ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『江戸時代はエコ時代』(本)

b0189364_985175.jpg江戸時代はエコ時代
石川英輔著
講談社文庫

 これも石川英輔の江戸本で、先日紹介した『大江戸庶民いろいろ事情』(竹林軒出張所:『大江戸庶民いろいろ事情(本)』を参照)と同様、いろいろな雑誌で書いた記事を集めたエッセイ集みたいなもので、ほとんどが過去の著作の焼き直しみたいな内容であった。初出が書かれていないのも『いろいろ事情』と同様である。また、タイトルの「江戸時代はエコ時代」は、最初に掲載されているエッセイのタイトルであって、この本全体の内容を反映するものではない。
 前半はそれこそ短いエッセイの寄せ集めみたいなもので、後半は比較的長めのしっかりした記述になっている(「江戸庶民の消夏法」と「江戸の金遣いに学ぶ」)。ただし、ほとんどの事項がこれ以前の「大江戸事情」シリーズですでに紹介済みである。札差と武士との関係についての記述は目新しい(気がした)が、後は『大江戸生活事情』『大江戸ボランティア事情』でおおむね既述の事項である。またその後の2つの対談もあまり面白味がなく、特に養老孟司との対談はまったく話がかみ合っておらず、対談として見てもデキが悪い。
 もちろん内容的には蘊蓄に富んでいて面白く、この本で初めて石川英輔の著書に接したんであればおそらく楽しめるだろうと思うが、本としての作りに少し安易さを感じたのである。他の石川の諸作と比べると完成度でも充実度でも劣ると言える。やはり石川英輔は「大江戸事情シリーズ」に限る。
★★★

参考:
竹林軒出張所『石川英輔の本、5冊』
竹林軒出張所『ニッポンのサイズ 身体ではかる尺貫法(本)』
竹林軒出張所『実見 江戸の暮らし(本)』
竹林軒『書籍レビュー:江戸の新発想』
竹林軒出張所『大江戸庶民いろいろ事情(本)』
竹林軒出張所『ニッポンの旅 江戸達人と歩く東海道(本)』
by chikurinken | 2012-02-13 09:09 |
<< 石川英輔の本、5冊 『にっぽん 微笑みの国の物語 ... >>