ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『レベッカ』(映画)

レベッカ(1940年・米)
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ダフネ・デュ・モーリア
脚本:ロバート・E・シャーウッド、ジョーン・ハリソン
撮影:ジョージ・バーンズ
出演:ローレンス・オリヴィエ、ジョーン・フォンテイン、ジョージ・サンダース、ジュディス・アンダーソン

ロマンス小説風に展開するが
通り一遍の玉の輿物語ではない


b0189364_9393055.jpg ヒッチコック監督の名画で、見るのは今回で2回目である。ストーリーがなかなか凝っていて、ロマンス小説風の玉の輿物語かと思えばさにあらず。話が二転三転し、誰が正義で誰が悪かだんだんわからなくなる(終いには法廷劇か?というような展開すら見せる)。もちろんそれで話がどこかに飛んで行ってしまうようなことはなく、ストーリーとして非常にうまくまとめられている。職人芸みたいな味わいさえ感じられ見事である。
 この映画は、なんと言っても主演女優のジョーン・フォンテインが非常に魅力的である。ヒッチコックは女優を魅せるのがうまいという印象が個人的にはあるが、この映画なんかその最たるものである。この作品は、ヒッチコックがアメリカで撮った最初期の映画で、同時に女優の魅力を活かした映画としても最初期の映画と言える。この後、イングリッド・バーグマン、ティッピー・ヘドレン、グレース・ケリーなどがヒッチコック映画を華々しく飾っていき、ヒッチコック作品がハリウッドの華々しさを一層引き立てる役割を果たしていくことになる。なおジョーン・フォンテインはこの後、ヒッチコックの『断崖』にも主演として登場している。
 この映画も随分古い映画であるため、現在日本ではパブリックドメイン(著作権切れ)扱いで、いろいろなメーカーからDVDが安価で出されている。今回僕が見たDVDは『世界名作映画全集 30 レベッカ』というものだったが、字幕をオフにできないだけでなく画質も非常に悪く、DVDとしての品質が非常に悪かった。そのため、前に劇場で見たときよりも映画自体が劣っているような印象すら感じた。多少値段が高くても、しっかりした配給会社から提供されているものやリマスターものを選んだ方が無難だとあらためて感じた次第。
第13回アカデミー賞最優秀作品賞、撮影賞受賞
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『巨匠たちの肖像 ヒッチコック(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『サイコ(映画)』
竹林軒出張所『知りすぎていた男(映画)』
竹林軒出張所『マーニー(映画)』
竹林軒出張所『泥棒成金(映画)』
竹林軒出張所『ロープ(映画)』
竹林軒出張所『めまい(映画)』
竹林軒出張所『ガス燈(映画)』
竹林軒出張所『ハムレット(映画)』
by chikurinken | 2015-03-21 09:39 | 映画
<< 『雨に唄えば』(映画) 『ミモザ館』(映画) >>