ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『Mine!』(本)

Mine!
私たちを支配する「所有」のルール

マイケル・ヘラー、ジェームズ・ザルツマン著、村井章子訳
早川書房

所有権はソーシャルエンジニアリングの産物だ

『Mine!』(本)_b0189364_08194060.jpg 「所有」についてあらためて考えてみる上での優れた素材。著者は法学者である。
 僕自身は、法律の知識は乏しい方で、実のところ法律に対する関心もそれほどないのだが、この本については法律臭はまったくなく、法学者が書いた本と言われなければ最後まで気付かないのではないかと思う。
 一般社会において所有権で揉めるようなさまざまな題材を取り上げ、そこから「所有」にまつわるあれこれに思いを馳せていくという構成である。たとえば、飛行機のリクライニングシートをどこまで倒して良いか(実際によくトラブルが起こるらしい)とか駐車スペースの場所取りなどが具体例として紹介される。こういうものには、所有権を主張するどちらの側にも理屈があり、またどちらの側にも非があることが多く、そのために解決が難しくなる。
 本書では、この類の所有権争いがなぜ発生するかを検討し、所有権の基になっている考え方を「早い者勝ち」、「占有」、「労働の報い」、「付属」、「自分の身体」、「家族」の6つ(これを著者は「所有権ツールキット」と呼ぶ)に集約して説明する。所有権を主張する双方のそれぞれに理非があるのは、このいずれかの考え方に基づいているためであるが、その理非についての判断は、実のところそれぞれの人の見方によって変わってくる。そのため、ある人が「早い者勝ち」の感覚で所有権を主張し、別の人が「占有」の感覚で所有権を主張するということも頻発するため、そういう際に互いの間でいざこざが生じることになる。それぞれの主張に理はあるが、別の見方をすればそれはおかしいということにもなるわけである。
 このようないざこざが起こるのは、それぞれの状況に応じた所有権の明確な規程が存在しないためで、一定の所有権が規定されている状況では、理不尽な主張であっても意見の対立は起こりにくい。たとえばディズニーランドで、アトラクションを体験するために何時間も並んでいる人々がいる一方で、大金を払えば並ばずに乗れるような制度がある(優先パス)が、それぞれの訪問者にとっては納得済みになる。これなどはディズニー側が恣意的に決定した制度であるが、実際の世界でも、こういった所有権全般について、それを管理できる当事者(一般的には権力者)が恣意的に決めることができ、そしてそれが行われているのが現代社会であるという結論に本書では達している。つまり所有権は、一種のソーシャルエンジニアリングなのだというのである。言い換えると、一定の満足できる形で決着させるよう設計されるのが所有権であるというのだ。
 一方で、所有権を管理できる当事者に食い込むことで、自身の所有権を拡大しようとする人々も大勢おり(先ほどの例で言うと優先パスの利用者などがこれに近い)、いわゆる「富裕層」がさまざまな分野で優遇権を勝ち取り所有権を拡大させているという現状がある。こういった状況が税制や政治の分野で進んでいるのが現実であり、この傾向が将来に深刻な禍根を残すことは確実で、実際すでにさまざまな問題の原因になっている。このような憂鬱になってしまう現状も本書で紹介されている(第6章「家族のものだから私のもの……ではない」)。
 ともかく所有権についてあらためて真剣に考えさせるような本で、内容が非常に充実している。また取り上げられる事例がことごとく面白く、同時に、自分が当たり前のように「自分のもの」と感じているものについても再考を促されるような、有意義な素材であったと言える。この本が、「所有」という概念について考える上での新たな指針になり得ると思えるような立派な著作であった。
★★★★

参考:
竹林軒出張所『沈黙の山(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『あなたの健康データは大丈夫か(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『大海原のゴールドラッシュ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ガスランド(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『シェールガス開発がもたらすもの(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ゴースト オブ オイル(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『奥出雲 山林大地主の村(ドキュメンタリー)』
竹林軒ネット『映画を所有するぜいたく』
竹林軒出張所『パナマ文書 “史上最大のリーク” 追跡の記録(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『EU 租税回避1兆ユーロとの闘い(ドキュメンタリー)』

# by chikurinken | 2024-07-12 07:19 |

『〈叱る依存〉がとまらない』(本)

