ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2018年 04月 03日 ( 1 )

『アリーテ姫』(映画)

アリーテ姫(2000年・アリーテ製作委員会)
監督:片渕須直
原作:ダイアナ・コールス
脚本:片渕須直
出演:桑島法子、小山剛志、高山みなみ、沼田祐介、こおろぎさとみ、佐々木優子(アニメーション)

映像の美しさ、世界観の完成度は特筆もの

b0189364_16045421.jpg ダイアナ・コールスの『アリーテ姫の冒険』が原作のアニメーション映画。『この世界の片隅に』の片渕須直の長編映画監督デビュー作である。
 映画自体は片渕作品らしく、非常に丁寧な作りで、シナリオレベルでも緊張感が漂い、優れた作品と言える。ただ、『マイマイ新子』とも共通しているが、ストーリーが複雑というかこんがらがっていてわかりにくい部分がある。この映画についても、見終わった後にクエスチョンマークが頭の中に飛来する。決してわからないことはないのだが、何かモヤモヤが残る。ストーリー自体は童話で、ある国の姫が魔法使いにさらわれるが、その困難を自力で乗り越える、という実に単純なものであるにもかかわらずである。要するに、あちこちのディテールにややこしさが残るわけだ。このややこしさの源泉の1つは、セリフだけで状況を説明し過ぎているためだとも思うが、その点、もう少し配慮があったら良いのではと思う。また原作からかなり改変されているため、たとえば「3つの難題」がまったく中途半端なまま宙ぶらりんになっていたりするのも、モヤモヤ感に繋がっているのではないかと思う。庶民を愛する姫という性格付けにしても、姫の魅力は増すが、そもそも無理があるような気がする。シナリオをもう少し整理したいところである。
 とは言え、映像の美しさ、世界観の完成度は特筆もので、そういう点では宮崎駿作品のレベルと言える。今回、この監督の長編劇場映画を3本見たが、どれもすばらしいできで、今後が非常に楽しみな人である。監督の年齢を考えると、3作というのはあまりに寡作であるが、『この世界の片隅に』が成功したため、今後は作品も増えることが予想される。今後に期待したい。ただしシナリオ監修については、誰かちゃんとした人にやってもらった方が良いと思う。
第1回「新世紀東京国際アニメフェア21」劇場映画部門優秀作品賞受賞
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『この世界の片隅に(映画)』
竹林軒出張所『マイマイ新子と千年の魔法(映画)』

by chikurinken | 2018-04-03 07:04 | 映画