ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『殺人狂時代』(映画)

b0189364_14264049.jpg殺人狂時代(1967年・東宝)
監督:岡本喜八
原作:都筑道夫
脚本:小川英、山崎忠昭、岡本喜八
美術:阿久根巌
出演:仲代達矢、団令子、天本英世、砂塚秀夫

 「殺人狂時代」と言っても、『チャップリンの殺人狂時代』ではなく、岡本喜八の『殺人狂時代』。
 一種のハードボイルドなんだろうが、コミカルな要素もちりばめられている。ストーリーはあまりに荒唐無稽で、『キイハンター』や『仮面ライダー』を思わせるもの。悪の秘密結社に狙われる主人公が、超人的な技と頭脳で難局を切り抜けていくという話。思わず「ないない」とツッコミを入れたくなるような、ご都合主義的な要素があふれる展開である。秘密結社の総裁は天本英世! 後に『仮面ライダー』で演じた死神博士の原型とも言えるマッド・サイエンティストを演じる。この天本英世と仲代達矢は好演で存在感を見せつけていたが、後はさして見所もなく、たわいのないエンタテイメントに堕してしまった(しかも大して面白く感じなかった)という印象しか残らなかった。なお、最後の方に登場する「スペイン式決闘」は、スペインびいきの天本氏の発案らしい(彼の著書『日本人への遺言』の情報)。
★★☆

参考:
竹林軒出張所『日本人への遺言(本)』…天本英世のエッセイ!
竹林軒出張所『仲代達矢が語る 日本映画黄金時代(本)』
竹林軒出張所『殺人狂時代(映画)』
竹林軒出張所『日本のいちばん長い日(映画)』
竹林軒出張所『ダイナマイトどんどん(映画)』
by chikurinken | 2012-02-15 08:50 | 映画
<< 『キルトの家』(ドラマ) 石川英輔の本、5冊 >>