〈叱る依存〉がとまらない
村中直人著
紀伊國屋書店

「叱る」という行為が
「叱る」側の欲求によるもの……
という視点が斬新


『〈叱る依存〉がとまらない』(本)_b0189364_11104368.jpg 「叱る」という行為は、相手に恐怖感・不快感を与える役割しか果たさず、ものごとを改善させる上でほとんど効果がないため、現在世間に蔓延している「叱ることで他人を教育する」という考え方は、現実をまったく反映していないというのが本書の主張である。むしろ「叱る」側に快感情が生まれるため、容易に依存しやすく、そのために多くの人は「叱る」ことをやめられなくなっている。そしてそのことが、子どもの将来だけでなく、社会にも大変な悪影響を及ぼしているのが現状である。本書の内容をまとめると、こういうことに落ち着くだろうか。
 本書で展開される議論、たとえば「叱る」という行為に改善効果がまったくない、「叱る」という行為は依存物質(行為)である、「叱る」という行為と虐待・DV・ハラスメントは繋がっている、SNSで「叱る」行為がエンタテイメント化していること(つまり「炎上」への加担)は「叱る」依存のせいだ……などという主張が非常に斬新で、切り口が鋭いと感じる。多くの事項について、その背景となる理論や実験などを引用しており、説得力を高めようという意図も感じられる。一部の議論については眉唾ものと感じるものもあるが、しかしとにかく視点が斬新であるため、本書はすべての大人(特に「叱る」当事者)が一読する価値ありとさえ言うことができる。
 何と言っても、「叱る」という行為を「叱られる」側と「叱る」側の双方の視点から分析したのが、アプローチの第一歩として非常に鋭いと思わせる。さらに「叱る」という行為が「叱る」側に快感情を生み出し、このような「処罰欲求」が虐待やバッシングに結びついているという分析も鋭い。僕自身は、このような見方は今回初めて知ったため、目からウロコが落ちるような思いがしたんだが、あるいはすでに知られている理論だったのかも知れない。いずれにしても、この著者が展開している議論が今後、世界レベルで標準的な考え方になるのではないかという印象さえ持った。誰もが一度は接しておくべき理論だとも思う。
 最後の章では、著者が考える「叱る依存」からの脱却方法についても紹介されているが、こちらはあまり説得力を感じなかった。ただ何よりも重要なことは、「叱る」という行為が「叱る」側の欲求で行われているという事実を知ることであり、そういう点で本書の有用性は非常に大きいと思う。装丁が垢抜けておらず地味で、本自体の第一印象はそれほど良くないが、中身は非常に充実しており、好著である。文章が読みやすいという点でも価値が高い。
★★★★

参考:
竹林軒出張所『ルポ教育虐待(本)』
竹林軒出張所『毒親サバイバル(本)』
竹林軒出張所『スクールセクハラ(本)』
竹林軒出張所『スポーツ界 性的虐待の闇(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと(本)』
竹林軒出張所『みんなの学校(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『学校の「当たり前」をやめた。(本)』
竹林軒出張所『スマホ脳(本)』
竹林軒出張所『もっと!(本)』
竹林軒出張所『僕らはそれに抵抗できない(本)』
竹林軒出張所『スマホ依存から脳を守る(本)』
竹林軒出張所『説教したがる男たち(本)』

# by chikurinken | 2024-07-10 07:10 |

『抑圧のアルゴリズム』(本)

