ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

<   2017年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

『ホームレス理事長』(ドキュメンタリー)

ホームレス理事長(2016年・東海テレビ)
監督:土方宏史
撮影:中根芳樹

教育、理想、事業などに思いを馳せる

b0189364_20284283.jpg 中途退学の元高校球児たちを集めて、彼らが野球を続けながら高卒資格を取れるような組織を作ったある中年男の話。この男、山田豪という人だが、中途退学で行き場がなくなった高校球児を救おうという情熱を持ち、彼らの受け皿になるNPO法人「ルーキーズ」を作る。とは言うものの、現実は甘いものではなく、毎年1千万円以上の赤字を出しており、経営は思わしくない。金策に翻弄する毎日だが、それに密着して、理念だけではなかなかうまく行かない現実の厳しさを伝えるドキュメンタリー。
 ドキュメンタリーでは、一方で、生徒側、あるいは監督らのスタッフにも密着し、さまざまな方向からこのNPOに迫る。それぞれの当事者にそれぞれなりの思いがあることがわかり、多面的なアプローチが非常に新鮮に映る。
 野球部の監督には、監督として甲子園に出場しながらその後暴力事件で高校野球界を追放された池村英樹を抜擢するなど、スタッフもかなりユニークな顔ぶれ。生徒の方も、突然カメラに向かって襲いかかってくるやつなどいて、正直こういった状態で大丈夫かと心配になる。
 このルーキーズ、案の定、生徒の数もその後あまり増えず、野球チームの状態も芳しくない。生徒側もやる気のなさをもろに出しているような者もおり、先行きはかなり不安。しかも山田豪理事長は、この組織の内部状況にはあまり関与せず、もっぱら金策に走り回るという有様で、前途ははなはだ心許ない。やがて破綻するのが目に見えるようで、正直直視できない状況が続く。そういう意味では非常にストレスのかかるドキュメンタリーではあるが、いろいろな人間の思いが交錯するこの法人の現場をうまく捉えていて、そういった人間模様を中心にこの組織の姿があぶり出されている。手法としては見事である。
 先月、今月と日本映画専門チャンネルで東海テレビ製作のドキュメンタリーがまとめて放送された。今回その放送をたて続けに見たわけだが、前に見た『死刑弁護人』、先日見た『ヤクザと憲法』など、どれもきわめてユニークな上、アプローチの仕方も真摯で非常に好感が持てるもので、日本の放送界の現場もまだまだ捨てたもんじゃないと思わせる魅力がある。この『ホームレス理事長』についても、見ながら疑問に感じてしまうことに対して、非常に良いタイミングで回答されるような技巧的な巧みさもある。もちろんテーマもユニークで、取り上げられる題材はどれも面白すぎるくらいである。あまり内容については触れない方が良いと思うので細かく語らないが、この作品も(他の東海テレビ作品同様)ドキュメンタリーの傑作であるのは間違いない。
 なおこの東海テレビのドキュメンタリーだが、製作側の方針でDVD化はあえてされないということなので、見る機会があればそのときに見ておくのが良いと思う。
★★★★

参考:
竹林軒出張所『高校中退(本)』
竹林軒出張所『ドキュメント 高校中退(本)』
竹林軒出張所『死刑弁護人(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ヤクザと憲法(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『平成ジレンマ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ふたりの死刑囚(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『長良川ド根性(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『青空どろぼう(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2017-01-31 07:28 | ドキュメンタリー

『ヤクザと憲法』(ドキュメンタリー)

