ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2018年 11月 08日 ( 1 )

『ひとりじゃなかよ』(本)

ひとりじゃなかよ
西本喜美子著
飛鳥新社

88歳の自撮り写真はユニークだった

b0189364_17500019.jpg 著者は、熊本在住の現在88歳の女性。一般的には「おばあちゃん」と呼ぶのがふさわしい人である。この人、72歳から写真を始め、息子が主宰する写真教室に通うようになる(そのため息子のことを「先生」と呼んでいるらしい)。カメラ術が上達するにつれて、デジカメで撮った写真をコンピュータで処理したりすることを憶え、それからというもの、なかなかユーモラスな写真を撮るようになった。その後、個展を開き自身の(ユーモア溢れる)作品を発表したことから話題になり、マスコミでも紹介されるようになった。そしてその結果、ついに写真集まで発売されることになる。それがこの本である。
 本書で紹介される写真は、多くが自然を撮影したもので、それぞれの写真に著者自作の詩が添えられている。タイトルもその詩の中から取られたものである。自然の写真は美しくいものが多いが、やはり一番魅力的な写真は、終わりの方に少し掲載されている「セルフポートレート」である。自身が安来節の格好をしたり車にひかれる図だったり、あるいはゴミ袋に入れられて捨てられた図だったり(すべて自分で演出)、どれもなかなかユニークである。愉快な悪ノリばあちゃんという印象である(息子には叱られたらしい)。
 自然の写真と詩については割合ありきたりという印象だが、この悪ノリのセルフポートレートと散文(わずかしかないが)が面白い。むしろこちらの方をメインに持ってきてほしかったところである。特に不満はないが、本としては、そういう点で少々中途半端だという印象が残った。
★★★

参考:
竹林軒出張所『おむすびの祈り 「森のイスキア」こころの歳時記(本)』
竹林軒出張所『それ行け!! 珍バイク(本)』
竹林軒出張所『森の探偵(本)』

by chikurinken | 2018-11-08 07:49 |