ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

こんなメールが来た

b0189364_15481736.jpg 毎日のように迷惑メールは来るが、送信元が自分自身になっていたりするものが最近とみに増えてきた。相手のメールソフトで送信元に送信先のデータを表示させるというような単純な裏技を使っているんだろうが、やはり最初はかなりびっくりする。しかも文面で「お前のメールアカウントを盗んだ」などと書いてあると、思わず左右を見回したりするかも知れない。
 一昨日と昨日、「【緊急】」などというタイトルで迷惑メールが送られてきたんだが、なかなか興味深いんでここで紹介することにした。なお送信元は僕自身ということになっている。

注:カッコ内は、メールを読んだときの私のツッコミと考えてください。

【緊急】
(なんだなんだ)
悪い日本人のために申し訳ありません。
(は?)
あなたのメールアカウントをハッキングしました。
(あー)
私はあなたのコンピューターをハッキングした。
(あー……でも繰り返しがくどい。急に常体になってるし)
私はあなたがポルノを見て見る。
(意味がわからぬ。ポルノを試しに見る?、何度も見る?)
私はあなたのウェブカメラで自慰行為を記録した。
(ウェブカメラ付いてないけどね)
あなたは私に(100000円)を支払わなければなりません。
(唐突だね……なんでだ)
あなたは48時間があります。
(死亡予告みたいに聞こえる)
あなたが払っていない場合、私はあなたの隣人とあなたの家族や同僚にビデオを送信します。
(隣人、家族、同僚を割り出すのは大変だろう……10万円じゃ見合わない)
あなたはbitcoinで支払う必要があります。
(仮想通貨には関わりたくない)
私のbitcoinアドレス:
1JacuT532ozUUtoTHHuXadZrR1yDnmu32K
(身元はばれないのだろうか)
あなたはbitcoinを購入する方法をgoogleできます。
(ご親切にどうも)
あなたは48時間で支払っていない場合、私はあなたの連絡先にビデオを送信します。
(ぜひ送ってくれ)
あなたは非常に特別なポルノの味があります!
(俺に「ボルノの味がある」とはどういうことだ)
将来的には安全に保管してください。
(盗っ人猛々しい)

日本人の日本語ではないのは一目して明らかで、おそらくGoogleかなんかの翻訳機能を使って翻訳したものなんだろうが、それでも原文がなかなか想像付かない。まず最初の文章の「悪い日本人のために申し訳ありません。」からしてどういうこと?と思う。つらつら考えて原文を想像したが、もしかしたら「Excuse me for my bad Japanese.」という英語なのかと思い当たった。これだと「拙い日本語で申しわけございません。」と訳すべきなんだろうが、現在の翻訳ソフトのレベルはこの程度なので、人間の頭で原文を想像しなければならないのが実情というわけ。このように原文がよく分からない箇所が多いので、こういう英語が原文ではないかという文章を試しに想像してみた。

Excuse me for my bad Japanese.
I hacked your mail account.
And I hacked your computer.
I saw you watch pornographies.
And I recorded your masturbation with your web camera.
You have to pay me ¥100,000.
You have 48 hours.
If you don't pay, I will send this video to your neighbors, your families and your colleagues.
You must pay by bitcoin.
My bitcoin address:
....
You can google how to buy bitcoin.
If you don't pay within 48 hours, I will send the video to your contact.
You have a taste of special pornography!
Please keep your data securely in the future.

 僕の英訳についてはそれこそ「拙い英語で申しわけございません」というレベルだが、しかしそれにしても、文章構成自体、レベルが非常に低いと感じる。作者が英語ネイティブでないこと(または教育のない人であること)は容易に想像できる。この作者が主張していることは「お前がパソコンの前でエロサイト見ながらオナニーしているのをお前のパソコンに搭載されているウェブカメラを使って録画した、こちらにその映像があるから、ついては曝されたくなかったらビットコインを送金しろ」ということだと思うが、それにしても拙い。読み手が想像してやらないと意味が分からない。相手に内容の推測と想像を要求するような文章は一般社会では受け入れられないだろう。もっともこういった内容の文書自体、金を要求する脅迫であり同時に詐欺であるんで一般社会の通念では受け入れられないわけだが。
 ともかくユーザーの皆さんは、こういった低レベルの相手に騙されないよう気をつけていただきたい。ネット空間は善意の人間ばかりではないのだ。

参考:
竹林軒出張所『CYBER SHOCK 狙われる日本の機密情報(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2019-02-11 07:47 | 日常雑記
<< 『日本フィルハーモニー物語』(映画) 『ベトナムのひかり』(ドラマ) >>