ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

『子どもの夜ふかし 脳への脅威』(本)

b0189364_738126.jpg子どもの夜ふかし 脳への脅威
三池輝久著
集英社新書

思ってる以上に睡眠は重要なのさ

 子どもの夜更かしが生活リズムを狂わせ、不登校や引きこもりの最大の原因になっているということを告発する本。著者は小児科医。
 現代に蔓延する夜型の生活の影響を子どもたちがモロに受けており、その結果生活リズムが乱れて、最終的に概日リズム(体内時計によって形成される生活の周期)の狂いが生じるということが、昨今頻繁に起こっているというのが著者の主張。さらには、幼少期における概日リズムの狂いが自閉症の原因になると主張する。
 さすがに自閉症の原因が概日リズムの狂いというのはにわかに信じがたいが、睡眠障害が中高生をむしばんでいる状況は最近間近に目にしているので、著者の主張には概ね賛同する。この本で取り上げられているケーススタディは、リアリティが感じられるものばかりで、それだけでも著者の(多くの)主張の信憑性が裏付けられるというものである。過剰な勉強やゲームのために睡眠障害で苦しむことになった若い人達、およびその周囲の人々に是非読んでほしい本である。
★★★☆
--------------------------

 以下は、以前のブログで紹介した同著者の本『学校を捨ててみよう!』の評の再録。

(旧ブログ2004年7月16日の記事より)
b0189364_739102.jpg学校を捨ててみよう! 子どもの脳は疲れはてている
三池輝久著、講談社プラスアルファ新書

 ひきこもりや異常な少年犯罪は、少年の脳が疲労によって障害を受けているせい(慢性疲労症候群)であって、早急に対応しなければならない、ということを訴える小児科医師の本。
 前半部の若年世代の分析については少し問題があるが、後半部の脳生理学からの各症状の分析や、教育制度に対する批判はなかなか読み応えがある。少年の問題に対する1つの(ただし非常に有力な)解釈ととらえて読むのが良い。私自身、心当たりがある点がいくつかある。
 慢性疲労症候群が発症している子どもたちに対する具体的な処法も記述されている。現代の教育全般に警鐘を鳴らす真摯な本だ。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『脳は眠らない 夢を生みだす脳のしくみ(本)』
竹林軒出張所『ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか?(本)』
竹林軒出張所『「金縛り」の謎を解く(本)』
竹林軒出張所『脱ネット・スマホ中毒(本)』
by chikurinken | 2014-11-29 07:39 |

『いじめっこいじめられっこ (1)』(本)

b0189364_815596.jpgいじめっこいじめられっこ (1)
谷川俊太郎と子どもたち著
童話屋

純粋さが痛いほど伝わってくる本

 本体価格300円の文庫本。子どもたちの小遣いでも買える本というコンセプトで出版されたらしい。内容は、いじめに関連する詩を紹介していくというもので、掲載されている詩は谷川俊太郎のものの他、実際に小中学生が書いたものである。谷川俊太郎も小さい頃いじめに遭ったらしく、詩を書くことで鬱憤を晴らすことができたという。そのため、子どもたちにもいじめで嫌な思いをしたら詩を書くことで鬱憤を晴らせと勧めている。
 ここに掲載されている子どもたちの詩には、いじめに対するさまざまな思いがストレートに表現されていて、いろいろなことを感じる。本書の編者の田中和雄氏は、この本をスタートラインとして「いじめさよなら運動」を展開しようと目論んでいるらしい。
 このように、この本にはそもそもの製作の動機からして非常にピュアな印象を感じるが、安価に設定して売るという販売方針についても純粋さが窺われる。とは言ってもこの値段で本当に商売が成り立つのかはよくわからない。善意で始められた企画はうまく行ってほしいが、現実は厳しそうである(300円で売ってはたして儲けが出るんだろうか……と思う)。成功を祈りたいところである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『詩のこころを読む(本)』
竹林軒出張所『喜劇 にっぽんのお婆あちゃん(映画)』
竹林軒出張所『いじめを語ろう 〜カナダ ある学校の試み〜(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『カナダ いじめ撲滅プロジェクトの1年(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『いじめの果てに(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『追いつめられて 〜アメリカ いじめの実態〜(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2014-11-28 08:15 |

『スクールセクハラ』(本)

b0189364_741827.jpgスクールセクハラ
なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか

