ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『女の園』(映画)

b0189364_11461446.jpg女の園(1954年・松竹)
監督:木下恵介
原作:阿部知二
脚本:木下恵介
出演:高峰秀子、久我美子、高峰三枝子、岸恵子、田村高広、東山千栄子

 京都の女子大を舞台にした学生紛争の話。原作は阿部知二の『人工庭園』で、京都女子大で実際に起こった事件がモデルだとかつてどこかで聞いたことがあるが真相はわからない(確証がとれなかった)。
 大学当局から抑圧的な扱いを受ける学生たちが処遇の改善を求めて立ち上がるというストーリーで、女子学生たちが人間性を抑圧されて、それに対応していく過程を描く。
 描写方法はありきたりではなく、個人レベルで掘り下げられており、本当にモデルがあるのではと思わせるようなリアリティが細部にある。執念や情念も渦巻いていて、人間同士のぶつかり合いの迫力も木下恵介ならではと言える。
 ただ、今の感覚からすると全体の展開が少し間延びしている印象があり、2時間20分は少し長く感じる。見ていて途中かなり飽きていたのも事実である。演出は正攻法であるが、キャストの演技は少し古くささを感じた。
 主演女優陣は、高峰秀子、久我美子、岸恵子、高峰三枝子と超豪華で、公開時もこの辺が話題になったようである。
★★★

参考:
竹林軒出張所『制服の処女(映画)』
竹林軒出張所『いまを生きる(映画)』
竹林軒出張所『独立少年合唱団(映画)』
by chikurinken | 2012-01-22 11:46 | 映画
<< 『金正日 隠された戦争』(本) 『年賀状の戦後史』(本) >>