ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『地方発ドキュメンタリー』(ドキュメンタリー)

島根県の限界集落ドキュメンタリー、2本

地方発ドキュメンタリー「花桃の里にいらっしゃい」(2013年・NHK)
NHK総合

b0189364_815104.jpg 島根県邑南(おおなん)町の川角(かいずみ)地区はすでに限界集落で、今では13人の老人しか住んでいない。
 住民は、耕作放棄地に花桃の木を植え、年に1回、花桃をテーマにした祭りを開く。このときばかりは大勢の人がよその町からやってきて、人が少ないこの地域も大勢の人で賑わう。そして彼らを迎えるため、住民はさまざまな準備にいそしむ。そのときの様子を中心に、消えゆく村の今の姿を捉えたのがこのドキュメンタリーである。
 限界集落の問題、高齢化の問題、身近なコミュニティなどさまざまなテーマについて考えさせられる番組で、見所も非常に多いが、一方でナレーションが非常に軽く、ここで照らし出されている問題と噛み合わない印象で、少々違和感がある。
 これも『秩父山中 花のあとさき』みたいに今後も定点観測を続けて取材を進めていき続編、続々編を作っていけば、村の人々の個性や抱える問題などもより一層あぶり出されてきて、面白い存在になるんじゃないかと思う。ただそのときは、異様に軽いナレーションだけは避けていただきたいが。
★★★☆
--------------------------

地方発ドキュメンタリー「桜の里からの手紙」(2013年・NHK)
NHK総合

b0189364_8151524.jpg これも上の『花桃の里にいらっしゃい』に非常によく似た題材で、こちらの限界集落、島根県益田市の金谷(かなだに)地区は、残っている人がすでに3人になってしまっている。同じ『地方発ドキュメンタリー』枠で、しかも同じ島根県の山間。しかも村の状況まで似ていて、取り上げる素材が、年に1回の祭りのための準備という何から何までそっくりの双子ドキュメンタリーである。
 この村、先ほども書いたようにすでに住人が3人だけになっているが、かつては200人以上いて、この地区にかつてあった小学校にも60人以上の子供達が通っていたという。だが子供達は村を離れ、残った高齢者も、ある人は逝き、ある人は高齢のために町の施設に移っていくという具合で、現在は91歳、81歳、77歳の3人の女性が残っているだけである。
 この地の人々も、上の「花桃の里」と同じように、かつて耕作放棄地に桜とゆずの木を植え、ゆずをこの地の特産品にした。一方で桜は毎年春、花をつけ、今ではこの時期になると桜祭りが開催され、外の人も訪れてくる。このときだけは、いつものんびりした暮らしを送る住民の周辺も賑やかになる。彼ら自身も特産のゆずジャムを製造販売したりして、祭りを盛り上げる側に回る。
 今年は、かつてこの村に住んでいた人にも招待状を送ったこともあって、多数の元住民が集まり、旧交を温めた。その様子がカメラに収められる。タイトルの「桜の里からの手紙」が指しているのはこの招待状のこと。
 このドキュメンタリーでもっとも意識させられるのは、コミュニティが1つ消えつつあるという事実である。
 不便な地域で、もちろん嫌な人間関係、過酷な労働もあっただろうが(住民の一人が「状況を知っていたら嫁いでこなかった」と語っていた)、しかし住民が協力しあって生活を成り立たせようとしてきた歴史みたいなものが垣間見える。人間としての暖かみみたいなものが感じられるというのか、日本の非常に良い面がそこにあったような気がしてくるのだ。そしてそれが今逝こうとしている。3人の村人は、まさにそれを見とろうとしているかのようである。
 一方でこの地区を心ならずも離れた99歳の元区長(涙ながらに「帰れるものなら帰りたい」と訴えていた)など、遠く離れながらもそこに思いを寄せる人々もいる。彼らもこの村の最後の立ち会い人である。人々にはさまざまなドラマがあり、その人々がコミュニティを成立させていたのだということがわかる。だがこうしてまた一つ「日本の面影」が無くなっていく。こうした日本の原風景的コミュニティが逝ってしまう様子が捉えられた貴重な映像がこのドキュメンタリーの核になっている。
 なお語りは木村多江で、「花桃の里にいらっしゃい」に比べるとはるかに抑えたナレーションになっていて非常に良い。音楽も良い味わいを出す役割を果たしていた。
★★★★

追記:実はこの村のドキュメンタリーは6年前にも作られており、このあたりも『秩父山中 花のあとさき』と共通している。6年前には住民は7人いてそれが今は減っているという点、花の木を植えて外の住民を呼び込むという試みまで共通である。『花桃の里にいらっしゃい』も含めて、同じようなドキュメンタリー番組がNHKで何本も作られているという、そういう話であった。

参考:
竹林軒出張所『秩父山中 花のあとさき ムツばあさんの秋(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『タイマグラばあちゃん(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『島の命を見つめて 豊島の看護師・うたさん(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『五島のトラさん(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2013-06-15 08:18 | ドキュメンタリー
<< 『風に吹かれてカヌー旅』(ドキ... 『びんぼう一代 〜五代目古今亭... >>