ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『ウィンチェスター銃'73』(映画)

ウィンチェスター銃'73(1950年・米)
監督:アンソニー・マン
原作:スチュワート N. レイク
脚本:ロバート L. リチャーズ、ボーデン・チェイス
出演:ジェームズ・スチュワート、シェリー・ウィンタース、スティーヴン・マクナリー、チャールズ・ドレイク、ミラード・ミッチェル

b0189364_8201525.jpgサービス精神旺盛な西部劇

 いろいろな要素を詰め込んだ、サービス精神旺盛な西部劇。OK牧場のワイアット・アープまで登場する。
 基本は復讐譚で、主人公のリン(ジェームズ・スチュワート)が父の敵を討つという展開だが、いろいろなエピソードが盛り込まれているため、先が読みにくくなり、多少混乱した印象も残る。だがそれでも十分楽しめるし、終わりに近付くにつれて話が一点に収束していくため、展開自体に違和感はない。またモノクロ映像に非常に味があって、白黒のコントラストが強く、アンセル・アダムスの風景写真を彷彿させるような美しいものだった。
 実はこの映画に興味を持ったのは、井上ひさしの小説『青葉繁れる』の中で話題にされているためで、その中で「ウィンチェスター銃を狂言回しにして云々」という批評が出てくるわけ。そういうこともあって、随分長いこと見てみたいと思っていたのだった。『青葉繁れる』以外ではほとんど聞いたことがないタイトルだったためB級映画の類かと思っていた。B級映画となるとなかなか見る機会もないものだが、今回NHK-BSで放送されたんで、お目にかかることができたという、そういう話である。もっともよくよく調べてみるとDVDも何度も再発されているようで、存外有名な映画なのかも知れない。内容も決してB級とは言えないほどよくできた映画だった。恐れ入りました。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『荒野の決闘(映画)』
竹林軒出張所『リオ・グランデの砦(映画)』
竹林軒出張所『荒野のガンマン(映画)』
by chikurinken | 2013-01-21 08:21 | 映画
<< 『荒野のガンマン』(映画) 『時にはいっしょに』(1)〜(... >>