抑圧のアルゴリズム
検索エンジンは人種主義をいかに強化するか

サフィヤ・U・ノーブル著、大久保彩訳
明石書店

書かれている内容については賛同できるが
文章でかなり苦痛を強いられる


『抑圧のアルゴリズム』(本)_b0189364_08581109.jpg グーグルなどの検索に大きな問題が含まれていることを告発する本。
 たとえばグーグルで「black girls」(黒人の女の子)というキーワードで検索するとポルノサイトばかりが表示され、「beautiful」というキーワードで画像検索すると、若い白人女性の画像ばかりが出てくるという事実が事の発端になっており、一定の価値観が検索エンジンの背景に潜んでいるというのである。そして、その価値観というのは、キリスト教徒の白人男の権威主義的なそれであるという。そういう事実があってそれが指摘されているにもかかわらず、グーグル側は、それは構造上仕方のないことであるとして、長きに渡ってアルゴリズムに手を加えようとしなかったらしい。ところが数年後、この問題が広く知られるようになると、密かにアルゴリズムが変更されたらしく、現在では違う検索結果が表示されるようになったという。要するにグーグルは、アルゴリズムの変更が(グーグルの主張に反して)可能だったにもかかわらず、意図的にそれを行わなかったわけだ。
 この事実は、見方を変えると、グーグルがユーザーに対して一定の(偏狭な)価値観を強制していた(している)と言うこともでき、ユーザー側は知らず知らずのうちにその価値観に染まっていく可能性があるため、その危険性は計り知れないのである。事実、2015年に、ある白人男(米国人)がグーグル検索を機に黒人に対する差別意識を助長させ、その挙げ句、黒人に対して銃乱射事件を起こしたこともある(エマニュエル・アフリカン・メソジスト監督教会での乱射事件)。
 このような人間疎外が密かに行われているのが現在のテクノロジーであり、しかも検索エンジンについては自社の利益のために恣意的に検索ヒット順を変える(金さえ出せば上位にヒットされるようになる)などということも行われているわけで、あらゆる検索結果が特定企業、特定の人間の集団によって支配されているという現状がある。検索サイトがネットへの入口(ポータル)になっている状況から考えると、これは大変由々しき問題であり、ほとんどの人が気が付かないままその価値観に染められてしまうという危険性を秘めている。こういう現状を認識した上で、それを変えさせるためにも告発が必要だというのが本書の趣旨である。
 主張については納得するし同意するが、同じような主張が繰り返し展開されるなど、全体的に冗長である上、観念的な話が続いて、わかりにくさに拍車がかかる。これは原書のせいだけでなく翻訳の問題が大きいと思われるが、とにかく文章が直訳調で、しかもさまざまな用語(外来語や専門用語)についても説明なく使われるためににわかに意味が掴めない箇所が、特に後半非常に多くなっている。翻訳者が途中から疲れたせいか、それともやっつけ仕事だったせいかはわからないが、ほとんど高校生の英文和訳みたいな、あるいは自動翻訳やAIを使ったのかというような文章ばかりになって、一読して意味が通じない文章が立て続けに出てくる。原文では、それほどややこしいことを言っているわけではなさそうだが、とにかくわかりにくい。たとえば最終章の「結論」の冒頭部分、次のような記述が出てくる。

……本書では、従来のメディアにおける誤表象が検索エンジンのようなデジタルプラットフォームでもみられること、そして検索そのものがアメリカ文化のなかに織り込まれていることを示してきた。 情報化時代のレトリックは概ね、ユーザーから具体性を取り去る、あるいは少なくとも技術革命の覇権主義的な背景を矮小化しようとしているが、アフリカ系アメリカ人は、社会的アルゴリズムに発現する権力関係をよそに、テクノロジーを受容し、修正し、まったく異なる枠組みのなかに文脈化してきた。本書は、すでに周縁にいる人々をさらに疎外することがないような、社会技術システムに対するラディカルな介入についてのより思慮深い対話を始めるきっかけとなりうる。アルゴリズムは、文脈から切り離せない、権力に満ちたものであり、それは今後も変わらないだろう。(本書272ページ、「結論」の冒頭)

 少し見ただけでも「誤表象」、「情報化時代のレトリック」、「ユーザーから具体性を取り去る」、「技術革命の覇権主義的な背景」、「社会的アルゴリズムに発現する権力関係」、「文脈化」、「文脈から切り離せない、権力に満ちたもの」などという表現がわかりにくく、もう少し具体的な説明が欲しいと感じる。他にもやたら「ナラティブ」という言葉が出てきて何を表現しようとしているのかがよくわからない上、「カラーブラインド」、「アフォーダンス」などという用語もそのまま使われている。こっちが「アホーざんす」なのか知らんが、よく意味がわからない。こういった用語を使うんならわかりやすい解説を付けてもらいたいところだが、あるいはこの本は、こういう用語を熟知している専門家向けなのかも知れない。だが本書で展開される議論は、専門家より一般人に向けるべき類のものであり、専門用語(?)を並べられても、一般人、少なくとも僕は戸惑うばかりである。
 前半がそれなりに読ませる内容で順調に読み進められたため、その勢いで最後までがんばって読んだが、後半はかなり苦痛を強いられる読書体験だった。原文のせいか翻訳のせいかはにわかに判断できないが、こんな文章は一般人にはそっぽを向かれてしまうだろう。
★★★

