ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『日本沈没 –希望のひと–』(1)〜(5)(ドラマ)

日本沈没 – 希望のひと – (1)〜(5)(2021年・TBS)
原作:小松左京
脚本:橋本裕志
演出:平野俊一、土井裕泰、宮崎陽平
出演:小栗旬、松山ケンイチ、杏、ウエンツ瑛士、風吹ジュン、宮崎美子、杉本哲太、石橋蓮司、仲村トオル、香川照之

ドラマにダイナミズムが欠けているため
見続けるのが苦痛


『日本沈没 –希望のひと–』(1)〜(5)(ドラマ)_b0189364_16592254.jpg 今さらながらの『日本沈没』がリメイクされて放送されている。
 主人公は、環境省の高級官僚、天海(小栗旬)、それに絡むのが、記者の椎名(杏)、首相(仲村トオル)、田所博士(香川照之)などである。田所博士は、前の映画版『日本沈没』、ドラマ版『日本沈没』で小林桂樹が演じて、なかなかの迫力だったんだが、今回は香川照之がややコミカルに演じている。それにしゃべり方も奇妙で、相当違和感がある。演技も大げさでいけない。
 (1)〜(5)では、田所が、関東が沈没するという説を唱えるところから始まる。政府側はなかなか動こうとしないが、高級官僚の天海が、首相周辺を動かし、関東住民の避難を開始させる。同時に天海は、そのスタンドプレーが顰蹙を買い役職を解かれるが、その直後に東京の近海部に異変が起こり、沈没を始める。早期の避難計画が功を奏し、被害は少なめに抑えられる。結果的に、天海は再び日本未来推進会議(被害対策を練っていた首相直属の機関)に迎え入れられるというストーリー。
 ストーリーは、それなりにまとまっているが、基本的に原作である程度ラインが決められており、パニック映画だから概ねその通りに動くはずで、意外性はまったくない。それよりも、とにかく話がまだるっこしくて、さっさと前に進ませろやと感じることが多い。第1回目は途中早送りして見ていたほどである(後で元の位置に戻して見直したが)。
 演出は(本当に)ありきたりで、鼻に付く演技も多い。キャストもあまり魅力を感じない。セリフも面白味がない。脚本もつまらない……と言い切ってしまおう。それに途中挿入される音楽も、非常にわざとらしくて、感動を強要しようとしているのか知らんが、逆にとても白けてしまう。演出も、演技も、脚本も、音楽もどれをとっても低水準で、ドラマの全般的な水準が以前に比べてものすごく落ちていると感じる。
 唯一の見所は災害シーンで、こちらはSFXを駆使した見事なものだった。映画版や旧ドラマ版との最大の違いである。むしろこのあたりを前面に押し出し、パニックドラマとしてどんどん推し進めていってくれたらもう少し面白いドラマになったかも知れないが、全編ヌルヌルした澱んだ状態で進んでいて、見所が少ない。おそらく今後も、こういったヌルヌルで進んでいくんじゃないかと思う。後はパニックシーンだけダイジェストで見ようかなと思っている。
★★★

参考:
竹林軒出張所『日本沈没(映画)』
竹林軒出張所『リメイクもういらん党宣言』

# by chikurinken | 2021-11-29 06:58 | ドラマ

『天上の虹 (1)〜(11)』(本)