ヤクザと憲法(2016年・東海テレビ)
監督:土方宏史
撮影:中根芳樹

ヤクザに人権はないのか

b0189364_7554324.jpg 大阪のヤクザ組織、清勇会の事務所に入り込み、長期に渡って密着取材を続けるという前代未聞のドキュメンタリー。『死刑弁護人』でお馴染みの東海テレビ製作である。
 内側から見てみると、ヤクザ組織ではあるが、そこらあたりにある普通の組織とあまり大きな違いがあるように見えない。拳銃や日本刀がそこかしこにあるというわけではなく、事務所があり、若い見習いが共同生活する大部屋がありという、ちょっと見たところ相撲部屋を思わせるようなたたずまいである。組員たちも、実のところはわからないが割合、普通の関西のオッサンという感じで、感じが良い人もいれば怒鳴り散らす人もいるという印象である。
 こういったヤクザ組織は、暴力団対策法が施行されて以来、一定の条件に当てはまれば指定暴力団に指定され、警察や検察にさまざまな圧力をかけられ続けている。結果として、組員はあちらこちらで「不当」と言えるような扱いを受けている。このドキュメンタリーでも、車の傷を保険会社に請求しただけで、保険会社を脅迫したという罪状で家宅捜査を受けるという場面が紹介されていた。その際、捜査関係者(おそらく刑事)が、この映画の撮影者を恫喝ならびに脅迫するなどという行為もあり、どちらがヤクザ者かわからないような場面もある。
 また、指定暴力団の組員であればそれだけで銀行に口座を作れないことから、組員であるという事実を隠して口座を作ったところ詐欺容疑で逮捕されるという事例も紹介されていた。とにかく組員に対する締め付けは異常で、反社会的な行為をしていようがしていまいが、一律に排除するという構図が見て取れる。さらに組員の子どもの幼稚園への入園が拒否されるとか、ヤクザ組織の顧問弁護士が不当逮捕されるとか、彼らを取り巻く世界は異常以外のなにものでもない。こういった状況は明らかに行きすぎで、実際そのためか組員の数は減少しているが、しかしそれで元組員たちが反社会的な行為をしなくなるかというとそれはまた別の話なのである。なんせ彼らを受け入れる余地が堅気の社会にはないため、結局は表に出ないように形を変えて不法な活動を続けるというケースも多いらしい。それを考えると、暴力団対策法や暴力団排除条例が本当に有効なのかもよくわからなくなる。少なくとも今のように、組員というだけで、必要以上に彼らの生活に制限を加えることが正しいのかは疑問である。とにかく排除しさえすればよいとする考え方は、オウム真理教の事例などと同様、一種のヒステリーみたいなもので、実は共存する道を模索するという考え方もあるのではないか……そういうことを考えさせるドキュメンタリーである。結論はなかなか難しい部分があるが、いずれにしてもテーマといい方法論といい非常に画期的な作品である。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『死刑弁護人(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『平成ジレンマ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ホームレス理事長(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ふたりの死刑囚(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『長良川ド根性(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『青空どろぼう(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『A(映画)』
竹林軒出張所『A2(映画)』
竹林軒出張所『「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔(本)』
by chikurinken | 2017-01-30 07:57 | ドキュメンタリー

『脳は奇跡を起こす』(本)

b0189364_20132134.jpg脳は奇跡を起こす
ノーマン・ドイジ著、竹迫仁子訳
講談社インターナショナル

神経可塑性の可能性

 神経可塑性について紹介する本。
 従来、脳細胞は一定の年齢になると成長しないで衰えるだけと考えられてきたが、実は必要に応じて変化していくというのが神経可塑性という考え方である。たとえば脳障害のために動かなくなった部位がその後動かせるようになったケースの場合に、詳しく調べると実は通常と違う代替の脳部位が使われるようになっていたことが判明するなどというのがその実例である。脳が回路を作り替えていたわけである。
 著者は精神科医で、この本では神経可塑性についての最新の知見が紹介される。脳障害だけでなく、これまで不治の病とされてきた病気も、神経可塑性を利用することで回復する可能性があることも記述されている。自閉症やPTSDまでがその対象になる。紹介されている実験も面白いものが多く、被験者にテーブルが腕の一部であるかのように認識させると、テーブルを叩いたときにその被験者が痛みを感じるなどのケースはユニークで興味深い。
 ただ、この著者は基本的に精神科医でフロイトの考え方を踏襲しているらしく、少し疑わしい内容のものもあった。フロイトの理論について神経可塑性で説明している部分はそれなりに説得力があるが、ホンマかいなという感情も最後まで残る。
 またネットポルノ中毒についても1章を割いて解説しているが、これも結構怪しい。やや独断的な見方が少々気になるところだが、従来信じられていた局在論(脳の機能が特定の脳領域に固定されているとする考え方)に対抗する1つの解答がここにあるのも確かである。必要な部分だけ読んで吸収したら良いだけのことだ。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『奇跡の脳(本)』
竹林軒出張所『再起する脳 脳梗塞が改善した日(本)』
竹林軒出張所『壊れた脳 生存する知(本)』
竹林軒出張所『よみがえる脳(本)』
竹林軒出張所『タッチ・ザ・ミュージック(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-01-28 07:12 |

