ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『オーケストラ!』(映画)

オーケストラ!(2009年・仏)
監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
脚本:ラデュ・ミヘイレアニュ、アラン=ミシェル・ブラン、マシュー・ロビンス
出演:アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウ

これもご都合主義的
元巨匠が掃除夫ってのも無理がある


b0189364_7101216.jpg かつて政治的な理由でボリショイ交響楽団をクビになった指揮者とメンバーが、起死回生を図り、ボリショイ交響楽団へのオファーを横取りしてフランス公演を果たそうとする……というストーリーの映画。
 謎解きやコメディの要素が盛り込まれておりそれなりに楽しく見ることができるが、話ができすぎかつ単純で、見終わった後「あほくさ」と思ってしまう。どことなく『オーケストラの少女』を思わせるストーリーだが、映画の雰囲気は『のだめカンタービレ』や『スウィングガールズ』に近い。
 それに主役の元マエストロは指揮が今一美しくないし、ヴァイオリニストも演奏しているように見えないしで、もう少しディテールにこだわった方が良いんじゃないかと思ってしまう。また「チャイコフスキーの協奏曲はともかく、セレナーデやプロコフィエフはどうなったんだ」と突っ込みを入れたくなるような、ストーリーのいい加減さも散見される。一言で言うと大雑把でご都合主義ということになる。
 タイトルバックがモーツァルトのピアノ協奏曲第21番第2楽章(「短くも美しく燃え」のテーマ)で美しい上、随所にいろいろな名曲が流れるのは音楽映画ならではである。もちろん、モチーフとして使われているチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲もふんだんに聴けるなど(ご都合主義的な部分に目をつぶれば)音楽は存分に楽しむことができる。
★★★

参考:
竹林軒出張所『オーケストラの少女(映画)』
竹林軒出張所『名門オーケストラを救え(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『スラムのオーケストラ(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2015-02-23 07:11 | 映画
<< 『ナタリー』(映画) 『徒歩7分』(1)〜(7)(ドラマ) >>