ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2011年 09月 20日 ( 1 )

『南極料理人』(映画)

b0189364_9165523.jpg南極料理人(2009年・「南極料理人」製作委員会)
監督:沖田修一
原作:西村淳
脚本:沖田修一
出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美

 舞台は南極。しかも昭和基地からさらに遠く離れた高地にあるドームふじ基地。零下54゜Cの世界で展開される男達の物語。といっても、冒険や闘いの話ではなく、日常にスポットを当てたむさい男達の極限の生活の話。この8人のメンバーの1人である料理担当者が主人公である。
 全編、コメディタッチだが、笑わせようという作為的なところはなく、登場人物の活動自体が笑いを誘うというパターンで、浮わついたところはない。極限の地に1年半ほど隔離され、(精神的に)狭い空間に閉じ込められるという設定は、どこか刑務所とも共通する。そのためもあるが、映画『刑務所の中』と非常に似た印象を持った。食事が非常に楽しみな要素になるあたりも共通している。だから料理担当者を主役に据えたというのも理に適っているというものだ。
 この映画を見るに当たり、あらかじめ評をいくつか見てみたんだが、ネガティブな評が割に多かったという印象があって、この映画になかなか手が伸びなかったのもその辺に理由がある。だが実際見てみた限りでは、マイナスの要素はあまり感じられなかった。題材自体、ドキュメンタリーでも面白くできるようなもので、それを抑えたタッチでうまくまとめていて、脚本もよくできているし、演出もまったく破綻はない。話が非常に専門的なので、原作があるんだろうと思って見ていたが、やはりあった(西村淳著『面白南極料理人』)。Amazonの評を読む限りでは、映画とはちょっとテイストが違うみたいで、やはりあの空気感は映画独特のものなんだろう……かな。
 ロケは南極か?とも思ったが、よくよく考えたらそんなことあり得ないわけで、なんでも北海道だそうだ。しかし南極と言われてもまったく違和感はない。そもそも南極がどんな感じか体験したことがないので違和感を感じようもないが。
 料理人が主役の映画だけに、随所に料理が出てきて、作るシーン、食べるシーンが非常に多い。出てくる料理は、豪華なものから普通の食事に至るまでどれも美味しそうで、そういう面でもとても楽しめる、どちらかと言えば気安い感じの映画であった。生瀬勝久がきまじめな顔をして(少し妙な)笑いを誘うあたり、NHKの『サラリーマンNEO』を彷彿させるところもご愛敬である。
★★★☆
by chikurinken | 2011-09-20 09:17 | 映画