ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2019年 01月 29日 ( 1 )

『欲望の資本主義2019』(ドキュメンタリー)

欲望の資本主義2019 〜偽りの個人主義を越えて〜
(2019年・NHK)
NHK-BS1 BS1スペシャル

焦点がまったく定まっていない
エラい人たちの信仰告白だけ


b0189364_18533436.jpg 現在の資本主義の現状、たとえばGAFAの市場支配、ビットコイン、特に新自由主義について、世界中の有識者の意見を聴くという番組。
 番組では、とりわけ新自由主義の元祖というべきフリードリヒ・ハイエクについての議論が多いが、ハイエクを新自由主義と捉えない言論も紹介されるなど、焦点がまったく定まっていないドキュメンタリーである。さまざまな経済学者(ハイエクのシンパもケインジアンもいる)に加え、哲学者(マルクス・ガブリエル)や歴史学者(『サピエンス全史』や『ホモ・デウス』のユヴァル・ノア・ハラリ)まで出てきて、いろいろと勝手なコメントをしているが、どの識者も結局のところ、自身の信仰を告白するレベルの話で、まったく説得力がない。この番組自体、明確な主張がなく、とにかくいろいろな人の意見を集めましたというレベルで、しかも語られる内容も大して目新しさがなく、まったく面白さを感じない。
 同じNHKでかつて放送されていた『オイコノミア』を彷彿とさせるような演出で、そう言えば、あの番組もとりとめがなく、見た後何も残らないというような印象であった。ナレーションはやくしまるえつこという人(歌手らしい)が担当しているが、特にうまいというわけではなく(むしろアニメ声が不釣り合い)、この人を起用した意図もよくわからない。
 総じて「有名な人に話させて並べときゃいいだろ」みたいなスタッフの声が聞こえてきそうな、安易さ丸出しのドキュメンタリーであった。
★★☆

参考:
竹林軒出張所『衝撃の書が語る人類の未来(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『E・トッド 混迷の世界を読み解く(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『マネー資本主義第4回(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『みんなのための資本論(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『インサイド・ジョブ(映画)』

by chikurinken | 2019-01-29 07:53 | ドキュメンタリー