinken | 2009-06-05 16:28 | 美術