ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『この世界の片隅に』(映画)

この世界の片隅に(2016年・「この世界の片隅に」製作委員会)
監督:片渕須直
原作:こうの史代
脚本:片渕須直
出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世(アニメーション)

時代感覚が非常によく再現されている

b0189364_19324294.jpg 一昨年、全国的に評判になったアニメーション映画。広島から呉に嫁入りした主人公、すずが身体で経験する太平洋戦争がテーマで、原作はこうの史代の同名タイトルのマンガである。
 庶民の感覚から見た戦争はこういうものであったのかという「手触り」のようなものが感じられて、この映画についてはそういう点が非常に優れていると感じた。また、描写が非常に緻密で隙がない。リアルを伝えるのであればそういう緻密さは必須で、この映画の魅力はその「リアルさ」にある。さらに、映像が非常に美しいのも魅力である。映像表現についてはまったく申し分ない。
 また声優として出演しているのんのしゃべり方が、主人公の性格を反映し実にのんびりしていて、登場人物の魅力を増している。
 当時の生活が非常によく再現されているのもこの映画の魅力で、時代考証がしっかりなされているという印象である。こういう点でも隙がない。面白かったのは、登場人物たちが、戦争による混乱自体を災害と同格で捉えているような様子が垣間見えたことで、庶民感覚というものは確かにそうかもしれないと納得した。そういう時代感覚の再現がこの映画の最大の魅力ではないかと思う。
第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベストワン、監督賞受賞
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『マイマイ新子と千年の魔法(映画)』
竹林軒出張所『アリーテ姫(映画)』
竹林軒出張所『カラーでみる太平洋戦争(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『戦後ゼロ年 東京ブラックホール(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2018-03-30 07:31 | 映画
<< 『マイマイ新子と千年の魔法』(映画) 『総天然色ウルトラQ』(15)... >>