天上の虹 (1)(11)
里中満智子著
講談社漫画文庫

里中満智子、渾身の作品
まさにライフワーク


『天上の虹 (1)〜(11)』(本)_b0189364_12162495.jpg 持統天皇を主人公に据え、父の天智天皇、夫の天武天皇の時代から持統朝に至るまでを描いた大河歴史マンガ。持統天皇の一生が物語の中心であり、その周囲で起こる歴史的な出来事が、持統天皇の視点から描かれていく。作者は、歴史マンガや古典文学マンガが目下のライフワーク(だと思う)の里中満智子。
 主人公は、讃良(さらら)、つまり後の持統天皇である。中大兄皇子(後の天智天皇)の皇女として生まれ、やがて政略的な意味もあって、中大兄皇子の弟の大海人皇子(天武天皇)に、姉、大田皇女ともども嫁がせられる。結婚生活は幸福なものであるが、大海人からの愛に物足りなさを感じたりする日々である。
 父はその後、天智天皇として即位し、武断政治を断行。政敵を次々に排除しながら中央集権的な政治組織を作ろうとするが、志半ばで死去。その跡継ぎとして息子(つまり讃良の弟)の大友皇子が台頭するが、讃良の夫、大海人皇子に責められて敗死、結局、大海人皇子が次期天皇、天武天皇として即位する。その後、皇后として天武天皇を支え続けるが、夫・天皇はやがて死去。自身の息子、草壁皇子を次期皇位に据えるべく努力するも、姉(大田)と夫(天武)の息子、つまり義理の息子(このあたりややこしいんだが)の大津皇子がクーデター未遂を起こして結果的に敗死、草壁もその後、精神を病んでしまうなどで、結局自身が天皇として即位することになる(持統天皇)。持統天皇は、草壁の息子、つまり孫である珂瑠(かる、後の文武天皇)を次期天皇に据えるために奔走するが、そのためにまた多くの犠牲者が出ることになる。結局、政敵の打倒で政治の混乱を招く、つまり父と同じことを繰り返すことになり、それについて悩むというようなストーリー展開になる。
 ストーリー自体はよくできており、よく練られていると感じる。かなりの部分、現在の定説に基づいており、よく取材していると感じる(なんでも当たった資料は1300冊を超えるらしい)。僕自身は、多元史観を支持しているため、これが事実に近いとは思わないが、現在主流となっている歴史観からすると、ど真ん中の歴史解釈である。それでも、読者から、持統天皇の描き方がおかしいとか、歴史解釈が間違っているとか、いろいろな投稿が来たらしい。自分の思い込みこそが正しいと決めてしまう、困った人たちが多いということの証左なんだろうが、そういう人は、自分の意に沿わない歴史本は最初から読むべきではないのであって、こんな投書をしてくること自体、お門違いも良いとこなのである。
 また、『万葉集』に登場する人物やエピソード(たとえば額田王や大津皇子)も物語のあちこちに盛り込まれていて、しかもそれを歴史事実の一部として取り込んでいるあたりも、ストーリーの工夫を感じる。どれも良いエピソードばかりで、元々『万葉集』に関心があったことがこの作品の製作の動機……という話も十分頷ける話である。こちらももう一つの見所である。
 ドラマとしては、登場人物たちが自身の行動について悩む様子もよく描かれていて、等身大の存在感があって良い。ただ、どの登場人物についても恋愛関係が中心に据えられてしまい、僕などはそれが少し鬱陶しさを感じる。もちろんこの作品自体、元々少女マンガなので、そういう部分がなければダメなんだろうし、著者自身、そういうところを描きたかったんだろうとも思う。こういう部分は、結局のところ、嗜好の違いというところに落ち着くわけだ。
『天上の虹 (1)〜(11)』(本)_b0189364_12162756.jpg また、話が大河的に進むため、人物関係がわかりやすいというのもこのマンガの良いところである。先ほども少し触れたが、この時代の上流社会は近親婚が多いため、とにかく人物関係が複雑怪奇で、系図を見ただけでは関係がにわかにわからないんだが、そのあたりは自分なりに整理できたと思う。この作品のおかげである。
 最大の難点は、それもかなり致命的な難点なのだが、登場人物の描き分けがなされていないところで、登場人物はことごとく同じ少女マンガ顔であるため、なかなか区別できない。髪型とか装飾が違っていてそれである程度描き分けられてはいるが、ある登場人物がしばらく間をおいて出てくると、誰だったかまったくもって認識できない。里中満智子に限らず、(かつて主流だった)少女マンガは、大体そういうところがあるが、この作品は特に登場人物が多く人物関係も複雑であるため、ややこしさは最高レベルである。
 なお、この物語、元々作者が描きたかった素材だったらしいが、読者受けする可能性が低い題材であるため、当初は連載の話もなかなか進まなかったらしいが、いざ連載が始まると人気が出て、そのまま連載継続するということになった。だがその後、掲載誌が変わったり廃刊になったりして連載が途絶えるという憂き目にもあったらしい。ところが、著者の執念が凄まじかったせいだかわからないが、結局、残りの部分は書き下ろしで完結させたというんだからすごい(コミック版で数巻分)。こうして、本作は、里中満智子のライフワークと言える大作に仕上がったのだった。その後、この物語に続く話として、『長屋王残照記』を描き、さらにその後の時代を『『女帝の手記』として描いた。都合100年以上の歴史を見事描ききったのであった。
 この作品は、あまりに長いため、元々読むつもりはなかったのだが、著者が書き下ろしで完結させたという話を聞いてにわかに興味が出たため、古本を買って読んでみたというわけである。歴史解釈についてはあまり賛同できないが、物語としては非常によくできており、古代史に興味のある人であれば十分読む価値があると思う。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『長屋王残照記 (1)〜(3)(本)』
竹林軒出張所『女帝の手記 (1)〜(5)(本)』
竹林軒出張所『マンガ古典文学 古事記 壱(本)』
竹林軒出張所『まんがで読破 旧約聖書(本)』