参考:
竹林軒出張所『“電子図書館”の波紋(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『アップル、グーグル、マイクロソフト(本)』
竹林軒出張所『生成AIの正体(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ソーシャルメディアの“掃除屋”たち(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ベリングキャット(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『“フェイクニュース”を阻止せよ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『#フォロー・ミー(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『“幸せ”に支配されるSNSの若者たち(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『アマゾンは詐欺の巣窟』

# by chikurinken | 2024-07-08 07:57 |

『シュリーマン旅行記 清国・日本』(本)

シュリーマン旅行記 清国・日本
ハインリッヒ・シュリーマン著、石井和子訳
講談社学術文庫

あのシュリーマンは
江戸日本も訪れていた


『シュリーマン旅行記 清国・日本』(本)_b0189364_08302821.jpg トロイ遺跡の発掘で有名なシュリーマンが、トロイの発掘に先立つ数年前に世界旅行に出ており、その際、清国と日本に立ち寄っている。立ち寄っていると言っても、日本を訪れるのが彼にとって最大の目的だったようで、そのため1カ月近く滞在し、(当時の開港地だった)横浜だけでなく江戸市中でもあちこちを回っている。なおシュリーマンが来日したのは1965年6月1日だが、その時点で江戸市中は、基本的に領事以外、外国人立入禁止だった。幕府に申請すれば、領事の関係者は立ち入りできたようだが、少し前に英国公使館が焼き討ちに遭ったり、アメリカの通詞のヒュースケンが殺害されたりしており、決して外国人の安全が保証される場所ではなかった(そのためほとんどの領事は横浜に転居していた)。シュリーマンは、民間人であるにもかかわらず、アメリカ代理公使のポートマンのつてで江戸に入ることができたが、行動の際は江戸幕府から派遣された数人の護衛が常時警護していたという有り様である。幕府も(外国人であるためか)随分気を遣ったものだが、当のシュリーマンは、護衛について煩わしく感じているフシがある。このような背景を考えると、シュリーマンの江戸訪問は1人の金持ち西洋人実業家のわがままにも映り、そういう点ではあまり良い気分はしない。
 本書は、シュリーマンによる清国と日本の訪問記であり、元々の著作は1869年にパリで刊行されている。清国にも1カ月間滞在しており、天津から北京に入り、万里の長城に上っている(万里の長城が清国訪問での最大の目的だったようだ)。シュリーマンの目に映る北京の有り様はひどく、街は不潔で、貧民に溢れているという状態で、落日の清王朝を反映しているようである。清国の栄華の跡も見受けられるが、そういうものも崩壊寸前の状態になっており、万里の長城についてもすでに岩山と化した状態で、上るのが命がけみたいな有り様であったことが窺われる。
 その後、上海経由で念願の日本にやって来るわけだが、清国の状況と打って変わって、江戸日本については平和で豊かという印象を持つ。また、著者は、日本人の生活自体にも大いに関心を示しており、それがために江戸の社会や文化の有り様が活き活きと描写されている。
 明治期になると来日する外国人が多くなり、当時の日本社会に関するヨーロッパ人の記述も増えてくるが、江戸期に関して言うと来日した外国人は比較的少なく、そういう点を考えると本書の記述は貴重なドキュメントと言うことができる。しかも、シュリーマン自身に文化的な偏見がなく、そのため江戸の社会や体制を比較的客観的な目で見ることができており、その点でも価値は高い。江戸の社会については全般的にかなり好ましい印象を持っていることが窺われるが、シュリーマンが最初から日本訪問を楽しみにしていたことを考えると、おそらく当時のヨーロッパに日本に対する好ましい評判があったのではないかと思われる。1969年に出版されたというシュリーマンのこの原著も、その後のヨーロッパ人の好ましい日本(江戸)観に影響したであろうことは想像できる。
 滞在が清国と日本でそれぞれ1カ月足らずであるため、それぞれの制度や社会に対して誤解があるように見受けられる箇所もあるが(特に第7章の「日本文明論」)、当時の社会を覗く覗き窓のような役割は十分果たしている。江戸期の日本が、当時のヨーロッパ人には不思議の国のように映っているようで、そのあたりも非常に興味深いところである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『明治日本散策(本)』
竹林軒出張所『明治日本写生帖(本)』
竹林軒出張所『ビゴーが見た日本人(本)』
竹林軒出張所『ワーグマン日本素描集(本)』
竹林軒出張所『英国人写真家の見た明治日本(本)』
竹林軒出張所『新編 日本の面影(本)』
竹林軒出張所『100年前の世界一周(本)』
竹林軒出張所『過ぎし江戸の面影(本)』
竹林軒『「ラスト・サムライ」に見る「逝きし世の面影」』
竹林軒出張所『美しき日本の面影(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『にっぽん 微笑みの国の物語 前編(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『にっぽん 微笑みの国の物語 後編(ドキュメンタリー)』