池谷孝司著
幻冬舎

隠蔽される教師によるセクハラ

 学校現場での、教師による生徒へのセクハラを告発する書。
 中学や高校のクラス、部活動などを舞台にした教師によるセクハラが現在多数報告されており、懲戒免職になる教師も多い。原因の一つには、教師に絶対的な権力が与えられていること(評定や選手選抜の権限を持っている)があり、しかもそれぞれの舞台が密室になりやすいということも挙げられる。
 本書では、具体的な事例をいくつか紹介しながら、現実にどのような手口でセクハラが行われるかが示され、同時にその解決が非常に難しいこともあわせて示される。解決が難しくなるのは、学校側や教育委員会による、身内の不祥事を隠蔽したいという体質が働くからだと著者は言う。また、被害者がいったん告発を初めても、他の保護者からの反発やいじめなども出てくるというんだからいっそう厄介だ。彼らには、明日は我が身だと感じるような想像力はないんだろうかと思う。いずれにしても、被害に遭う可能性がある生徒たち、そしてその保護者側が、現状をしっかり認識した上で、学校の風通しをよくすることが唯一の解決策ではないかと思うが、このあたりはいじめの問題とも共通する。そういう意味でこういう本は、啓発の一助として、非常に重要な役割を果たすことになる。この本は元々、共同通信の記事をまとめたものだというが、新聞などの媒体でも頻繁に特集してほしい題材ではある。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『いじめを語ろう 〜カナダ ある学校の試み〜(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『カナダ いじめ撲滅プロジェクトの1年(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『いじめの果てに(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『追いつめられて 〜アメリカ いじめの実態〜(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『『ロスジェネ社員のいじめられ日記(本)』
by chikurinken | 2014-11-26 07:42 |

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2』(本)

b0189364_833194.jpg家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2
K・Kajunsky著、ichida漫画
PHP研究所

続編でも同じ空気

 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の続編で、相変わらず妻の「ちえ」さん、突っ走ってます。
 第2巻では、フリマやビールかけまでやっている。おそらく実話が基になっているんだろうが、このちえさんの社会性というものがとても気になる。あまりに夫に精神的に依存しすぎているようで、こういう人が社会人としてやっていけるのかなどと考えてしまうのも前巻同様。もちろん端で見ている分には面白いが。
 なおこの第2巻には、第1巻にあったような文章部分はない。全編ichida氏の味わいのあるマンガで構成されている。空気感が大変心地良い。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(本)』
竹林軒出張所『家に帰ると妻がカフェをやりたがっています。(本)』
竹林軒出張所『漫画・日本霊異記(本)』
by chikurinken | 2014-11-25 08:04 |

『失職女子。』(本)

b0189364_947152.jpg失職女子。
私がリストラされてから、生活保護を受給するまで

大和彩著
WAVE出版

生活保護受給の実際

 親に虐待を受け続けた中年女性が、失業して、どうにも立ちゆかなくなって最終的に生活保護を受けるまでを書いた手記風の本。ネット連載が元々の出所だという。
 著者の境遇には同情を禁じ得ないし、他人事だとは思えないことばかりではあるが、なにぶん書かれている内容が非常に後ろ向きで、最終的な到達点が生活保護というのも救いがないように思う。これが現実だというのも重々わかるが、読んでも気分が沈むだけで、あまり良い影響はないように思う。読む方が元気なとき以外はお奨めできない。
 なお著者は、親の虐待、失職以外にも、パニック障害や乖離障害なども持っているそうで、これ以上生活保護に適した人はいないんじゃないかという御仁である。Amazonのレビューを見ると、「甘えている」だの「抜け道を使っている」だのトンチンカンなことを言っている連中がいるが、本のレビューを発表するんならちゃんと読んでからしろよと言いたくなる。こういう内容の本には必ずこの手のやっかみレビューが現れるが、大変気分が悪い。
 とは言っても、僕自身もこの本を高く評価しているわけではなく、拙い表記や強い被害者意識はあまり好きになれないが(こういう境遇の著者が被害者意識を抱くのも無理はないとは思うが)、しかし現実の生活保護手続きを詳細に紹介している点は評価できるんじゃないかと思う。生活保護は、申し込もうとしても窓口で断られるケースが一時期多かったと聞くが、今は––というか、少なくとも著者が住んでいる地域では、本書によると対応は良いみたいである。職安の職員やカウンセラーなども親身な応対をしてくれているようで、そのあたりはわずかな救いである。いずれにしても人が生きにくい社会になっているとは思う。
★★★

参考:
竹林軒出張所『セーフティネット・クライシス vol.3(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『ドキュメント 高校中退(本)』
竹林軒出張所『老人漂流社会(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『パーク・アベニュー 格差社会アメリカ(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2014-11-24 09:47 |

『放射線を浴びたX年後 3』(ドキュメンタリー)