# by chikurinken | 2021-11-26 07:15 |

『女帝の手記』(1)〜(5)(本)

女帝の手記 (1)(5)
里中満智子著
里中プロダクション

孝謙天皇と道鏡のイメージを覆すストーリー

『女帝の手記』(1)〜(5)(本)_b0189364_10004301.jpg 孝謙天皇(称徳天皇)を主人公に据え、藤原仲麻呂や道鏡らが登場する異色の時代を描いた歴史マンガ。作者は、『天上の虹』『長屋王残照記』の里中満智子。
 時代背景となるのは、『天上の虹』の持統天皇、『長屋王残照記』の長屋王の時代に続く時代で、この3作で一続きの大河物語であると見なすこともできる。そのため『長屋王残照記』に出てきた登場人物も、本作には多数登場する。
 なんせ孝謙天皇が強烈な個性(という印象を与える)であるため、物語になりやすい素材ではある。孝謙天皇の時代、天皇と良好な関係を築いた藤原仲麻呂が台頭し政治の実権を握るが、後に天皇は道鏡という僧を寵愛し、藤原仲麻呂を攻め滅ぼす。その後、道鏡を次期天皇の地位にまで就けようとするが、これは和気清麻呂らに阻止され、逆ギレして(というふうに映る)和気清麻呂の名前を別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)と改名させて流罪にするなど、やりたい放題に映る。今の歴史では、かなりの汚れ役として位置付けられているが、里中満智子は、仲麻呂に代表される藤原氏の野心の犠牲になった悲劇の女帝という描き方をしている。
『女帝の手記』(1)〜(5)(本)_b0189364_10004956.jpg また一般的には道鏡も怪僧のイメージでスキャンダラスに扱われるが、このマンガでは、藤原仲麻呂の暴走を防ぐために、孝謙天皇から重用された、美しい心を持つ僧という描かれ方で、異色である(ただし、やはり両者の間には恋愛関係がある)。しかし歴史の流れの点では整合性がとれており、一編の物語として十分楽しむことができる。逆に、このマンガのような捉え方もできるのではないかとか、少なくとも藤原仲麻呂については、このマンガのイメージが実像に近いのではないかとか考えてしまう。そういう点でもよくできたストーリーと言えるのではないだろうか。
 今回は、全巻、電子書籍で読んだが、それほど不自由なことはなかった。このマンガは質が高いんで書籍版を買っても良かったと思うが、一般的な読み捨てのマンガについては、電子書籍でチャッチャッと読んでしまうのもありではないかと感じた。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『天上の虹 (1)〜(11)(本)』
竹林軒出張所『長屋王残照記 (1)〜(3)(本)』
竹林軒出張所『マンガ古典文学 古事記 壱(本)』
竹林軒出張所『まんがで読破 旧約聖書(本)』

# by chikurinken | 2021-11-24 07:59 |

『長屋王残照記』(1)〜(3)(本)