# by chikurinken | 2024-07-05 08:30 |

『日本その日その日』(本)

日本その日その日
エドワード・S・モース著、石川欣一訳
講談社学術文庫

江戸情緒が残る明治日本の魅力的な姿

『日本その日その日』(本)_b0189364_08041317.jpg 大森貝塚を発見したことで名高いエドワード・モースの日本滞在記。
 明治10年(1877年)に貝(腕足類)を収集するために日本にやって来たモース氏、その後、東京大学に教授として迎えられることになり、結局都合2年以上、日本に滞在することになる(その間、何度か帰国している)。元々日本に関心があったようで、来日したのもそういう要素が大きかったわけだが、そのためもあり、滞在時もあちこちの名所を訪ね歩いている。当初敬遠していた人力車(人に車を引かせるという行為が虐待のように思えたらしい)もその後、車夫たちの矜持に接してから大のお気に入りになり、旅行時に頻繁に活用している。
 本書では、その滞在時の記録が、あるいはエッセイ風、あるいは日記風に記述されている。原著は、モースの晩年に出版された『JAPAN DAY BY DAY』で、モースが死去した直後に日本でもその本が翻訳されて出版された。本書はその際に日本国内で発刊された翻訳版であり、したがって約100年前の翻訳ということになる。そういう事情であるため、文章や表現がやや古く(「加之」〈しかのみならず〉などという表現もある)、また記述がわかりにくい箇所も多い。翻訳レベルで見ると、あまり良いデキとは言えず、新しい翻訳版を望みたいところである。
 ただ内容自体はなかなかユニークで面白く、モースが日本の風俗や産物に興味津々であったことが窺われる。そのため、江戸情緒が残る当時の建築物や生活、文化が、よそ者としての視点で詳細に活写されており、現代の我々が読んでも新鮮に映る箇所が多い。さらにはモース自身が自筆のスケッチをかなり残しており、そのスケッチが本文とあわせて随時紹介されている点もポイントが高い。記述には日本の風俗に対する尊重の姿勢が窺われるため、読んでいて不快になることもない。それどころか、紹介されていることごとくが魅力的に描かれていることから、かえってそれぞれの事物に大いに関心が湧く。
 モースは、日本の事物に対してこのように高い関心を持っていたこともあり、帰国時、日本の工芸品や民芸品、それから写真や美術品などを多数本国に持ち帰っており、それが現在、ボストン美術館やピーボディー博物館に収容されている。こういった施設が米国での日本研究の拠点になったとも言えるわけで、その点でもモースの功績は大きい(もちろん大森貝塚発掘の業績も大きいが)。
 外国人が見た(江戸情緒が残る)明治日本の姿を描き出したという点では、エミール・ギメラフカディオ・ハーンの著書と共通するが、当時の日本人の生活様式の内部まで細かく探っているという点でモースの著書は優れている。それぞれの著者で関心の方向性が違うというのもまた面白いもので、いろいろな人々の異なる視点から多元的に当時の日本の姿が窺えるのもなかなか良いものである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『にっぽん 微笑みの国の物語 後編(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『にっぽん 微笑みの国の物語 前編(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『明治日本散策(本)』
竹林軒出張所『明治日本写生帖(本)』
竹林軒出張所『ビゴーが見た日本人(本)』
竹林軒出張所『ワーグマン日本素描集(本)』
竹林軒出張所『英国人写真家の見た明治日本(本)』
竹林軒出張所『美しき日本の面影(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『新編 日本の面影(本)』
竹林軒出張所『日本の面影 (1)〜(2)(ドラマ)』
竹林軒出張所『日本の面影 (3)〜(4)(ドラマ)』
竹林軒出張所『100年前の世界一周(本)』
竹林軒『「ラスト・サムライ」に見る「逝きし世の面影」』
竹林軒出張所『過ぎし江戸の面影(本)』

# by chikurinken | 2024-07-03 07:03 |