ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

DVD換装その後

 先日の『パソコンからレンタルDVDが出てこなくなった話』の続き。
b0189364_94275.jpg 通販で「ウルトラスリムDVDドライブ for MacBook [GSA-S10N]」(約6,000円)を購入し、DVDディスクが出てこない現在のDVDドライブと入れ替えた。作業自体は、前回のDVD救出作業とほぼ同じで慣れたもんだったが、交換した後、たとえばDVDディスクが筐体に引っかかって出てこないなどという状況になるともう一回解体して作業をやり直しなどということになる。それだけは避けなければならないということで、作業は慎重の上にも慎重を重ねて行わなければならない。ま、結論を言うとおおむね無事に終わって、事なきを得たわけだが、やはりDVDディスクを入れるのが怖いという恐怖感は残っている。二度と出てこないんじゃないかと危惧しながら入れるわけだ。とりあえずはDVDがきちんと認識されて、きちんと排出されるんだが、排出のされ方が前みたいにスムーズじゃないのもこういった危惧に拍車をかける。なんだかギコンギコン鳴るのね。まあ頻繁に使うわけじゃないんでよしとしよう……と自分で自分を慰めることにする。
 実は一番の問題は、ドライブじゃなくてキーボードの方に出てきた。要するにすばやくキーを叩いていると認識しないことがあるというもので、T→EとかG→Eとかの順でキーを叩くと、後ろのEを認識しないことがあるんだな。Eが省略されて入力されないってんじゃなくて、その後一切入力を受け付けなくなるというもので、これははなはだ面倒くさい。
 今ちょっと「システム環境設定」の「キーボード」で「キーのリピート速度」を速めに設定したら多少は改善されたが、これで完全に治るかどうかはわからない。「風が吹けば桶屋が儲かる」式に、妙なところに問題が出てきたわけで、正直わけがわからない。あまりひどいようだとキーボード部分まで交換が必要になるかも知れない。といっても、そもそもMacBookのキーボード部分だけが売られているのかも知らないし、値段も想像がつかない。当分はだましだまし使うような感じなのか。
 実は家の水道管も漏れているようで、こちらも早急に何とかしなければならない。いろいろなものが不調だとそれだけで気分が滅入ってくるという暑い夏の日。せめて体調だけでもきちんとしておきたいものです。皆様もご自愛のほど。

参考:
竹林軒出張所『パソコンからレンタルDVDが出てこなくなった話』
竹林軒出張所『暑い夏、俺の相棒はとうとう目を覚まさなくなった』
竹林軒出張所『その後のキーボード問題 -- とりあえず最終章 --』
竹林軒出張所『理由なき反抗 MacBook編』
竹林軒出張所『ディスクは戻ったけれど』
竹林軒出張所『病気になって初めて健康のありがたみを感じる』
竹林軒出張所『DVDレコーダー、動作を停止す』
by chikurinken | 2014-07-25 09:05 | パソコン
<< 『港のマリー』(映画) 『霧の波止場』(映画) >>