ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

タグ:ドラマ ( 210 ) タグの人気記事

『植木等とのぼせもん』(1)〜(7)(ドラマ)

植木等とのぼせもん (1)〜(7)(2017年・NHK)
演出:西谷真一、榎戸崇泰
原作:小松政夫
脚本:向井康介
出演:山本耕史、志尊淳、山内圭哉、浜野謙太、武田玲奈、中島歩、でんでん、坂井真紀、富田靖子、山本彩、中川翔子、鈴木愛理、高橋和也、勝村政信、優香、伊東四朗

植木等、いい人過ぎ

b0189364_20385325.jpg 先頃放送された『トットてれび』の二番煎じみたいなどラマ。植木等とその周辺の人々を描いたもので、『トットてれび』同様、あちこちに当時の再現映像が出てくる。『シャボン玉ホリデー』でやった有名なコントまで再現している(今見るとまったく面白くないが)。
 ただ、このドラマは、再現だけに終始して内容がまったくなかった『トットてれび』と違って、ドラマとしての体裁はしっかりできているためそれなりに見ることができる。原作が、植木等の付き人だった小松政夫の小説(『のぼせもんやけん』)であるということもあるが、人間・植木等が等身大で描かれていて、その植木等がまた感動を呼ぶくらい非常にいい人なんである。小松政夫の目に映った植木はこういう人だったんだろうが、そういう意味でもまさに「等身大」の人物像と言うことができる。
b0189364_20385975.jpg 劇中で小松政夫を演じるのは、志尊淳というジャニーズ風の優男で、小松政夫には全然似ていないが、それなりにがんばって新人付き人を演じている。植木等やクレージーキャッツの面々も、山本耕史や山内圭哉(ハナ肇役)、浜野謙太(谷啓役)らが演じているが、ほとんどの役者については、僕は今回初めて見た。ただ全員雰囲気や声色を似せており、それらしい雰囲気を醸し出している。しかも谷啓役の浜野謙太という人は実際にトロンボーンを吹く人だそうな(谷啓はトロンボーン奏者として当時から非常に有名)。なかなかの徹底ぶりである。山本耕史は「スーダラ節」や「ハイそれまでよ」なんかも劇中で歌っているが、こちらも声色が非常に似ていて植木自身の歌と聞き分けできないほどである。
 小松政夫から見た当時のクレージー周辺を再現したというのがこのドラマで、小松政夫自身の人生がドラマの中心になっていくが、そういう視点がはっきりしているためドラマとして破綻がない。人に見せるドラマを作るのであれば、最低限このくらいのドラマを作ってほしいものだ。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『トットてれび (1)〜(5)(ドラマ)』
竹林軒出張所『ニッポン無責任時代(映画)』
竹林軒出張所『本日ただいま誕生(映画)』
竹林軒出張所『馬鹿まるだし(映画)』

by chikurinken | 2017-10-16 07:38 | ドラマ

『大河ドラマ 平清盛 総集編』(ドラマ)

大河ドラマ 平清盛 総集編(2012年・NHK)
演出:柴田岳志他
脚本:藤本有紀
出演:松山ケンイチ、玉木宏、松田翔太、深田恭子、伊東四朗、三上博史、井浦新

院政期の上皇同士の確執がミソ

b0189364_20052672.jpg NHKの大河ドラマなんぞはもう20年以上ろくに見ていないが、院政期の勉強のためと思い、『平清盛』の総集編を見てみた。放送時につまらんなーと思いつつたまに目にしていたが、少なくとも白河法皇、鳥羽法皇、崇徳上皇あたりの描写がなかなか良かったため、このあたりに興味を持ったわけである。
 ドラマ自体は、以前の印象と同じく、実につまらないもので、特筆すべき部分もない。そもそもこのドラマの根底になっている歴史観に疑問を感じる。たとえば清盛や義朝の口から「武士の世の中を作るのじゃ」などというセリフが語られるが、こういう考え方はきわめて現代風で到底あの時代の考え方とは思えないため、根本からリアリティを欠いているように思える。また運命論的なセリフも結構あって、「後の時代から見た歴史」観から抜け出ておらず、言ってみれば古いタイプの歴史ドラマである。
 演技も特筆すべきことはなく、しかも年相応のメークもないため、年老いた清盛と息子たちとの掛け合いがあっても、彼らが親子なんだか兄弟なんだかわからないようなシーンが多い。こうなってくると学芸会というそしりを受けることも免れまい。ただし美術面はなかなか優れており、セット(あるいはCGかも知れないが)や衣装は実に良くできていた。また院政期の勉強にはなったので、それだけで良しとする。でもやっぱり大河はつまらんという考えに変わりはない。
★★☆

