ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『タバコ・ロード』(映画)

b0189364_8401840.jpgタバコ・ロード(1941年・米)
監督:ジョン・フォード
原作:アースキン・コールドウェル
原作戯曲:ジャック・カークランド
脚本:ナナリー・ジョンソン
出演:ダナ・アンドリュース、チャールズ・グレープウィン、ジーン・ティアニー

クレイジーな騒々しさが不快

 同名タイトルの有名な戯曲の映画化ということらしい。
 アメリカの没落農民が主人公で、喰うのにも困っている一家の話。出てくる登場人物は、強欲で怠け者、かつきわめて騒々しい。僕はこの異様な騒々しさで気分が悪くなった。そんな一家がただ一つ頼っているのが痩せ果てた土地で、これがこの家族の唯一のよすがである。ただ、何かを植えて収穫しているという様子は最初から最後まで見えない。それでもこの土地が取り上げられるという話になって、主人公の農夫はあたふたする……という、そういう話。
 見る前は、同じ監督の『怒りの葡萄』みたいな社会派の映画かと思っていたんだが、全体が喜劇タッチで、それになんと言っても登場人物のがさつさ、騒々しさが非常に不快で、もう我慢の限界を超えている。ストーリー展開もまったく面白いと思わなかった。90分弱の話だが、途中何度もやめようと思ったほどである。「辟易する」という言葉がぴったりで、なんでこんな作品がたびたび舞台に掛けられているのかよくわからない映画だった。アメリカ人はこういう話が好きなのかしらん?
★★

参考:
竹林軒出張所『荒野の決闘(映画)』
竹林軒出張所『駅馬車(映画)』
竹林軒出張所『黄色いリボン(映画)』
竹林軒出張所『リオ・グランデの砦(映画)』

by chikurinken | 2013-04-02 08:41 | 映画
<< 『クリーンテクノロジーは地球を... 『国会議員とカネ 元政策秘書が... >>