ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

将棋の解説者

b0189364_1457292.jpg ある日曜日の午前、ヒマをもてあましてテレビのチャンネルを変えていると、NHK教育テレビである女性が
「日曜日のひととき将棋トーナメントでお楽しみください」と言っていた。そのとき、日曜日の朝から誰が将棋なんか見るんだよと思ったものだが、それから十数年経った今、僕がこの将棋トーナメントをテレビで見る立場になった。
 『シリコンバレーから将棋を観る』(梅田望夫著、中央公論新社刊)という本で、「指さない将棋ファン」(対局を観て楽しむ将棋ファンのこと)が提唱されており、これがさまざまな層で賛同を集めたという。一般的に将棋ファンといえば、人と対局することを楽しむ人々を指すが、プロの対局を観戦して楽しむファンもいて良いじゃないかという発想で、同じような考えを持つ人も多かったようだ。
 かく言う僕もその一人で、アマチュア有段者でありながら実戦は非常に弱い。ただテレビの将棋対局は非常によく観ており、先述のNHKトーナメント以外にも銀河戦も見ているので、大体週に3局は見ていることになる。
 将棋に興味がない人にはまったく魅力はわからないだろうが、見ていれば結構面白さもわかる。ただ、僕も見始めて3年近くになるが、いまだに戦術や戦略についていけないことが多い。スポーツ中継の場合、これくらいの頻度で見ていれば、おおむね理解できるものだが、やはり将棋は奥深いということなのだろう。プロ棋士の思考なんて遙か彼方の世界である。そこで、対局中継にプロの解説者が必要になるわけである。
 対局の内容が良くても、解説者があまりうまくないと、見る方としては面白くない。対局がすばらしくて、解説が適切かつ面白いというのがベストである。というわけで、将棋中継において解説者が占める役割は非常に大きい。
b0189364_156336.jpg こういう次第で、このたび、僕が考える将棋解説者ベスト5というのを発表しようということになった。こんなランキングが何になると聞かれても困るのだが、将棋中継を見る際の参考くらいにはなるんじゃないかな。なにしろ日本人は江戸の昔からランキングが好きだから。

1. 木村一基八段
2. 中川大輔七段
3. 福崎文吾九段
4. 井上慶太八段
5. 豊川孝弘七段

 独断ではあるが、木村八段や福崎九段はオモシロ解説にすでに定評があるところで、多くの将棋ファンに同意いただけると思う。また、中川七段は、僕が将棋中継を毎週見るきっかけになった解説者であり、切れ味鋭い語り口が魅力的である。このランキングはいわば暫定順位で、今後随時変動することになる。ま、誰も期待してないだろうが。

参考:
竹林軒出張所『将棋中継の聞き手』
竹林軒出張所『聖の青春(本)』
竹林軒出張所『聖 ― 天才・羽生が恐れた男 (1)〜(7)(本)』
竹林軒出張所『シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代(本)』
竹林軒出張所『運命の一手 渡辺竜王 VS 人工知能・ボナンザ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『棋士VS将棋ソフト 激闘5番勝負(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『藤井聡太 14才(ドキュメンタリー)』


by chikurinken | 2009-06-24 15:15 | 日常雑記
<< 『シリコンバレーから将棋を観る... 『カフカの「城」』(映画) >>