長屋王残照記1
長屋王残照記2
長屋王残照記3
里中満智子著
講談社コミッククリエイト

マンガとしては可もなく不可もなしだが
歴史上の人物たちの複雑な血縁関係はわかる


『長屋王残照記』(1)〜(3)(本)_b0189364_15061530.jpg 西暦729年に起こったとされる「長屋王の変」の主要人物、長屋王を主人公にしたマンガ。作者は、歴史マンガや古典文学マンガが目下のライフワーク(だと思う)の里中満智子。
 このマンガの時代背景は、文武天皇、元明天皇、元正天皇、聖武天皇までの四代。皇位継承権を持つ実力者であったことから世間で「次期天皇」などと呼ばれていた長屋王も順調に出世を続け、徐々に頭角を現している時代である(最終的には左大臣の地位まで上りつめる)。一方でこの時代は、前右大臣の藤原不比等が天皇家と外戚関係を着々と築きつつある時代で、結局長屋王は藤原氏と利害がぶつかり、左大臣という最高位にありながら、不比等の四人の息子(いわゆる藤原四兄弟)に、政府転覆(冤罪)のかどで攻め滅ぼされる。そのあたりまでが描かれるのがこのマンガである。
 この時代、とにかく血縁関係が複雑で、ちょっと系図を見ただけでは何が何だかわからない。歴代天皇だけとってみても、文武天皇(珂瑠(かる))の母親が元明天皇(阿閇(あへ))、元明天皇の娘が元正天皇(氷高(ひだか)皇女、つまり文武天皇の姉)、文武天皇の息子が聖武天皇(首(おびと)皇子)とややこしいったらない。しかも長屋王については、妻は元明天皇の娘(吉備皇女)で、長屋王の父方の祖父が天武天皇、母方の祖父が天智天皇である。その辺のややこしさは、物語の中だとある程度解消されるもので、その辺が今回このマンガを読んだ狙いだった。実際、彼らの関係については、ある程度理解できた(すぐ忘れるかも知れないが)。
 そういった狙いは満たされたが、ストーリー自体はオーソドックスな展開で、それほど面白いという要素はない。最初、同じ著者の『天上の虹』(天智期、天武・持統期を扱っているらしい)を読んでみようかと思っていたが文庫版で全11巻(コミックス版だと全23巻!)と長いため、こちらにした。今回3巻本を読んでみて、さすがにやはり11巻は長すぎるとあらためて感じたのだった。こういう類のストーリーを11冊分読むとなると、骨が折れそうという印象である。
 ただし作画は丁寧で、時代考証もしっかりやっているようで、歴史マンガとしては質が高い。またストーリーも、一般的な少女マンガとして考えれば、割合よくできていると言って良いのではないだろうか。もっとも、少女マンガの常で、登場人物がどれも美男美女であり、彼らの識別がきわめて困難になっているという問題はつきまとうわけだが。
★★★

参考:
竹林軒出張所『天上の虹 (1)〜(11)(本)』
竹林軒出張所『女帝の手記 (1)〜(5)(本)』
竹林軒出張所『マンガ古典文学 古事記 壱(本)』
竹林軒出張所『まんがで読破 旧約聖書(本)』

# by chikurinken | 2021-11-22 07:05 |

『大人のための文章教室』(本)

大人のための文章教室
清水義範著
講談社現代新書

文章表現に関するエッセイだと考えて読むべきか

『大人のための文章教室』(本)_b0189364_11532925.jpg 『清水義範の作文教室』『わが子に教える作文教室』で、子どものための作文指南を展開した清水義範が、大人向けにも作文指南をしてみたというのがこの本。『わが子に教える作文教室』と同じ講談社現代新書であるため、あの本の続編みたいな位置付けと言える。
 全11講立てで、8講から11講までが種類ごとの文章指南(手紙、実用文、紀行文、随筆)で、その他の講は、文章作成にまつわる各論(接続詞、句読点、文体など)という構成である。
 タイトルにあるように「文章教室」には違いないが、どちらかというと、エッセイの延長というイメージで、文章にまつわるあれこれについて、著者なりの意見をまとめてみたという風情である。だから具体的に「文章はこう書くべし」というような本ではない。それは著者自身も「はじめに」で断っているし、僕自身もそういうものを期待していたわけではないが、文章というものに対して前2著ほどの具体性がなく、子どもの作文ほどの意外性や面白さもないため、多少の物足りなさは感じる。ただし、どの講も大変読みやすく、文章というものに対して考えるきっかけにはなる。実際、そのあたりが著者の狙いだったんだろうと思う。
 したがって、タイトルで示されているテーマに従って、著者の意図通りに書かれた本であるため、文句を言う筋合いのものではないんだが、それでもやはり、少しばかり物足りない感じが残るのである。
★★★

参考:
竹林軒出張所『清水義範の作文教室(本)』
竹林軒出張所『わが子に教える作文教室(本)』
竹林軒出張所『浜文子の「作文」寺子屋(本)』
竹林軒出張所『文章力!(本)』

# by chikurinken | 2021-11-19 07:53 |