放射線を浴びたX年後 3(2014年・南海放送)
日本テレビ NNNドキュメント'14

日テレの良心
その真髄と言えるドキュメンタリー


b0189364_8225266.jpg 常々『NNNドキュメント』は日テレの(ほぼ唯一の)良心だと思っていたが、この番組はまさにそれを地でいくような内容である。非常に地味なテーマだが、今の世代が明らかにしておくべきテーマでもある。
 1954年にアメリカによって南太平洋で行われた水爆実験で、日本の第五福竜丸が被曝し犠牲者が出たことは有名だが、実は他にも被曝した船が900以上あったというのが、このドキュメンタリーの主張である。こういった船や被曝した船員などについては、日本政府はこれまで頑なに存在しなかったことにしており、被害者に対しても医療補償が行われてこなかったようである(この辺は今回のドキュメンタリーでは明らかにされていなかったように思う)。そしてその被害者たちも多数が比較的若い段階で死去しており、現在生存している関係者は少ない。
 彼らに対して聞きとり調査をし、一方で厚生労働省の責任を追及しているのが、高知県の元高校教師の山下正寿氏で、このドキュメンタリーでも彼の精力的な活動が中心に据えられている。実は、今年になって厚生労働省が、規定に従い当時の記録を開示したため、止まっていた時計の針が少し動き出したのだった。ただし開示された記録は、黒塗りが満載で、当時の船員に対する医療データなどは、まったくわからないようになっている。で、いくつか明らかになった当時の記録から推測すると、当時のあるマグロ漁船では、船員が1000ミリシーベルト以上の放射線を浴びているのではないかということが見えてきた。b0189364_8241249.jpg相変わらず木で鼻をくくったような対応をする厚労省だが、その一方で高知県庁が動きだし、事態は新しい展開を迎えそうな局面になっている、というのが今回のドキュメンタリーの主旨である。
 実はこのドキュメンタリー、8年前に作られ『NNNドキュメント』で放送されたのがシリーズの最初(放送関係のさまざまな賞を受賞)で、今回がシリーズ第3作ということになる(おそらく)。愛媛県の南海放送が地道に追っているテーマで、先頃このドキュメンタリーを基に映画化もされたらしい。そのあたりの詳細はよく知らなかったが、以下のリンクを辿ればある程度把握できる。一度まとまった形で見てみたいドキュメンタリーである。
★★★☆

参考:
劇場映画『X年後』公式サイト
NNNドキュメント'14「放射線を浴びたX年後」
by chikurinken | 2014-11-22 08:26 | ドキュメンタリー

追悼 高倉健

b0189364_8183215.jpg 高倉健の訃報を聞いた。日本映画界の最後のレジェンドの一人(もう一人は吉永小百合)であるため、あちこちのニュース番組で報道されている。多くの人に影響を与えた映画人であることは言うまでもないし、僕自身も映画をよく見るようになって、映画界における彼の存在の大きさにあらためて気付かされた。このブログでも、これまでに高倉健関連作品を多数紹介しているため、ここでまとめておこうと思う。
 中でもやはり、『駅 STATION』が出色であると思う。合掌。

参考:
竹林軒出張所『駅 STATION(映画)』
竹林軒出張所『遙かなる山の呼び声(映画)』
竹林軒出張所『単騎、千里を走る。(映画)』
竹林軒出張所『昭和残侠伝 唐獅子牡丹(映画)』
竹林軒出張所『昭和残侠伝 死んで貰います(映画)』
竹林軒出張所『ザ・ヤクザ(映画)』
竹林軒出張所『冬の華(映画)』
竹林軒出張所『八甲田山(映画)』
竹林軒出張所『君よ憤怒の河を渉れ(映画)』
竹林軒出張所『飢餓海峡(映画)』
竹林軒出張所『鉄道員(ぽっぽや)(映画)』
竹林軒出張所『刑事(ドラマ)』
竹林軒出張所『証言 日中映画人交流(本)』
竹林軒出張所『中国10億人の日本映画熱愛史(本)』
by chikurinken | 2014-11-20 07:18 | 映画

『生きづらさに向き合って』(ドキュメンタリー)

