ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』(映画)

昭和残侠伝 唐獅子牡丹(1966年・東映)
監督:佐伯清
脚本:山本英明
音楽:菊池俊輔
出演:高倉健、池部良、三田佳子、津川雅彦、芦田伸介、保積ペペ

シェーンがカムバックしたような西部劇的任侠映画

b0189364_8201770.jpg 東映の任侠映画、『昭和残侠伝』シリーズの第2作目。イイモンがワルモンをやっつけるというストーリーの娯楽作である。
 例によって、ワルモン一味が(殺人を含む)嫌がらせをあれやこれや仕掛けてきて、イイモンは耐え続けるが最終的に堪忍袋の緒が切れて、破滅的行為に出るというストーリーである。そのまま西部劇にできるようなストーリーで、全体的に『シェーン』のような展開である。途中、『無法松』のような味付けも入る。
 北関東の石切場が舞台で、石切場の利権が絡んだ抗争という設定だが、設定はしっかりしていて違和感はない。娯楽映画だからどうのこうの言うことはあまりないんだが、登場人物は割合簡単に死んでいく。凝った演出も一部あるが、どことなく娯楽映画特有の、ゲームのような軽さもある。まあでも、あれこれ言わず愉しみながら見るのが吉なんだろう。
 滅法強い主人公の花田秀次郎を演じるのは高倉健。キャラクターは、その後の健さん映画に共通する真面目で寡黙な男だが、若い頃の高倉健はどこかケンがあって危ない感じがある。秀次郎が心を惹かれる若奥様が三田佳子、秀次郎と共闘する侠気のあるタフガイが池部良と、こちらも「ザ・定番」のキャスティングである。また、秀次郎に絡む子役は、後の青春映画の常連、保積ペペ。子どもなりの棒読み演技でどうってことないが、保積ペペがこんなところに出てきたことに少々意表を突かれた。
★★★

参考:
竹林軒出張所『昭和残侠伝 死んで貰います(映画)』
竹林軒出張所『ザ・ヤクザ(映画)』
竹林軒出張所『冬の華(映画)』
竹林軒出張所『網走番外地(映画)』
竹林軒出張所『追悼 高倉健』
by chikurinken | 2013-01-23 08:21 | 映画
<< 『愛の風は風力3』(本) 『荒野のガンマン』(映画) >>