『塾講師にだまされるな!』(本)

b0189364_20402383.jpg塾講師にだまされるな!
黒い講師著
主婦と生活社

教育もブランド化

 中学受験塾の講師が、この手の塾の内情を暴いた本。
 実際に担当している生徒の例を具体的に紹介しながら塾講師の日常を描くという内容で、元々はブログだそうだ。塾講師が親をどのように乗せて金を使わせるかという戦略が紹介される他、生徒の親が現状を適確に把握できず、子どもに無理な難関校を目指させるような状況も描かれる。親に金を出させる(つまりは個別授業を増やす)方法は、見方によってはあくどいとも言えるが、あちらもビジネスであるから、第三者的には別に問題あるとは思わない。それよりも、見栄のせいか知らないが親が異常に子どもの中学受験に肩入れする姿が、端で見ていてあまりにバカバカしく感じられる。多くの親が名門中学入学がゴールのように考えているフシがあるのもどうかと思う。中学なんて公立で良いだろうと思うが、親、そして親からいろいろと吹き込まれた子どもが、極度の学校ブランド志向になっているのか、かなり異常な世界が展開されている。試験直前になると親たちが異常な姿を見せ始めるのもはなはだ奇異で、目も当てられない状況に映るが、そういう状況を世の中に紹介しているという点で、意味のある本かも知れない。
 ただ、「バカ親」とか「バカ生徒」とか、差別的な表現が多く、読んでいて結構不快な気分になる。確かに愚かな人々ではあるが、こういった高飛車な態度で臨むのが正しいのか、少なくとも公の場でこういう表現を使うことが良いことなのか、考えた方が良いんじゃないかと思うが如何。読んでいてなんだかこちらが「バカ」だと言われているような気がしてならないが、そんな俺がバカなのか? それにどことなく、いろいろな問題点を前にして著者が開き直っているような感じも受ける。そういうわけで、この著者にもこの本にもシンパシーは感じない。
 それはさておき、中学受験周辺のおかしくももの悲しい様子がよくわかって、それについては収穫と言える。関係者もいい加減こんなくだらない状態から脱却したら良さそうなものだが、一方でこういう傾向を助長する著者みたいな立場の人がいるのも事実。まあ、受験サービスの利用者も、その利用者を利用する受験サービス側も持ちつ持たれつの関係ってことなんだろう。
★★★

参考:
竹林軒出張所『督促OL 修行日記(本)』
竹林軒出張所『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(本)』
竹林軒出張所『オタ中国人の憂鬱(本)』
by chikurinken | 2017-01-27 07:39 |

『ドミトリーともきんす』(本)

ドミトリーともきんす
高野文子著
中央公論新社

こちらが読みたいものと大きく異なる

b0189364_7542432.jpg 高野文子のマンガということになると非常に期待してしまうが、この作品は面白くない。朝永振一郎、湯川秀樹、牧野富太郎、中谷宇吉郎の4人の著作を紹介していくというコンセプトのマンガだが、マンガにする必然性があまりないため、マンガ的な面白さは皆無である。
 「ドミトリーともきんす」という名前の寮にこの4人が若い学生として住んでいて、寮母のとも子、その娘のきん子と関わり合うという設定で工夫は見られるが、なにせ紹介される著作がかれらのエッセイみたいな本であるため、その本の内容自体が面白いと感じない。それが最大の難点である。著者自身がかれらの著作を気に入って、それでマンガ化を試みたということらしいのだが、面白さはまったく伝わってこなかった。
 残念ながら、高野文子らしい繊細な感性もなければ、絵としての面白さもあまりない。個人的に非常に好きな作家だけに、次回作には期待したいと思う。
★★☆

参考:
竹林軒出張所『火打ち箱(本)』
竹林軒出張所『夏休みが終わります』
by chikurinken | 2017-01-25 07:54 |

『21世紀少年 (上)(下)』(本)

b0189364_17494486.jpg21世紀少年 (上)(下)
浦沢直樹著
小学館

ハリウッド映画のような虚しさ

 『20世紀少年』の続編、つまり後日談。連載時の事情は知らないが、たぶん『20世紀少年』から引き続きそのまま連載が続いた、つまりタイトルの付け替えだけが行われたんじゃないかと思う。『20世紀少年』の時点で一応は決着が付いたが、依然として謎を残したままで、その謎が『21世紀少年』で明かされる。つまり世界大統領の「ともだち」の正体が明かされ、地球の滅亡が回避されるといったような内容。
 個人的には「アホクサ」の状態が続いていたため、内容については正直どうということはないというのが僕の感想。『20世紀少年』の全体像が見えた、謎解きが終わったという単にそれだけの結果で、ハリウッドのアクション映画のように、読み終わった後は虚しさだけが残った。
★★★

参考:
竹林軒出張所『20世紀少年 (1)〜(22)』
竹林軒出張所『手塚×石ノ森 ニッポンマンガ創世記(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2017-01-24 07:08 |

