ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2019年 07月 09日 ( 1 )

『酒楼にて / 非攻』(本)

酒楼にて / 非攻
魯迅著、藤井省三訳
光文社古典新訳文庫

『故事新編』は説話風でユニーク

b0189364_20000283.jpg 「阿Q正伝」で有名な魯迅の短編集。「阿Q正伝」は『吶喊』という短編集に収められている作品だが、この文庫版には『吶喊』は含まれていない。本書を構成するのは『彷徨』と『故事新編』という2つの短編集から選ばれた8本の短編小説で、そういう点では異色の選択である。なお『彷徨』から選ばれているのは「祝福」、「酒楼にて」、「石鹼」、「愛と死」の4編、『故事新編』からは「奔月」、「鋳剣」、「非攻」、「出関」の4編である。
 『彷徨』は私小説風の作品が多く、個人的にはあまり感じるところがない。一方『故事新編』は、古い説話などからエピソードをピックアップしてそれを現代小説風にアレンジしたもので、こちらの方が断然面白いと感じた。それぞれ「奔月」は羿(げい)と嫦娥(じょうが)(中国神話の登場人物たち)の逸話、「鋳剣」は眉間尺(みけんじゃく)の復讐譚(『列異伝』、『捜神記』などに見られるエピソードらしい)、「非攻」は墨子を主人公にした話(『墨子』「公輪」篇が原作らしい)、最後の「出関」は老子が主人公で、孔子との交流が描かれる(『史記』にもエピソードがある)。
 今回は墨子関連でこの本に着目したわけだが、墨子の「非攻」よりも老子の「出関」の方がむしろ興味深い内容であった。老子が『老子』を残したときのエピソードが描かれるが、孔子に追われるようにしてそれまで住んでいた土地を出て、函谷関で関所の役人に捕まり、講演を行うはめになるというような話。しかもその講演が聞いた人々にとってまったく理解不能で、土産代わりに老子が内容を書かされたというような話で、なかなかユニークである。
 「奔月」、「非攻」、「出関」は、元々高尚な印象がある素材を、現代風にして、ややとぼけたコミカルな表現を盛り込んでいるあたりが面白い。正義のヒーロー、丹下左膳を弓屋の女将のヒモとして描いた『丹下左膳餘話 百萬兩の壺』みたいな味わいがある(竹林軒出張所『山中貞雄のこと……追記』を参照)。あるいは『聖☆おにいさん』みたいな味と言った方がわかりやすいか。
 とは言え、驚嘆するほどの内容があるわけでもなく、多少の物足りなさも残る。古典だから読んでも損はないと思うが、あまりお奨めしたいというような本でもない。ただ翻訳は非常に読みやすく、そういう点では良い本であると言える。代表作の「阿Q正伝」についても、いずれはこの訳者の翻訳でもう一度読んでみたいと思う(高校生のときに読んだが内容はほとんど憶えていない)。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『ビギナーズ・クラシックス 墨子(本)』
竹林軒出張所『墨攻(本)』
竹林軒出張所『変身/掟の前で 他2編(本)』
竹林軒出張所『白夜/おかしな人間の夢(本)』
竹林軒出張所『虫めづる姫君 堤中納言物語(本)』
竹林軒出張所『トーニオ・クレーガー 他一篇(本)』
竹林軒出張所『史記 (横山光輝版)(本)』
竹林軒出張所『山中貞雄のこと……追記』
竹林軒出張所『聖☆おにいさん(映画)』

by chikurinken | 2019-07-09 06:59 |