ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『神様の女房』(1)〜(3)(ドラマ)

神様の女房(2011年・NHK)
演出:黛りんたろう
原作:高橋誠之助
脚本:ジェームス三木
出演:常盤貴子、筒井道隆、松本利夫、秋野暢子、石倉三郎、野際陽子、津川雅彦

b0189364_7521685.jpg ベテラン・ライター、ベテラン演出家による手堅いドラマ。原作は、高橋誠之助の小説『神様の女房 もう一人の創業者・松下むめの物語』で、「経営の神様」松下幸之助の妻、松下むめのの視線による松下電器創業話らしい。
 ドラマは手堅くできており特に破綻はないが、全体に説明的で、松下電器の社史にでも載っていそうな展開になっていく(特に後半)。そのためドラマ的な面白さは比較的少ない(これも特に後半)。結局のところサクセス・ストーリーに落ち着き、失敗を重ねながらも最終的に成功を勝ち取るというありふれた展開になっていくのは、まあいたしかたないところか。ベタな表現があまりなかった点は、ベテラン作家の良識と言えよう。
 常盤貴子、筒井道隆の主役陣は悪くはないがあまり面白さもなく、他のキャストも可もなく不可もなくといったところ。唯一光を放っていたのは、むめの(幸之助の妻)の父役の津川雅彦で、非常に良い味を出していた。こちらもやはりベテラン。
★★★
by chikurinken | 2012-01-30 07:54 | ドラマ
<< 『手塚治虫クロニクル 1946... 『君の名は 第1部』(映画) >>