ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『OK牧場の決斗』(映画)

OK牧場の決斗(1957年・米)
監督:ジョン・スタージェス
原案:ジョージ・スカリン
脚本:レオン・ウーリス
出演:バート・ランカスター、カーク・ダグラス、ロンダ・フレミング、ジョー・ヴァン・フリート、ジョン・アイアランド

事実は映画よりも陳腐

b0189364_18523037.jpg 1881年にアリゾナ州トゥームストーンで起こった、O.K.コラルの銃撃戦を映画化した作品。原題は『Gunfight at the O.K. Corral』で、まさしく「O.K.コラルの銃撃戦」。ただし「コラル」などという言葉が日本人には分かりにくいということで、「OK牧場」という名前が使われたというのが真相のようである(ウィキペディア情報)。
 この銃撃戦自体は、それ以前(1946年)にジョン・フォードが『荒野の決闘』で扱っており、1964年の『シャイアン』にも一部取り上げられている。保安官のワイアット・アープとその兄弟、それからドク・ホリデイが、無法者のクラントン兄弟と銃撃戦を繰り広げるというのが大まかなストーリーで、基本的な扱われ方は同じである。細かい部分は、こちらの映画の方が実話に近いらしい(どうでも良いことだと思うが)。
 この映画では、アープ(バート・ランカスター)とホリデイ(カーク・ダグラス)の友情が話の中心になる。それぞれ恋人がいて、そのあたりの人間関係は『荒野の決闘』とよく似ている。当然、最後の銃撃戦がハイライトで、そこに至るまでの過程がストーリーとして描かれるわけだが、『荒野の決闘』ほどの魅力はこの映画には感じなかった。アクション西部劇の範疇を出ないというイメージで、エンタテイメントの映画と割り切って見るべき映画と言える。それなりに面白いが、あまり心に残るようなものはなかった。これも「有名な映画を見た」という事実がものを言う映画と言える。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『荒野の決闘(映画)』
竹林軒出張所『シャイアン(映画)』

by chikurinken | 2018-07-24 07:52 | 映画
<< 『ニュールンベルグ裁判』(映画) 『ボクの就職』(1)〜(12)... >>