参考:
竹林軒出張所『平家物語(上)(中)(下)(本)』
竹林軒出張所『新・平家物語(映画)』
竹林軒出張所『花の生涯 (1)(ドラマ)』
竹林軒出張所『坂の上の雲 (1)〜(13)(ドラマ)』

by chikurinken | 2017-10-15 07:04 | ドラマ

『本当と嘘とテキーラ』(ドラマ)

本当と嘘とテキーラ(2008年・テレビ東京)
演出:松原信吾
脚本:山田太一
出演:佐藤浩市、夏未エレナ、柄本明、樋口可南子、山崎努、塩見三省、戸田菜穂、益岡徹、六平直政

山田太一の教育論が反映されたドラマ

b0189364_06412175.jpg テレビ東京最後の山田ドラマ。同時に山田作品としては最後の花火みたいな作品でもある。翌年の『ありふれた奇跡』以降は迷走状態である。
 企業の研修や不祥事の後始末などのコンサルタント業を行っている男(佐藤浩市)は、常に本音を隠して顧客に接するよう指導している。合い言葉が「テキーラ」で、これを口にすると口角が上がって笑顔になるため、接客のキーワードとして常にこの言葉を意識するよう指導する。企業の不祥事についても、不都合な部分を隠し通して建前だけで通すのが彼のやり方である。
 そんな折、自分の娘の同級生が自殺し、それに娘が絡んでいることがわかってくる。娘や遺族との関わりの中で、本音を隠して建前だけで生きていく「テキーラ」主義で良いのかという疑問が沸いてくるという流れで話が進んでいく。
 このドラマも芸術祭参加作品であること(同時に受賞作品であること)を考えると、賞狙いの作品と言える。内容は娯楽性を持っていて面白い作品ではあるが、芸術指向が強いのは確かで、この頃の他の軽薄なドラマとは明らかに違う。テレビ東京の山田作品は概ねそういう傾向がある。ただしそのためかかなり力が入っている作品で、テレビ東京には今後もこういった重厚な作品に取り組んでほしいと感じる。松原信吾の演出も手堅くて良い。
 キャストは、今回は常連組で固められている。柄本明は、『せつない春』『小さな駅で降りる』と同じく、騒いで周囲に波風を立てるちょっと不気味な(その後好人物に好転する)存在を好演している。山崎努もテレビ東京版山田ドラマにはよく出てくるが、今回も(セリフは多いが)特別出演くらいの短めの登場。樋口可南子は、『小さな駅で降りる』と違い、これも周囲に波風を立てる存在。ひどく取り乱す演技が素晴らしい。夏未エレナという女優は今回初めて見たが、落ち着いた良い演技をしている。
 作者の主張が随所に出てくるのも、このドラマを良いものにする要因である。山田太一の教育論は、『親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと』でもわかるが、まったく押しつけがましくなく、しかも納得する部分が多いんだが、このドラマにも同様の主張が出てきて、ドラマに味を添えている(「学校での多少の問題は、子どもにとってむしろ乗り越えるべき課題になる」などというセリフが出てくる)。全体的に少々小ぶりではあるが、見る者をグイグイ引っぱっていくような部分は山田ドラマ健在と言えるもので、よくまとまった良いドラマと言える。
2008年日本民間放送連盟賞最優秀受賞、文化庁2008年度芸術祭優秀賞受賞
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『せつない春(ドラマ)』
竹林軒出張所『奈良へ行くまで(ドラマ)』
竹林軒出張所『小さな駅で降りる(ドラマ)』
竹林軒出張所『香港明星迷(ドラマ)』
竹林軒出張所『親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと(本)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-10-01 06:41 | ドラマ

『香港明星迷』(ドラマ)

香港明星迷(2002年・テレビ東京)
演出:松原信吾
脚本:山田太一
出演:薬師丸ひろ子、室井滋、山本未來、山崎努、イーキン・チェン、堺雅人、岡田眞澄、徳井優、クリステル・チアリ

