ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『柔道一直線』(1)、(2)(ドラマ)

柔道一直線 (1)、(2)(1969年・TBS、東映)
原作:梶原一騎
脚本:佐々木守
演出:小林恒夫、冨田義治
出演:桜木健一、高松英郎、吉沢京子、藤江喜幸、青木和子、牧冬吉、由利徹、白木みのる

スポ根ドラマの元祖

『柔道一直線』(1)、(2)(ドラマ)_b0189364_08491593.jpg 東映が、『柔道一直線』の第1回と第2回をYouTubeで無料公開していたため、懐かしさもあって見てみた。
 知らない人のために言っておくと、『柔道一直線』とは子ども向けの実写ドラマで、梶原一騎原作、永島慎二作画のマンガがオリジナルである。1969年に放送され、当時の多くの子どもを魅了した。僕自身は、本放送時、再放送時、再々放送時(中学生のとき)の都合3回は見ているが、なにぶん数十年も前のことで、細かいところは忘れてしまっている。もちろん印象的なシーン、たとえば近藤正臣がピアノの鍵盤の上に立ち爪先で「ネコふんじゃった」を演奏する場面などはよく憶えているし、二段投げ、ライナー投げ、大噴火投げ、フェニックスなどといった必殺技も記憶に残っている。また「ニッポンジュードー、ヨワーイ」などのセリフも中学時代よくマネして遊んでいたためよく憶えている。柔道のことをろくに知らなかった当時の子どもが見れば、かなりエキサイティングな内容であるが、実際の柔道に馴染んでくると、あまりの荒唐無稽さ、内容のバカバカしさに呆れてしまう。原作者の梶原一騎は柔道の有段者のはずなのによくこんなストーリーを書けたもんだと、今となっては思うが、子ども向けマンガということで、注目を集めるための派手な(魔球ならぬ)魔技が必要だったのかも知れない。だが、冷静な目で見ると、あんなド派手な大技を開発するよりも、絞め技や寝技に磨きをかけることの方が手っ取り早いんじゃないかと思ってしまう。もっともこれは『巨人の星』などの他のスポ根マンガにも共通する感覚である。
 で、今回見た第1話と第2話では、ド派手な大技はあまり出てこない(車周作の地獄車ぐらい)。もっとも、背負い投げされた中学生が数メートル吹っ飛んでいって壁板を突き破るみたいな、アホらしい演出は随所に出てくる。しかもアメリカ人の柔道家が日本人の柔道家と対決するときに反則技を使ったり審判に暴行したりというシーンまで出てきて、よくもまあこんな荒唐無稽なプロットを作ったものだと思ってしまう。プロレスじゃないっちゅーの。なおこのアメリカ人柔道家は、その後、街の中で暴れて警官をたたきのめしたりするが、車周作の地獄車で倒されるという無茶苦茶な展開になる。
 そういう荒唐無稽さは随所にあるものの、ストーリーはそれなりに練られていて、毎回惹きつけるものがあるのは確かであり、(僕を含む)子どもたちが毎週釘付けにされたのも頷ける。そうは言っても、これでは柔道の歪んだイメージが子どもたちに植え付けられやしないかとも思う。柔道とプロレスと町の喧嘩が一緒くたに扱われているわけだ。一方で、監修に木村政彦の名前があったりして、しかも講道館からこのドラマのスタッフに感謝状が送られたなどという話まであり、そのあたり何だか訳がわからない。講道館から抗議が来ても良さそうなものだが、要するに柔道の普及に一役買ったということのようなのだ。実際、幼少時にこの作品の影響を受けた柔道選手や格闘家もいるようで、それを考えると、愚にも付かないようなものであっても重要な役割を果たすということが世の中にはあるもんなんだなと感じてしまう。
★★★

参考:
竹林軒出張所『刑事くん (1)(ドラマ)』
竹林軒出張所『日曜劇場 林で書いた詩(ドラマ)』
竹林軒出張所『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(本)』
竹林軒出張所『七帝柔道記(本)』
竹林軒出張所『七帝柔道記 (1)、(2) (マンガ版)(本)』
竹林軒出張所『七帝柔道記 (3)〜(6) (マンガ版)(本)』
竹林軒出張所『VTJ前夜の中井祐樹(本)』
竹林軒出張所『変身忍者 嵐 (1)、(2)(ドラマ)』
竹林軒出張所『夏子の酒(ドラマ)』

by chikurinken | 2024-03-18 07:48 | ドラマ
<< 『刑事くん』(1)(ドラマ) 『「山上徹也」とは何者だったの... >>