ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『妻は告白する』(映画)

妻は告白する(1961年・大映)
監督:増村保造
原作:円山雅也
脚本:井手雅人
出演:若尾文子、川口浩、馬淵晴子、根上淳、高松英郎、小沢栄太郎

弁護士が書いた小説が原作の法廷劇

b0189364_7212487.jpg 登山事故に際して夫殺しの容疑をかけられた若妻が主人公の法廷劇。原作は、タレント弁護士でもある円山雅也が書いた同名小説である。
 内容は、弁護士が書いた小説が原作なだけに、法廷シーンは割合よくできている。ただ主人公の若妻(若尾文子)と、彼女が思いを寄せる若い男(川口浩)との絡みにはあまり面白味がない。やけに湿っぽいし、すぐに自殺ネタを持ち出すのは安直に過ぎないかと思う。とは言え、映画としてはよくまとまっていて見所も随分あった。特に若尾文子が濡れ鼠で現れるシーンは不気味で良い。川口浩も相変わらずちょっととぼけた演技で味がある。
 川口浩と若尾文子は、二人とも大映の看板だったこともあり、この映画を含めよく共演している。個人的には、小津安二郎の『浮草』の印象が強烈であるが、共演作が10本くらいはあるんじゃないかと思われる。この映画の若尾文子は少々湿っぽすぎてあまり良いとは思わないが、ご本人にとっては『清作の妻』と並んで印象に残る作品だったらしい(DVD収録のインタビューより)。
 キャストは芸達者な人が多く、特に小沢栄太郎は、相変わらず、傲慢で歪んだ性格の人物を好演している。この人はどの映画を見てもこういう悪人を演じているような印象があり、私生活でもそうなのか知らんと思ってしまうほどである。何でも実際は女性問題が多かったらしく、意外に色男だったようだ。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『巨人と玩具(映画)』
竹林軒出張所『卍(映画)』
竹林軒出張所『刺青(映画)』
竹林軒出張所『雁の寺(映画)』
竹林軒出張所『祇園囃子(映画)』
竹林軒出張所『ぼんち(映画)』

by chikurinken | 2014-06-17 07:21 | 映画
<< 『氾濫』(映画) 『「ニッポン社会」入門―英国人... >>