ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2018年 07月 10日 ( 1 )

『ダス・ライヒ ヒトラー “死の部隊”』(ドキュメンタリー)

ダス・ライヒ 〜ヒトラー “死の部隊”〜 前編後編
(2015年・仏Nilaya Productions)
NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー

『炎628』ばりの非道な行為が
『炎628』の映像で紹介されていた


b0189364_20341389.jpg ナチス・ドイツのエリート部隊「第2 SS装甲師団」は、元々ヒトラー親衛隊(SS)から発展した組織で、「ダス・ライヒ」と呼ばれていた。このダス・ライヒ、強大な戦力で連合軍にぶつかったことから、連合軍からも恐れられていたという。当初は東部戦線に配属され、ソ連国内で非人道的な殲滅作戦に従事していたが、連合軍のノルマンディー上陸作戦が実施されると、それに対応するため西部戦線に駆り出され、ノルマンディーの守備に回ることになる。だがその移動の過程で、兵器も兵士も疲弊し戦力が徐々にダウンしていった。
 一方でフランス国内ではレジスタンス運動が盛んに行われており、フランスを通過するこの第2 SS装甲師団もレジスタンスの標的になっていた。それに対抗するためか、あるいは単なる殺戮かわからないが、通過する村々で、かつて東部戦線で行ってきたような殲滅作戦を展開する。つまり民間人である村人を、レジスタンスに対する見せしめとして虐殺するということを繰り返したのである。その所業は残虐の極みで、きわめて非人道的。到底容認することができないナチスの重大犯罪の1つである。そのあたりはこのドキュメンタリーでかなり詳細に紹介されている。要は、映画『炎628』のような非道がフランス国内でかなりの数の民間人に対して行われたということ。つまり村人から男たちを集めてランダムに処刑する、女たちを教会などの建物に集めて、それに火をつけて皆殺しにするなど、暴虐の限りを尽くすというものである。このドキュメンタリー自体、全編さまざまな映像が紹介されるが、このあたりの映像は当然残っていないため、残されている写真が紹介される。同時に『炎628』の映像が使用され、ナレーションで、その際の生き残りの人々の証言(『炎628』と非常に似た所業が行われた旨)が紹介されるという演出になっている。確かに説得力はあるが(あの映画自体に相当インパクトがあったし)、ただドキュメンタリーでフィクションを使ってそれでこと足れりとするのもどうよと思う。
b0189364_20341652.jpg いずれにしても、こういう流れでダス・ライヒの悪行を紹介していくのがこのドキュメンタリーである。カラー化された(と思われる)映像も多数出るが、モノクロ映像も割合多い。カラー化するんなら全部したら良さそうだが、そのあたりは少々中途半端。
 さて、このダス・ライヒのその後だが、通過する村でこういった殺戮行為を行っていたこともあって、ノルマンディー上陸阻止作戦には間に合わなかった。結局、連合軍はノルマンディー上陸を果たし、結果的にダス・ライヒも、ノルマンディー上陸を果たした連合軍、それから英国空軍に手痛い目にあって、ほうほうの体で撤退することになった。最終的に、このノルマンディー上陸作戦成功が連合軍勝利に大きく作用したことを考えると、フランス国内での虐殺行為は、軍事作戦という点から考えても大変な失策だったと言える。
 ナチスが崩壊した結果、ドイツ政府、ドイツ軍の数々の戦争犯罪も裁かれることになったが、このフランス国内の非道については、責任者が裁かれることはなかった。中には最後まで罪に問われることなく天寿をまっとうしたものまでいる。このあたりの告発がこの番組の主旨ということになる。
 こういった非道は、ナチス・ドイツだけでなく日本軍にも米軍にもつきもので、軍隊のあるところどこにでも存在する。このダス・ライヒのフランス国内での蛮行については、素描のような絵が残っていてそれが紹介されていたが、百年戦争やナポレオン戦争を描写した銅版画とよく似ていた。ゴヤの版画で似たような情景が描かれているのを見たことがあるが、どんな時代でも軍隊は同じようなことをやっているということがわかる。その非は当然告発されるべきで、そういう意味でこのドキュメンタリーにも大きな価値があるが、しかしそれにしても、映画の映像を非道の描写シーンで(比較的長く)そのまま使っていたのはやはり引っかかるところ。また(おそらくフランスの製作局が作ったためだろうが)、フランス国内の地理がよくわからないために地名が紹介されてもちんぷんかんぷん(一応地図は出る)だったのも、翻訳過程でもう少し工夫があっても良かったのではと感じた。そのせいもあって軍事行動や戦局の展開がわかりづらかった。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『炎628(映画)』
竹林軒出張所『D-Day 壮絶なる戦い(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2018-07-10 07:35 | ドキュメンタリー