ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

経世済民の男 高橋是清(ドラマ)

経世済民の男 高橋是清(2015年・NHK)
演出:田中健二
脚本:ジェームス三木
出演:オダギリジョー、谷原章介、壇蜜、ミムラ、藤本隆宏、草笛光子

主人公をやたら持ち上げた平凡なドラマ

b0189364_8391842.jpg 第20代内閣総理大臣にして5度の大蔵大臣経験者、高橋是清の生涯を描く伝記ドラマ。高橋是清のドラマといえば1979年に森繁久彌主演でTBSが製作した『熱い嵐』という3時間ドラマが思い出される。見てはいないが。他にも高橋是清のドラマがあるようで、それを思うと高橋是清って人気あるのかなと思う。経歴は確かに魅力的ではある。
 若い頃横浜でボーイをしてその後アメリカに渡り、奴隷として売られそうになったなどというエピソードは有名。帰国してからは予備校などで教員をしたりしていた(このエピソードはドラマにはなかった)が、やがて農務省に招かれ、経済の専門家として活躍。貴族院議員や日銀総裁を務めた後、1913年山本権兵衛内閣で大蔵大臣になり、政治家のキャリアが本格的に始まる。経済通として信頼を集め、大蔵大臣、農商務大臣、商工大臣などを務めるが、二二六事件で凶弾に倒れる。
 そういう話を前後編、合計2時間のドラマにしたのがこの番組だが、表面をなぞっただけという印象はぬぐえない。飄飄とした高橋是清をオダギリジョーが演じていて、もちろんこういう演出もありだとは思うが、あまり似合っていないという感じは最後まで消えなかった。
 シナリオがジェームス三木だからか、セリフ回しも少々古い印象があり、そういうのをうまく処理できる俳優であればまあ言うことはないんだろうが、壇蜜なんかがこういうセリフを言うとわざとらしく聞こえて興ざめである。
 ドラマとしてはきわめて平凡で、高橋是清の生涯を勉強できるという以外、あまり取り柄のないドラマであった、と思う。
★★☆

参考:
竹林軒出張所『経世済民の男 小林一三(ドラマ)』
竹林軒出張所『経世済民の男 松永安左エ門(ドラマ)』
竹林軒出張所『「坂の上の雲」のドラマ版を見た』
竹林軒出張所『神様の女房 (1)〜(3)(ドラマ)』
by chikurinken | 2015-09-28 08:39 | ドラマ
<< 『経世済民の男 小林一三』(ドラマ) 『ロリータ』(映画) >>