『20世紀少年 (1)〜(22)』(本)

20世紀少年 (1)(22)
浦沢直樹著
小学館

キミは著者の大風呂敷に付き合えるか

b0189364_7372970.jpg 15年以上前のマンガで、当時結構人気があったように記憶している。映画化もされ、テレビCMで放送される映画の予告編が不気味だったことを憶えている。
 内容も、おそらくオウム真理教の一連の事件をモチーフにしたであろうストーリーで、全編に不気味さが漂う。
 70年代に少年少女時代を送った主人公たちが成長し、その同級生の中に数々の怪事件の首謀者がいるということがわかり、かつての仲間たちを集めてその究明に乗り出すというストーリー。やがてそこに不気味な宗教団体の存在が明るみに出て来てしっちゃかめっちゃかになるというふうに話が進んでいく。
 主人公たちは、概ね僕と同世代で、使われる懐かしグッズも概ね知っているし、ノストラダムスの世紀末に関する予言なども身近だったため、このマンガで扱われている世紀末の恐怖感なども身近には感じる。実際オウム真理教も、あの予言からもたらされた不安を心の中のどこかに持っていた信者が中心だったというし、モチーフとしては面白い。ただし話が進んでいくうちに、物語の空間的な広がりがあまりにないことがだんだん見えてきて少々しらけてくる。もちろん、この著者は、画力がある上、見せ方が非常にうまい(先が非常に気になる終わり方をする)ため、どんどん読み進めることはできるんだが、ストーリーがやはり安直であると感じてしまう。大風呂敷を広げてはみたが、どうしようもなくなったという感じもあるし、何より死んだことになっている登場人部が実は生きていてその後大活躍するなどというストーリーもちょっと受け入れがたい。ご都合主義的と言わざるを得ない。
 これくらい画力、表現力がある作家であれば、もう少ししっかりしたストーリーならば良い作品ができるんじゃないかと感じたりする。そういう意味では、この作家にとっては原作ものの方が良いんではないかと感じる。実際この著者の『マスターキートン』なんかよくできていて面白かった。とりあえず『20世紀少年』については、ストーリーが稚拙過ぎるという評価に尽きる。語り口があまりにうまいため22巻までひたすら引っ張られてしまったが、途中からアラが見え始め、最後の方ではアホクサという見方をしていたことをここに明記しておく。
★★★

参考:
竹林軒出張所『21世紀少年 (上)(下)(本)』
竹林軒出張所『手塚×石ノ森 ニッポンマンガ創世記(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2017-01-23 07:38 |

『隣の女』(映画)

隣の女(1981年・仏)
監督:フランソワ・トリュフォー
脚本:フランソワ・トリュフォー、シュザンヌ・シフマン、ジャン・オーレル
出演:ジェラール・ドパルデュー、ファニー・アルダン、アンリ・ガルサン、ミシェル・ボームガルトネル

激しい恋の風に巻き込まれたら最後さ

b0189364_1834297.jpg 隣に引っ越してきた夫婦の若妻がかつて自分が愛した女だったという、昨今の安っぽいドラマやAVにありがちな設定の映画。今となってはよくある設定だがその元祖かも知れない作品である。
 「一緒では苦しすぎるが、ひとりでは生きていけない」というこの映画のキャッチフレーズ通り、激しい激しい恋愛が展開されるが、ちょっと狂気がかってきてだんだん見るのがきつくなる。もう少しのんびりした映画かと思って見始めたが、ちょっと当てが外れた(勝手な思い込みではあったが)。同じ監督の『アデルの恋の物語』を思い出させるような激しさである。激しい恋に憧れる人やそういう映画を見たい人にはピッタリかも知れないが、一般的な倫理観を持つ人にとっては、少々気分が悪くなる作品かも知れない。僕なんか年を取ったせいか、『暮れ逢い』の時と同様、こういう映画を目にすると「なんでわざわざアブない道を選ぶかな」という視点で見てしまう。我ながら面白味のない人間になってきた。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『暮れ逢い(映画)』
竹林軒出張所『華氏451(映画)』
竹林軒出張所『レ・ミゼラブル (1)〜(4)(ドラマ)』

by chikurinken | 2017-01-21 07:03 | 映画

『ベルリン・天使の詩』(映画)

ベルリン・天使の詩(1988年・独仏)
監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ヴィム・ヴェンダース、ペーター・ハントケ
出演:ブルーノ・ガンツ、ソルヴェーグ・ドマルタン、オットー・ザンダー、クルト・ボウワ、ピーター・フォーク

