ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2018年 10月 09日 ( 1 )

『離婚の泥沼』(ドキュメンタリー)

離婚の泥沼
(2016年・英Minnow Films)
NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー

揉め事にはウンザリするが
緊迫感があって見応えはある


b0189364_17290905.jpg 離婚した英国の元夫婦が、子どもの面会について、調停人を交えて話し合う場を設けた。その場にカメラを入れ、その調停の過程に密着するドキュメンタリー。彼らの結婚生活や来し方などもあわせて紹介される。
 調停の場には、元夫側は現在の結婚相手、元妻側は彼女の母親も参加する。現在の結婚相手がこういった場に出てくること自体結構問題じゃないかと思うが、案の定、この女性が元妻をなじったりするため、双方エスカレートして罵り合いになる。第三者的に見れば実にくだらない状況に見え、問題をテーマ(この場合、子どもを元夫にどの程度会わせるか)に絞って話し合えば良いじゃないのと思うが、当事者はそうは行かないらしい。最終的に双方が少し冷静になって、ある程度の決着を見るが、一段落した後も問題は再燃し、再び話し合いの場が設けられるという具合に話が進む。結局、現在の結婚相手が関わらない方が良いというような当たり前の結論に至ったようだが、第三者の目には、正直実にあほくさい紛争に映る。それにこの元夫にもかなり問題があるように感じたが、それはまた別の話。
 この調停には、出席者の顔ぶれや議事の進行方法など、開始前からかなりいろいろな問題がある。その結果として、話し合いの場では、感情にまかせて突っ走らないよう気をつけながら、テーマを絞って、要件だけについて話すようにしなければならないというような条件が逆照射される。それを考えると、このドキュメンタリー自体が一種の反面教師になっている。ただ、カメラの立ち会いを認めて世界中に自らの恥部をさらしたこの元夫婦に対しては、そういう部分限定で敬意を表したいところである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『エロティシズム(本)』
竹林軒出張所『ウホッホ探険隊(映画)』

by chikurinken | 2018-10-09 07:28 | ドキュメンタリー