山田ドラマらしく題材がユニーク

b0189364_08020920.jpg 『せつない春』『奈良へ行くまで』『小さな駅で降りる』に続くテレビ東京製作の山田ドラマ第4弾。これも放送時見たんだが、あまり良い印象を持っていなかったドラマである。今回見たら、それなりにインパクトのある作品で、やはり山田作品は侮れないと感じた次第。
 フランスの有名靴ブランドの日本支店で、営業部長をやっている女性(薬師丸ひろ子)が主人公。この主人公、イーキン・チェンという香港の歌手に入れ込んでおり、たびたび香港に行っている。ところが実は彼女自身、会社のマーケティング方針を変える(どうしても変わらなければ自ら新ブランドを立ち上げる)という野望を持っていて、そのために香港に渡ってあれこれと画策していたのだった。しかしこのことが明るみに出て、しかもこれは本社の意向に反することであり、両者の間に確執が生まれるというストーリー。他に、香港で知り合うイーキン・チェン・ファンの女性(山本未來、室井滋)との関係(友情や裏切り)もサブプロットになっており、プロットは重層的である。見た後もそれなりに心地よさが残る。
 キャストは山田ドラマとしては珍しい俳優が多い。常連の山崎努は特別出演扱いである。遣り手営業部長役の薬師丸ひろ子は当時38歳で、なかなか魅力的である。また1999年製作の『玩具の神様』ではチョイ役だった堺雅人は割合重要な役で出ている。このあたりから顔が売れるようになったのではないかと思われる。
 受賞歴もなく比較的地味な作品ではあるが、テレビ東京作の前3作にひけをとらない快作で、2時間飽きさせないのはさすがと言える。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『せつない春(ドラマ)』
竹林軒出張所『奈良へ行くまで(ドラマ)』
竹林軒出張所『小さな駅で降りる(ドラマ)』
竹林軒出張所『本当と嘘とテキーラ(ドラマ)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-09-30 08:02 | ドラマ

『小さな駅で降りる』(ドラマ)

小さな駅で降りる(2000年・テレビ東京)
演出:松原信吾
脚本:山田太一
音楽:久石譲
出演:中村雅俊、樋口可南子、堤真一、牧瀬里穂、奥貫薫、根岸季衣、柄本明、佐藤慶、山崎努、前田亜季

仕事が大変なら辞めたら?というメッセージが新鮮

b0189364_08132373.jpg 『せつない春』『奈良へ行くまで』に続くテレビ東京製作の山田ドラマ第3弾。これもテレビ東京らしくビジネスに関わる話で、テレビ東京製山田ドラマのひとつの特徴が確立されているようで大変よろしい。
 社長直属の新しい部署に起用され、仕事に忙殺される管理職(中村雅俊)とその部下(堤真一)の話。この部署、若社長が単独で行ったリストラの責任を負わされるなど、負の役割を負って社内でうとまわれはじめているだけでなく、立ち上がってから何の実績も上げていないため、メンバーたちは何とか実績を上げようと躍起になっている。そのために彼らは残業も厭わず、仕事に追われまくる日々を送っている。そこにこの2人の妻たち(樋口可南子、牧瀬里穂)が動き出し、彼らを激務から解放させるために仕事を辞めさせようと画策するという展開になっていく。過労で潰れるくらいならさっぱり辞めてしまえという山田太一のメッセージが強く打ち出されたドラマである。内容を考えると、逆にテレビ東京らしくないとも言えるか。
 もちろん現実的にそうは簡単に行かないもので、このドラマでもそのあたりで一悶着あるわけだが、会社人間にならずに人間らしく生きよう、「小さな駅で降り」たらどうだというメッセージは新鮮である。
 このドラマも放送時見ているが、内容についてはほとんど憶えていなかった。ただ、男が牛に追われまくるスペインの祭りの映像に対して、樋口可南子が「こういうことをやるのは男だけよねぇ」とコメントするシーンははっきりと明確に憶えていた。お説ごもっともで、このドラマのテーマにも重なる部分である。
2000年日本民間放送連盟賞優秀賞受賞
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『せつない春(ドラマ)』
竹林軒出張所『奈良へ行くまで(ドラマ)』
竹林軒出張所『香港明星迷(ドラマ)』
竹林軒出張所『本当と嘘とテキーラ(ドラマ)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-09-29 08:14 | ドラマ

