ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『スクールセクハラ』(本)

スクールセクハラ
なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか

池谷孝司著
幻冬舎

隠蔽される教師によるセクハラ

『スクールセクハラ』(本)_b0189364_741827.jpg 学校現場での、教師による生徒へのセクハラを告発する書。
 中学や高校のクラス、部活動などを舞台にした教師によるセクハラが現在多数報告されており、懲戒免職になる教師も多い。原因の一つには、教師に絶対的な権力が与えられていること(評定や選手選抜の権限を持っている)があり、しかもそれぞれの舞台が密室になりやすいということも挙げられる。
 本書では、具体的な事例をいくつか紹介しながら、現実にどのような手口でセクハラが行われるかが示され、同時にその解決が非常に難しいこともあわせて示される。解決が難しくなるのは、学校側や教育委員会による、身内の不祥事を隠蔽したいという体質が働くからだと著者は言う。また、被害者がいったん告発を初めても、他の保護者からの反発やいじめなども出てくるというんだからいっそう厄介だ。彼らには、明日は我が身だと感じるような想像力はないんだろうかと思う。いずれにしても、被害に遭う可能性がある生徒たち、そしてその保護者側が、現状をしっかり認識した上で、学校の風通しをよくすることが唯一の解決策ではないかと思うが、このあたりはいじめの問題とも共通する。そういう意味でこういう本は、啓発の一助として、非常に重要な役割を果たすことになる。この本は元々、共同通信の記事をまとめたものだというが、新聞などの媒体でも頻繁に特集してほしい題材ではある。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『盗撮・児童ポルノの闇(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『スポーツ界 性的虐待の闇(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『いじめを語ろう 〜カナダ ある学校の試み〜(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『カナダ いじめ撲滅プロジェクトの1年(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『いじめの果てに(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『追いつめられて 〜アメリカ いじめの実態〜(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ブラックボックス(本)』
竹林軒出張所『未成年の性被害(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ハリウッド発 #MeToo(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『説教したがる男たち(本)』
竹林軒出張所『ロスジェネ社員のいじめられ日記(本)』
竹林軒出張所『ルポ教育虐待(本)』
竹林軒出張所『〈叱る依存〉がとまらない(本)』
竹林軒出張所『大人問題(本)』

by chikurinken | 2014-11-26 07:42 |
<< 『いじめっこいじめられっこ (... 『家に帰ると妻が必ず死んだふり... >>