ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ジェロニモ』(映画)

b0189364_7594529.jpgジェロニモ(1993年・米)
監督:ウォルター・ヒル
脚本:ジョン・ミリアス
出演:ジェイソン・パトリック、ジーン・ハックマン、ロバート・デュヴァル、ウェス・ステューディ、マット・デイモン

人道的な観点だけがウリだと
面白味を欠いてしまう


 アメリカ先住民(つまりアメリカ・インディアン)、アパッチ族のジェロニモを描いた映画。
 舞台は19世紀後半のアメリカ。アメリカに対して山岳ゲリラ戦を展開していたジェロニモは、一旦は米国政府と和解し米陸軍の指揮下に入るが、米兵の裏切りをきっかけに再度ゲリラ戦に身を投じる。そのジェロニモに間近で接していたデイヴィス少尉の手記という形で話が展開する。
 「先住民=被害者」の図式で描かれているのはまことに結構なんだが、それにしても展開が全体的にやや説明的で、若干面白味に欠ける。最初から最後まで「白人に裏切られ騙され続ける先住民」という切り口で、あわせてジェロニモの人間的な大きさが描かれていくんだが、それだけで押し切られると、見る側としてはあまり感動が湧かない。ジェロニモのゲリラ戦に限らず、白人対先住民の戦いは(言ってみれば悪が勝利したケースばかり)それ自体映画の素材としては面白いんだが、この作品については素材が活かされておらず、退屈な映画になってしまった。もう少し別の切り口で迫ったら、その面白さを伝えることができたんではないかと感じる。そういう点で、少々残念な映画であった。
★★★

参考:
竹林軒出張所『シャイアン(映画)』
竹林軒出張所『ズニ族の謎(本)』
竹林軒出張所『リオ・グランデの砦(映画)』
竹林軒出張所『黄色いリボン(映画)』
竹林軒出張所『荒野のガンマン(映画)』
by chikurinken | 2014-12-05 08:01 | 映画
<< 『アナと雪の女王』(映画) 『もうひとりのシェイクスピア』... >>