ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『リオ・グランデの砦』(映画)

b0189364_8171134.jpgリオ・グランデの砦(1950年・米)
監督:ジョン・フォード
原作:ジェームズ・ワーナー・ベラ
脚本:ジェームズ・ケヴィン・マッギネス
出演:ジョン・ウェイン、モーリン・オハラ、ベン・ジョンソン、クロード・ジャーマン・Jr

 ジョン・フォードの西部劇。今回見るのが2回目のはずだが、内容はまったく憶えていなかった。ちなみに今回見たのも数日前だが、すでに結末がなかなか思い出せないでいる。西部劇はなんとなくそういうところがあって、よほど印象深いもの以外、すっかり忘れてしまう。娯楽作品なので印象が薄いのか、それともストーリーや演出が安直なせいか……。
 この映画も親子関係なんかが盛り込まれていてそういう点は新しいが、基本線は先住民とドンパチやらかすという恒例の展開である。ちなみにタイトルのリオ・グランデというのはアメリカとメキシコの国境を流れる大河で、この映画はその付近の砦に駐屯する騎兵隊の話である。南北戦争の北軍に対する憎悪がセリフの端々に感じられるが、そういう点で保守的傾向の強い観客向けだったのだろうかと思ったりした。敵の人格も一切鑑みないし、一部の主役クラスの人以外、まったく人格が感じられないような演出は、例によってご都合主義的にも映る。西部劇なんだからアクションを楽しんだら良かろうという見方もあると思うが、やはりどうしてもそういう部分が引っかかってしまう。ちなみにアクションについては、ジョン・フォードらしく大変迫力があった。『駅馬車』を彷彿とさせるようなシーンもあった。もっとも、『駅馬車』にしても内容はあまり憶えていないんだが。
★★★

参考:
竹林軒出張所『荒野の決闘(映画)』
竹林軒出張所『駅馬車(映画)』
竹林軒出張所『黄色いリボン(映画)』
竹林軒出張所『ウィンチェスター銃'73(映画)』
竹林軒出張所『荒野のガンマン(映画)』
by chikurinken | 2012-11-21 08:17 | 映画
<< 『零の発見 ―数学の生い立ち―... 『スプリット 二極化するアメリ... >>