『奈良へ行くまで』(ドラマ)

奈良へ行くまで(1998年・テレビ東京)
演出:松原信吾
脚本:山田太一
音楽:本多俊之
出演:奥田瑛二、安田成美、村上弘明、佐藤慶、山崎努、石橋蓮司、篠井英介、石丸謙二郎、小倉一郎、平泉成

なぜ奈良なのかは最後までわからなかった

b0189364_18511052.jpg 『せつない春』に続くテレビ東京製作の山田ドラマ第2弾。これも経済のテレビ東京らしくビジネスに関わる話で、建設会社の談合をあぶり出した意欲作。副題に「夫が汚職に踏み切る時」というタイトルが付いていてセンセーショナルだが、結果的に見てられないほどの悲惨な状況には陥らない。建築談合については非常に面白い扱い方で、素材がはなはだ新鮮である。もっともそれだけで終わるとドラマとしては奥行きがない浅いものになってしまうが、そこはやはり山田太一、しっかり夫婦のあり方、友人との関係なども描かれて、重層的で奥行きを感じさせるものに仕上がっている。不倫を匂わせる『岸辺のアルバム』みたいな要素まで出てくるし、途中、夫が美人妻を自分の仕事のために妻に言い寄っている友人の元に行かせるなど、AVみたいなストーリー展開もあって(エロシーンはありません)、人間の関係性を描かせたら山田太一の右に出る者はないなとつい感じてしまう。ただし、なぜ最後に奈良が出てくるのかはわからない。なぜ奈良なのか、なぜタイトルにまで使われるのか、俳句みたいに直接関係のない別物を並べてそこに味を出したのではないかと推測するが、それでもなぜ奈良なのかはわからない。別に奈良でも良いし実のところそれほど気になるわけではないが、こういう使い方については随分思い切ったなーとは思う。
 今回見るのは二度目だが、内容についてはまったく憶えていなかった(この後のテレビ東京版山田ドラマ『小さな駅で降りる』『香港明星迷』『本当と嘘とテキーラ』については部分的に憶えている)。しかし内容はかなり濃密で決して侮れない作品である。なんと言っても、政治家役の山崎努、怪しいジャーナリスト役の石橋蓮司のタヌキぶりがすごい。タヌキぶりと言えば、主人公に汚職をそそのかす同僚役の佐藤慶は、これはもう放送史に残るような名演で、数ある佐藤慶出演作品の中でも屈指のタヌキキャラクターではないかと思う。また安田成美の美しさも群を抜いている。主人公のエリート同級生(村上弘明)が参ってしまうのも仕方がないという見事なキャスティングである。山田ドラマの常連が揃っている上、うまい役者が勢揃いしていて、ストーリーと言いキャスティングと言い、申し分のない贅沢なドラマである。
1997年度ギャラクシー賞奨励賞、1998年日本民間放送連盟賞最優秀賞受賞
★★★★

参考:
竹林軒出張所『せつない春(ドラマ)』
竹林軒出張所『小さな駅で降りる(ドラマ)』
竹林軒出張所『香港明星迷(ドラマ)』
竹林軒出張所『本当と嘘とテキーラ(ドラマ)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-09-28 06:50 | ドラマ

『せつない春』(ドラマ)

