ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『レディ・チャタレー』(映画)

レディ・チャタレー(2006年・仏英ベルギー)
監督:パスカル・フェラン
原作:D・H・ロレンス
脚本:パスカル・フェラン、ロジェ・ボーボ、ピエール・トリヴィディク
撮影:ジュリアン・イルシュ
美術:フランソワ=ルノー・ラバルテ
衣装デザイン:マリー=クロード・アルトー
出演:マリナ・ハンズ、ジャン=ルイ・クロック、イポリット・ジラルド、エレーヌ・アレクサンドリディス

原作を活かしながらも
別の風味で仕立て上げた


b0189364_19561222.jpg フランス版の『チャタレイ夫人』。そのため登場人物は皆フランス語を話す。原作のテーマである階級の問題がほとんど問題視されていないのは、いかにもフランス的である。この作品では、不倫の恋愛のみにテーマを絞っている感じで、そのあたりはあまりブレがない。
 この映画の魅力は、なんと言っても映像の美しさ、自然の表現である。主人公のチャタレイ夫人、コニーが森番のバーキンと逢い引きするために森の小屋に赴くシーンで、森の自然がこれでもかという具合に描写される。登場人物たちも自然の中の生き物として描かれているかのように感じる。ストーリーよりも映像を重視した、「映像詩」と言っても良いような構成で、そのためか各シーンは断片的に表現され、ブラックアウトでつなぐというスタイルが貫かれている。説明が足りない部分は、サイレント映画を彷彿させる字幕と控え目なナレーションによって語られる。そういった効果もあり、全体に渡って非常に詩的な印象を受ける。
 『チャタレイ』お約束の性描写もあり、割合赤裸々ではあるが、恋愛映画の1シーンというレベルで描写されるため、どぎつさはほとんど感じない。男の性器が映り、それについてコニーがコメントするシーンなんかもあってリアルであるが、日本版DVDでは当然のことながら性器の部分は塗りつぶされて隠されている。はなはだ野暮な処置である。
 キャスティングもはまっており、どの俳優も好演している。またどのシーンも魅力的だが、中でも雨のシーンは印象的で、この映画のハイライトと言って良い。撮影以外にも美術や衣装も美しく、こんな森や山小屋が近くにあったらなと思わせるような魅力が漂っている。今回見るのは二度目だったが、前回同様とても心地良さを感じた。不倫テーマにつきまとうようなざわついた感じはあまりなく、あくまで恋愛映画にとどまっているのは製作者たちの見識の高さゆえではないかと思う。
2006年セザール賞作品賞、主演女優賞、脚色賞、撮影賞、衣装デザイン賞
★★★★

参考:
竹林軒出張所『チャタレイ夫人の恋人(映画)』
竹林軒出張所『チャタレイ夫人の恋人(1993年ドラマ版)(ドラマ)』
竹林軒出張所『チャタレイ夫人の恋人(2015年ドラマ版)(ドラマ)』

by chikurinken | 2017-06-14 06:55 | 映画
<< 『バシャール・アサド 独裁と冷... 『チャタレイ夫人の恋人(201... >>