「天使、コロンボ、ブランコ」をお題にした
三題噺のような作品


b0189364_20443793.jpg 88年当時のベルリンの社会を天使の目で描いた映画。空中ブランコや刑事コロンボ(ピーター・フォーク)が登場するなど、やや混沌とした風景ではあるが、映像は最初から最後まで、概ねモノクロ(一部カラー)の落ち着いたものである。ストーリーも分かりやすくはなっているが、伝えられる情報が著しく少ないため、見方によっては退屈する、あるいは眠くなる。余裕のあるときにゆったりした気分で見れば良いというタイプの映画である。
 映画の中では事件らしい事件もなく、悪人も出てこず、そういう意味ではどことなく小津映画を彷彿させる要素がないわけではない(小津映画との類似性はあまりないが)。もっとも監督のヴィム・ヴェンダースが小津ファンであることも有名で、この映画の最後にも「安二郎、フランソワ、アンドレイに捧ぐ」と字幕が出るほどである。この映画にほのぼのした味わいがあるのは、あるいは小津映画の影響かも知れない。
 ストーリー自体は、少々とってつけたような感がなきにしもあらずで、さながら三題噺であるかのような話である。タイトルにも示されているが、全編「詩」的なフレーズが語られるため、文学的な趣味のある人には堪らないかも知れない。
1987年カンヌ国際映画祭監督賞受賞
★★★

参考:
竹林軒出張所『小津安二郎・没後50年 隠された視線(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2017-01-20 07:44 | 映画

『ドラゴン怒りの鉄拳』(映画)

ドラゴン怒りの鉄拳(1971年・香港)
監督:ロー・ウェイ
脚本:ロー・ウェイ
出演:ブルース・リー、ノラ・ミヤオ、ロバート・ベイカー、ジェームズ・ティエン、橋本力

見所はブルース・リーのアクションのみ

b0189364_7431018.jpg 上海日本人租界で日本人に虐げられている中国人が、不当に虐げる日本人を成敗するという復讐譚。
 中国人の武術道場の師範が殺され、その事件に日本人の武術道場が絡んでいることが後にわかり(しかもこの道場、自らの犯行を誇示しているかのように、ご丁寧に中国の道場をやたら挑発する)、そこへ中国道場に所属する武術の達人(というより超人)チェン(ブルース・リー)が1人で殴り込みをかけ、全員を大虐殺するというストーリー。言ってみれば、昨今中国でよく放送されているという抗日ドラマの類のストーリーで、内容は荒唐無稽。しかも背景が正確に描写されていないため、状況がよくわからない。ウィキペディアで調べてみると、1909年清朝末期の話だということで、租界では外国人が治外法権みたいなものを振りかざして好き勝手に振る舞っていたらしい。こういう事情については、香港の観客は公開時にすぐに理解できたのかも知れないが、外国で上映する上ではある程度の説明を最初に入れておくなどの工夫が必要だと思う(入るには入っていたようだがしっかりした説明になっておらずよくわからなかった)。
 ストーリーとか細部の演出は低レベルで、唯一の見所はブルース・リーの格闘シーンであるが、これはそれなりに面白くはある。僕は劇場公開時にこの映画を見たんだが、そりゃあ当時の子どもはみんなブルース・リーの真似をしていたもので、特にヌンチャクを使ったアクションは秀逸で、おそらくこの映画が元祖ではないかと思われる。ただし格闘シーンは、日本の大衆時代劇でも同様だが、主人公中心に世界が廻るようなものでリアリティがまったくなく、見ているうちにあほくさくなる。主人公が超人でも良いんだが、そこには何らかの説得力がないと結局子供だましで終わってしまう。で、この映画も、こちらが老成した今見ると、結局「子供だまし」で終わっていることがわかるのだ。
 今回、ブルース・リーの映画は他にも何本か見る予定だったが、どれもストーリーは似たようなものだし、もう見なくて良いだろうという結論に達した。なお、この映画には、若き日のジャッキー・チェンが端役とスタントで出演しているそうだ(まったく気が付かなかったが)。また悪い日本人の親玉、鈴木を演じるのは、大魔神俳優(大魔神の着ぐるみの中に入っていた役者)の橋本力である。
★★★

参考:
竹林軒出張所『昭和残侠伝 唐獅子牡丹(映画)』
竹林軒出張所『昭和残侠伝 死んで貰います(映画)』
竹林軒出張所『ザ・ヤクザ(映画)』
竹林軒出張所『大魔神甦る』
by chikurinken | 2017-01-18 07:43 | 映画