ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ユメ十夜』(映画)

ユメ十夜(2007年・日活)
監督:実相寺昭雄、市川崑、清水崇、清水厚他
原作:夏目漱石
脚本:久世光彦、柳谷治、清水崇、猪爪慎一他
出演:小泉今日子、松尾スズキ、うじきつよし、堀部圭亮、山本耕史

タイトルに騙された

b0189364_22432514.jpg 『ユメ十夜』というタイトルになっていることからわかるように10本のオムニバス映画である。10人の監督がそれぞれ1本ずつ担当するという趣向。原作は夏目漱石ということになっていたが、漱石の『夢十夜』とはまったく似ても似つかないストーリーも中にはある(似ているものやほとんど同じものもある)。
 前半の4本はまずまず見られる作品だったが、第5夜以降は悪趣味で見るに耐えない。悪い冗談みたいなものばかりで、僕は受け付けなかった。
 前半の作品群については、夢が元になっているだけにシュールレアルで面白さはある(好みではないが)。第三夜は原作をかなり踏襲しているが不気味(これも好みではない)。シュールレアルというより怪奇ものである。
 一部面白さはあったが、わざわざ見ることもなかったかなと思う。タイトルに騙された。
★★☆

参考:
竹林軒出張所『夢十夜 (近藤ようこ版)(本)』

by chikurinken | 2018-03-14 07:43 | 映画
<< 『サージェント・ペパー』(ドキ... 『クリーン・センター訪問記』(映画) >>