ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ギルバート・グレイプ』(映画)

ギルバート・グレイプ(1993年・米)
監督:ラッセ・ハルストレム
原作:ピーター・ヘッジズ
脚本:ピーター・ヘッジズ
出演:ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス、メアリー・スティーンバージェン、ダーレン・ケイツ

等身大のアメリカと魅力的な登場人物

b0189364_18442291.jpg アメリカ、アイオワ州の田舎町で暮らすギルバート・グレイプ(ジョニー・デップ)の閉塞した生活と青春を描くドラマ。
 ギルバートには、夫を亡くしたストレスで超肥満体型になってろくろく動けなくなった母(ダーレン・ケイツ)、知的障害でやたら問題を起こす弟(レオナルド・ディカプリオ)がいて、他の姉妹2人と古い家に住んでいる。ギルバートは町の雑貨店で働いているが、これも近所に大型スーパーができたせいで、商売の見通しはかなり暗い。町自体も寂れており、全体をどんよりした閉塞感が漂っている。しかしギルバートは、弟思い、母思いの心優しい男なのである。
 これも『ラスト・ショー』と同じように、等身大のアメリカを描いていて、「ハリウッド映画」的ではない上質のドラマである。主人公が年上の女性(精神的に不安定)と不倫しているあたりもあの映画によく似た設定である。アメリカの生の姿が描かれていて新鮮である。ただし周りに起こる出来事が主人公にとって重すぎるので、感情移入して見ているとかなり辛く感じる。とは言え救いもあるんで、リアリズム映画のように辛さが後まで残るというようなことはない。
 監督は『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』のラッセ・ハルストレムで、ハリウッド進出第2作が本作である。演出は手堅く、どの俳優も好演。中でも知的障害のある弟を演じたディカプリオは特筆ものである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『ラスト・ショー(映画)』
竹林軒出張所『フライド・グリーン・トマト(映画)』
竹林軒出張所『プレイス・イン・ザ・ハート(映画)』

by chikurinken | 2019-01-23 07:44 | 映画
<< 『未知のイゾラド 最後のひとり... 『ラスト・ショー』(映画) >>