せつない春(1995年・テレビ東京)
演出:松原信吾
脚本:山田太一
出演:山崎努、清水美砂、杉本哲太、竹下景子、柄本明、萬田久子、益岡徹、久米明

テレビ東京製作だけど「山田ドラマ」
タイトル通りの「せつない」話


b0189364_18030296.jpg テレビ東京開局30周年記念ということで製作されたドラマ。テレビ東京の山田ドラマはこれが初ではないかと思うが、この後数年かけて5本製作されることになる。この当時、山田ドラマはかつてほど放送されず、山田太一自体がすでにちょっとした巨匠扱いで、だからと言って視聴率が稼げるというような存在でもなく、微妙な立場になりつつあったように記憶している。そういったわけで、山田ドラマといえば、芸術賞狙いで作られることが多くなっていたため、こういった記念番組でないとなかなかお目にかかることがなくなっていた。テレビ局と視聴者のレベルが著しく下がり始めるのもこの頃かなと思う。
 さて、製作局はテレビ東京ではあるが、ドラマの内容自体はやはり「山田ドラマ」なんであって、TBSやNHKの山田ドラマとほとんど変わらない。おそらく脚本家が多分に口を出しているせいであろうが、しかしそのために常に高水準が保たれることになる。「脚本:山田太一」というレベルではすでになく、「山田ドラマ」になってしまうという按配。しかもキャストも山田ドラマの常連が名を連ねているし、ますますどこの局で製作されたのかわからなくなる。
 山田作品で珍しいキャストといえば清水美砂や杉本哲太あたりだが、彼らがドラマの中で存在感を発揮しているのは、他の山田ドラマと共通である。この頃の清水美砂は非常に魅力的で、このドラマでもその魅力が発揮されている。清水美砂が演じるのは、足に障害を持つ女性だが、その障害のせいで恋愛を諦めかけていた彼女がなかなか素敵な男(杉本哲太)と出会うというなかなかさわやかなプロットが展開される。
 一方で、その父(山崎努)は、大企業で総会屋対策をやっていて、ヤクザ者と付き合ったり結構汚い仕事をやっている。その彼が、総会屋と手を切るという会社の方針のためにお払い箱になり、総会屋からも恨みを買うというような汚い話が同時進行で進む。なかなかよくできたプロットである。ただ偶然の要素がかなり強く、そのあたりが少々興ざめである。また、山崎努と竹下景子が(演技で)自暴自棄になるシーンも(竹下景子については似たようなシーンが『夏の一族』でもあったが)ちょっと湿っぽすぎて、いただけないかなという気がする(あくまでも個人の感想です)。しかし扱われるモチーフが企業の株主総会や総会屋で、テレビ東京らしい題材と言えば言える。こういうあたりでテレビ局側も特色を出しているのかも知れない。2時間を超えるドラマで、力を入れて作られていることもよく伝わってくる。内容も高い水準を保っており、実際にいろいろな賞を受賞している(実際、受賞にふさわしいドラマであると思う)。賞取り作家としての山田太一の面目躍如とも言えるのではないだろうか。
1995年度ギャラクシー賞奨励賞、1995年日本民間放送連盟賞ドラマ部門最優秀賞受賞
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『奈良へ行くまで(ドラマ)』
竹林軒出張所『小さな駅で降りる(ドラマ)』
竹林軒出張所『香港明星迷(ドラマ)』
竹林軒出張所『本当と嘘とテキーラ(ドラマ)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-09-05 07:02 | ドラマ

『風になれ鳥になれ』(1)〜(3)(ドラマ)

風になれ鳥になれ(1998年・NHK)
 第1話「山からの帰還」
 第2話「加害者たち」
 最終回「ふたり」
演出:黛りんたろう、加藤拓
脚本:山田太一
音楽:川崎真弘
出演:渡哲也、高嶋政伸、田中好子、坂上二郎、富田靖子、山田吾一、小林恵、草野康太、川上夏代、日下武史、梶原善、村井国夫、根岸季衣、倍賞美津子

