ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『知りすぎていた男』(映画)

知りすぎていた男(1956年・米)
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原案:チャールズ・ベネット、D・B・ウィンダム=リュイス
脚本:ジョン・マイケル・ヘイズ、アンガス・マクファイル
音楽:バーナード・ハーマン
出演:ジェームズ・スチュワート、ドリス・デイ、ラルフ・トルーマン、ダニエル・ジェラン

ヒッチコック節炸裂、エンタテインメント満載

b0189364_8371251.jpg 今回見るのは2回目だが、内容はほとんど忘れていた。印象に残りにくいと言えば確かに残りにくい映画である。しかし内容は密度も濃く、ストーリーもしっかりしていて、しかもヒッチコックらしくハラハラドキドキの要素も随所に散りばめられている。ヒッチコックらしいと言えば、善良な1市民が知らないうちにややこしい事件に巻き込まれているという展開もいかにもそれらしい。ちなみにこの映画はリメイクで、最初に作られたのは1934年の『暗殺者の家』。これも30年近く前に見たがほとんど憶えていない。
 さて内容は、モロッコのマラケシュに赴いたアメリカ人医師家族に降りかかる災厄ということで、マラケシュとロンドンの両方に渡って事件が展開していく。妻役はなんと、「ケ・セラ・セラ」でお馴染み、歌手のドリス・デイ。映画の中では元歌手という役柄で、「ケ・セラ・セラ」も何度か歌う。「ケ・セラ・セラ」も効果的に使われていて違和感はない。映画自体エンタテインメント色が強いが、ドリス・デイの歌でも愉しませようという、サービス精神満点の映画になっている。映画やドラマに食傷気味のときはやはりヒッチコックの映画に限る。
 なお、恒例のヒッチコック自身のカメオ出演だが、モロッコでの市場のシーンで、見物客の中に後ろ姿で混ざっていた。最初見たときは気が付かなかった。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『巨匠たちの肖像 ヒッチコック(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『レベッカ(映画)』
竹林軒出張所『マーニー(映画)』
竹林軒出張所『サイコ(映画)』
竹林軒出張所『泥棒成金(映画)』
竹林軒出張所『めまい(映画)』
竹林軒出張所『ロープ(映画)』
by chikurinken | 2013-04-16 08:38 | 映画
<< 『仲代達矢が語る 日本映画黄金... 『ローマの休日』(映画) >>