ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『LOVE理論』(ドラマ)

LOVE理論(2013年・テレビ東京)
演出:西古屋竜太
原作:水野愛也
脚本:田中眞一、八代丈寛、つじまこと
出演:中村獅童、浜野謙太、秋山竜次、塩谷瞬、橋本奈々未、杉ありさ、Rio、河本準一

中村獅童の怪演に注目

b0189364_7335658.jpg これも『俺のダンディズム』同様、ドラマといっていいのかよくわからないプログラムであるが、とりあえずはドラマ仕立てである。
 冴えないコンビニ店長が、コンビニ・バイトの若者に店長直伝のLOVE理論(恋愛テク)を伝授するという話。普段は冴えないが急に豹変するコンビニ店長を中村獅童、バイトの若者を浜野謙太、秋山竜次、塩谷瞬が演じる。ちなみにこのコンビニ店長、役名は水野愛也という。水野愛也というのは、このドラマの原作に当たる『LOVE理論』の著者名、水野敬也をもじっていると思われる。この水野店長、恋愛体育教師・水野愛也への豹変ぶりがあまりに劇的で、非常にマンガ的であるが、変貌前、変貌後とも中村獅童が怪演している。こんな奇怪な演技ができるのは中村獅童をおいて他にあるまい。
 この水野店長が、恋に悩む3人のコンビニ店員にさまざまなアドバイス、つまりはLOVE理論を講義していくが、具体的には「大変じゃない?理論」(どんな口下手でも「大変だね」だけで会話がつながる魔法言葉)、「執着分散理論」(1人に絞るのではなく5人同時に狙うことで本命に緊張せず話せる)、「うわっつらKINDNESS理論」(55種類の表面的な動作で優しさをアピール)など。どの理論も面白いには面白いが、あまりにテクニカルで、バカバカしいっちゃあバカバカしい。なお、ドラマの中ではどの方法も面白いほどうまく展開するが、それはそれでまた楽しい。
 ともかく獅童の演技がすごく、それだけでも十分このドラマを見る価値があると思う。今回DVD化されたところを見るとそれなりに人気があったことが推測されるが、それを考えると、いずれまたエピソード2が出てくるんじゃないかという気もする。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『俺のダンディズム(ドラマ)』
竹林軒出張所『LOVE理論 (1)(2015年版)(ドラマ)』
竹林軒出張所『顔ニモマケズ(本)』

by chikurinken | 2014-06-27 07:33 | ドラマ
<< 『喰う寝るふたり 住むふたり』... 『フラバー うっかり博士の大発... >>