ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『「やればできる!」の研究』(本)

b0189364_859532.jpg「やればできる!」の研究
能力を開花させるマインドセットの力

キャロル S.ドゥエック著、今西康子訳
草思社

この本自体がしなやか

 人が何かに失敗したとき、自分はもうダメだと思うタイプとこれを糧にして次につなげていこうと思うタイプの2つがあって、前者を「こちこちマインドセット」、後者を「しなやかマインドセット」と名付け、しなやかマインドセットで生きていくことを勧める本。
 「こちこちマインドセット」、「しなやかマインドセット」という言葉は、原著では「fixed-mindset」、「growth-mindset」という単語で、「こちこちマインドセット」、「しなやかマインドセット」は訳者が当てた訳語である。なかなかうまい訳だと思うが「マインドセット」というのがちょっとわかりづらい。mindsetは「考え方」程度の意味らしい。
 本書によると、こちこちマインドセットを持つ人は、人の能力というものは固定的で変わらないものと考えがちで、それがために自分の能力を繰り返し証明せずにいられない。そのため大きな失敗をしたら、それが自分の能力の根本的な欠如ゆえである、つまり自分はダメ人間だと思い込み、場合によっては立ち直れないくらいの大きな挫折を経験し、結果的にそれがあきらめにつながるという。一方しなやかマインドセットを持つ人は、人間の基本的資質は努力次第で延ばすことができると考える。そのため、大きな失敗をしたら、どこに問題があったか考え、それを教訓にして事に当たるようになる。失敗したのは、現状の自分の力が足りなかったためで、自分の力を延ばせば同じ失敗をしないと前向きに考えるというのだ。だからしなやかマインドセットの人は、大きな挫折を経験せず、自分を限りなく成長させることができる。こちこちマインドセットの人は、成長を止めて後ろ向きに生き続けることになるため、こういう考え方自体が生きていく上でマイナスに作用することが多い。そこで、こういう考え方をする人は、ひとつものの見方・考え方を変えてしなやかマインドセットを身につけようよというのが本書の主張である。
 本書では、基本的にこの線で話を進め、最初から最後までこの考え方が一貫している。この議論についてさらに深く検討していき掘り下げていくというアプローチは皆無で、しなやかマインドセットの利点、こちこちマインドセットの問題点を繰り返し説いていく。それに則って、教育、家族関係、知人関係など、さまざまな実例を取り上げて、読者の理解を深めようとする。言ってみれば、この本には縦方向の奥深さは皆無で、横方向に大きな広がりを持つ。心理学者が書いた本として見ると少々異色で、「科学的な本」を期待して読むとガッカリするかも知れない。だが一種の自己啓発本と考えれば、わかりやすい良い本だと思う。
 わかりやすい言葉で何度も同じ主張を繰り返していくというスタンスは、読んでいてとても優しさを感じ、著者が女性だというのもなるぼどなーと頷ける。そういう意味で幾度となくしなやかさを感じる本だった。凝り固まった考え方をしているゆえに苦しんでいる人に、この本を読んで脳の中身を解きほぐすと良いよと言ってあげたくなる。そういう類の本である。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『なぜあの人はあやまちを認めないのか』(本)』
竹林軒出張所『ティッピング・ポイント(本)』
竹林軒出張所『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい(本)』
by chikurinken | 2015-01-31 09:00 |
<< 『イヴ・サンローラン』(映画) 『その問題、経済学で解決できま... >>