ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『藤井聡太 14才』(ドキュメンタリー)

藤井聡太 14才(2017年・東海テレビ)
監督:横井良安
ナレーション:萩本欽一

聡太の青春 第一幕

b0189364_18251134.jpg 昨年デビューして連勝記録を作った将棋棋士の藤井聡太のドキュメンタリー。
 さすがにあれだけ話題になったためNHKやなんかでも特集番組をやっていたが、東海テレビでも7月にドキュメンタリーを放送していた。というのも藤井四段、愛知県出身で、しかもかなり前から東海テレビは注目していたのだった。その証拠に小学生から中学生時代にかけての映像が結構残っている。奨励会時代の、師匠の杉本昌隆七段との練習対局なども画面に登場してなかなか新鮮である(しかも師匠に勝っていた)。
 このドキュメンタリーで追いかけるのは連勝記録を更新するまでで、言ってみればサクセスストーリーみたいな内容である。NHKスペシャルでは、その後の挫折、それを越える過程まで描いていたが、そこは後進の有利さということになる。
 このドキュメンタリーで見えてくるのは、(アマ時代から)師匠が藤井を非常に大切に育てているということで、良い師匠にめぐり逢ったのも藤井の強運であったと言うことができる。一般的に成功者は、いくら能力があっても運がなければ成功できないもの。強運があってこその成功者なんである。その点、藤井はラッキーだった。
 藤井フィーバーは、以前からの将棋ファンとしては少々片腹痛い部分があるが(特にこの番組でも紹介されていたが、藤井の扇子を買うのに行列ができているなどの現象には少々気持ち悪さすら感じる)、藤井に早くから注目していた、そして丁寧なドキュメンタリーに仕上げた東海テレビには敬意を表したいところである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『聖の青春(本)』
竹林軒出張所『聖 ― 天才・羽生が恐れた男 (1)〜(7)(本)』
竹林軒出張所『ヒカルの碁(1)〜(23)(本)』
竹林軒出張所『将棋の解説者』
竹林軒出張所『将棋中継の聞き手』
竹林軒出張所『シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代(本)』
竹林軒出張所『運命の一手 渡辺竜王 VS 人工知能・ボナンザ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『棋士VS将棋ソフト 激闘5番勝負(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-12-21 07:24 | ドキュメンタリー
<< 『追跡 東大研究不正』(ドキュ... 『樹木希林の居酒屋ばぁば』(ド... >>