放送時見たという記憶だけがあった

b0189364_20511246.jpg 全3話構成で、ストーリー設定は一貫しているが、それぞれの話ごとに独立したエピソードが盛り込まれるという『男たちの旅路』方式、あるいは『タクシー・サンバ』方式の山田ドラマ。
 舞台がヘリコプター運用企業というのもなかなか意外で、目の付け所が良いのは山田太一らしい。今のドラマだったらこの舞台設定だけでそれなりのドラマに持っていかれそうだが、山田ドラマではそれだけで終わらない。いろいろな問題をかかえた人がやってきて、いろいろと問題を起こす。受け立つ側、つまりヘリコプター会社側の人々も、それぞれ大なり小なり問題をかかえていて、こういったトラブルメーカーたちとシンクロしていく。非常に良く練り上げられたストーリーで、しかも山田ドラマらしくセリフに説得力があり、また面白さもある。会話劇のようなセリフが多く、セリフがつまらなかったら到底見ていられないが、どのセリフも味わいがあるので、まったく退屈しない。第1話では、日下武史が長ゼリフで老後の生活の絶望状況を滔々と語るが、舞台俳優、日下武史の面目躍如という素晴らしい演技。これに応戦するのは渡哲也で、『男たちの旅路』の吉岡司令補ばりに「語る」。良いシナリオである。脇の山田吾一のセリフも良い。
 第2話は、親子関係などが持ち込まれ、これも重いテーマであるが、(問題が解決するわけではないが)気持ちの良い終わり方をする。かなりいろいろな要素が持ち込まれて、下手をするとゴチャゴチャでとりとめがなくなるが、そつなくまとめているのは脚本家の技量である。
b0189364_20511779.jpg 第3話は、ちょっとばかりリアリティを欠いたストーリーで、少々残念。演出もありきたりで少したわいない感じさえする。さすがに傑作を3話並べるのは難しかったか。とは言え、第3話も決してダメではないんであって、第1話、第2話がよくできているため少々見劣りがするという程度である。
 キャストは、山田ドラマには珍しい面々が多く、渡哲也、田中好子、坂上二郎が過去1、2回出演している程度ではないか。ベテランの山田吾一、日下武史、村井国夫あたりは、実力者であるにもかかわらず今まであまり山田ドラマには絡んでなかったわけで、それを考えるとこの頃になって初めて(かどうかわからないが)出演するというのも逆に珍しい感じがする。とは言え、どのキャストも好演で、演出も素晴らしい。第1話の山のセットは少しチャチだったが。
 ここのところ、CSの日本映画専門チャンネルで、毎週のように山田ドラマを放送していて、定期的に(ビデオではなく)テレビ放送で山田ドラマにアクセスできる環境があるわけだが、これだけのグレードのドラマを毎週見られるという状況を思うと、なんだかすごく贅沢な気分がする。もちろんこれまで結構DVDに撮りためているし、買ったDVDもあるわけで(しかもまだ見ていないし)、そういう想いは少し矛盾していると言えるんだが、それでもしっかりしたドラマを定期的に見られるというのは非常に贅沢だと感じる。それは今みたいなドラマ不毛の時代だからこその感慨なのかも知れない。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『タクシー・サンバ (1)〜(3)(ドラマ)』
竹林軒出張所『夏の一族 (1)〜(3)(ドラマ)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-09-03 06:50 | ドラマ

『ドラマ 東京裁判』(1)〜(4)(ドラマ)

ドラマ 東京裁判 第14話(2016年・NHK)
演出:ピーター・フェルフーフ、ロブ・キング、高橋陽一郎
脚本:ロブ・キング、高木徹、ケース・ファンバイナム、マックス・マニックス
出演:ジョナサン・ハイド、ポール・フリーマン、マルセル・ヘンセマ、イルファン・カーン

東京裁判の判事側の葛藤

b0189364_20270779.jpg 極東国際軍事裁判(通称、東京裁判)で判事を担当した11カ国の法律関係者にスポットを当てたドキュメンタリードラマ。
 東京裁判は、ニュルンベルグ裁判に準じて、戦勝国が敗戦国の首脳を裁いた法廷で、法に準拠して不正を断罪するという建前に立っているが、実際には、1928年のパリ不戦条約(!)あるいは事後法に準拠して個人の罪を裁いたりなど、あちこち矛盾だらけである。目的は、敗戦国への政治的な介入であり、戦争を起こした人々が再び指導者として戻って来れないようにするというものである。したがって、裁判みたいな建前をとっていても始める前から結果はわかっており、基本的に起訴された被告人は有罪という前提に立っている。
 連合国から指名された各判事も当初は連合国側のこのような意向を汲んで、ニュルンベルグ裁判同様、その方向で決着を付ける予定だったが、インドのパール判事やオランダのレーリンク判事がこの裁判の正当性への疑問を提示したあたりから紛糾しはじめ、途中ウェッブ裁判長が帰国させられるなど、いろいろな問題が噴出して、結局結審するまでに2年以上かかってしまう。そのあたりのいきさつをドラマ仕立てで紹介するのがこのドキュメンタリードラマである。主人公はレーリンク判事に設定されている。50分×4回シリーズである。
 法廷のシーンは、実際の映像をカラー化したものが使われており、判事の部分だけがドラマ用に撮影された映像になっている。新しく撮影された判事の映像は、さまざまな視覚効果を加え、実際の当時の映像との違いがわかりにくくするというような心憎い演出も加わっており、法廷シーンはなかなかのものである。
 ただしどうしても判事たちの心境の変化や葛藤を中心に描くため、裁判自体がどのように進行したかがよくわからない。結局判事たちの人間ドラマに終始してしまっている。もっともこれはどこに焦点を当てるかという問題であるため、仕方ないとも言える。
 東京裁判を描いたドキュメンタリーには、小林正樹が監督した『東京裁判』という映画があって、裁判の進行を時系列で描きながら、パール判事の反対意見なども詳細に紹介していて、非常に印象的な優れた作品になっていた。このドラマは、あの作品とは少しアプローチが違うが、しかしそれなりに見所もあり、ドラマとしても面白く仕上がっている。何より一部の判事の法律家としての立場と、戦勝国の人間として政治的な役割を果たすべきとする立場との葛藤がなかなか興味深い(特にレーリンク判事。だから主人公にしたんだろうが)。ドラマの中では、レーリンク判事と(『ビルマの竪琴』の作者である)竹山道雄や在日ピアニストのエタ・ハーリッヒ=シュナイダーとの交流なども描かれて、彼の人間らしさがアピールされている。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『コミック昭和史 第5巻、第6巻、第7巻、第8巻(本)』
竹林軒出張所『昭和史 戦後篇(本)』
竹林軒出張所『カラーでみる太平洋戦争(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『カラーでよみがえる東京(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-09-01 07:26 | ドラマ

『季節が変わる日』(ドラマ)

季節が変わる日(1982年・日本テレビ)
演出:久野浩平
脚本:山田太一
出演:八千草薫、岡田真澄、小池朝雄、早川勝也、キャロライン、ハナ肇

教育についていろいろ考えるドラマ
なかなかの力作


b0189364_08131479.jpg 不登校の息子をある山間の寄宿学校に入れることにした女性(八千草薫)と、非行の娘を同じ学校に入れることにした男性(岡田真澄)が恋愛関係に陥っていくというストーリー。この学校というのが軍隊式で、子ども達のヤワな根性をたたき直すというコンセプトの施設。おそらく戸塚ヨットスクール(竹林軒出張所『平成ジレンマ(ドキュメンタリー)』を参照)がモデルだと思われるが、ドラマではこのような施設に対する批判精神も顔を覗かせる。一方で荒れる子どもをお払い箱にした親が見せる安心感なども描かれ、少し辛辣さも感じる。
 これも日テレ製作のドラマで、ややリズム感を欠いている上、ホテルのベッドシーンなんかは(以前の日テレドラマらしさを感じるような)ちょっと気恥ずかしい演出で、ちょっとどうよと思うようなものであったが、先が読めないストーリー展開はさすが山田ドラマである。子どもを寄宿学校に入れて親たちがよろしくやっているということには反撥も感じるが(主人公の口からもそういうセリフが語られる)、しかしこの親たちにしても、不倫ではないわけだし恋愛したって問題はないわけで、こういう(視聴者という)第三者による(一方的で)禁欲的な考え方は理不尽である。本来は。だがまあそういう感慨を持つのも自然といえば自然で、一方でそういう紋切り型の考え方をしてしまう自分が何やらみっともなくもあり、なかなか厳しいところを突かれたという感じが残る。かくのごとく、いろいろ考えるところが多いドラマで、そのあたりも山田ドラマらしいと言える。
 教育の問題は難しいし、特にこのドラマが製作された時代は不登校に対する定見がなかったこともあり、親も社会も手探り状態であったと思う。教育の歪みが校内暴力などという形で現れたのもこの少し前の時代で、教育については難しい問題が山積みであった。答えは簡単に見つからないし、今も正答があるわけではないが、社会が以前より柔軟に対処しているのは実感できる。それは教育に対して真摯に向き合った人々の成果でもあるわけで、こういった問題意識の高いドラマも一役買っていたのではないかと思う。実際山田太一には教育論(『親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと』)もあり、これも大変興味深い本であった。子どもが提示してくる問題に対しては真摯に向き合うというのが唯一の方策なのかなとも思うが、このドラマでも何となくそういう方向性が示されていたように思う。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと(本)』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『テレビがくれた夢 山田太一 その1(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『テレビがくれた夢 山田太一 その2(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『平成ジレンマ(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-08-10 08:13 | ドラマ