生きづらさに向き合って 〜ある精神科クリニックの挑戦〜(2014年・NHK)
NHK-Eテレ ETV特集

精神科の可能性が垣間見えた

b0189364_7473239.jpg 昨今、生きづらさを感じている人々が増えているため、精神科の病院も大繁盛だが、結局対処療法に終始してあまり有効な結果が得られていないのが実情のようだ。(本来であれば服用の必要がないような)薬を処方することによって欝病の患者を増やしているなどという批判も出てきている。
 そんな中、このドキュメンタリーに出てくる病院、「札幌なかまの杜クリニック」は、「当事者研究」というロール・プレイイング風の治療法を実践しており、一定の効果を上げている。ここの心理療法士が、元々別の精神障害者施設で実践したプログラムが基になっているらしく、その施設でも効果を上げてきたため、なかまの杜クリニックでも本格的に取り入れたということらしい。
 さらに、通院中の患者をスタッフとして雇用するなどという大胆な試みも行っており、この病院の取り組みは非常にユニークである。基本的には、スタッフと患者が全員一丸となって、それぞれの患者に寄り添うというコンセプトのようで、スタッフと患者の間にも親しげな雰囲気が常に漂う。この病院の取り組みを見ていると、精神障害の本質が見えてくるような気さえしてくる。
 この病院の「当事者研究」というプログラムは、同じ業界でも注目を浴びているようで、見学者も多いという。こういうプログラムがよりブラッシュアップされて全国に広がれば、生きづらさを感じる人を減らすことにもつながるんじゃないかと期待できるようなドキュメンタリーだった。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『入院しちゃった うつウーマン(本)』
竹林軒出張所『人間仮免中(本)』
竹林軒出張所『統合失調症がやってきた(本)』
竹林軒出張所『失踪日記2 アル中病棟(本)』
by chikurinken | 2014-11-19 07:48 | ドキュメンタリー

『医療ビッグデータ 患者を救う大革命』(ドキュメンタリー)

医療ビッグデータ 患者を救う大革命(2014年・NHK)
NHK総合 NHKスペシャル

お祭り騒ぎのような医療ドキュメンタリー
笛吹けども汝ら(少なくともアタシはね)踊らず


b0189364_7424140.jpg 今流行りのビッグデータを活用することで医療が劇的に改善するということを訴えるドキュメンタリー。
 いくつか事例が出ていて、まあ確かにビッグデータの活用によって患者の負担が軽減されたり医療が改善されたりしていることはわかるが、そもそもビッグデータを使わなくてもできるような事例が多く、こういうレベルの対策であればこれまですでにやっておくべきだったのではないかと思われるものばかりだった。
 最後に紹介されていたぜんそくの例については、確かにデータの集積で患者の症状が改善したことはわかるが、これはどちらかというとビッグデータというより本人データの追跡・保管とGPSのおかげというような類のもので、ビッグデータの活用事例としてはあまり適切でないような気もする。
 NHKスペシャルの医療特集は、将来の医療についてやけに期待を持たせるような番組作りが目立つが、一方で内容が薄いものも多い。同番組の他の社会ネタに比べると、レベルの低さが目に付く。この『医療ビッグデータ』についてもそれが当てはまり、NHKの医療ドキュメンタリー班の能力にちょっと疑問を感じるところだ。バカみたいに大騒ぎするような番組を作るんではなく、地に足を付けた番組作りを心がけてほしい。
★★★

参考:
竹林軒出張所『病の起源 第1集 がん(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2014-11-17 07:43 | ドキュメンタリー

『棋士VS将棋ソフト 激闘5番勝負』(ドキュメンタリー)

棋士VS将棋ソフト 激闘5番勝負(2014年・NHK)
NHK-Eテレ ETV特集

プロ棋士の対局には
勝利以上に求めるべき価値があるのか


b0189364_825096.jpg チェスの世界では、コンピュータの実力がすでに人間を追い越していると言われるが、将棋については持ち駒を使えるという特色のため、コンピュータが人間を追い越すのはずっと先のことではないかと言われてきた。しかしここ数年、将棋ソフトの開発が飛躍的に進歩して、今ではコンピュータソフトがトップ棋士と対戦して勝つこともある……というよりむしろ分が良いと言って良い。
 そういうこともあり、一昨年からトップ棋士がコンピュータと対戦する電王戦という大会が開催されるようになった。実はこの棋戦、当初からコンピュータが勝利を収めていたが、言っては悪いが相手を務めたのが女流棋士(プロになるための規定が一般の棋士ほど厳しくない)と引退棋士なので、コンピュータの力がトップ棋士にどの程度近付いているかはよくわからなかったが、昨年の大会では、A級棋士(トップ棋士)の三浦弘行があっさり敗れたため、コンピュータがとうとう人間を上回ったという認識が広まったのだった。
 で、そういう状況で迎えたのが2014年の大会ということになるわけだが、2014年の大会では、予選を勝ち抜いたソフト5つが、プロ棋士5人とそれぞれ対戦するという趣向で、プロ棋士の方は名だたる棋士ばかりで、これで負けたら将棋連盟は一切言い訳ができないというほどの布陣である。ところが結果は、棋士の1勝4敗で、いよいよコンピュータソフトは侮れない存在として地位を得たことが証明された。
 ただし棋士の中で唯一勝利した豊島将之七段は、周到に準備を重ねた結果、ソフト側の弱点を見事に暴き出し、力戦形(過去にあまり例のない戦法)に持ち込んで勝つという人間ならではの作戦を活用したが、これなどはまた新しい可能性を示唆するものだと言える。豊島によると、棋士側がこういうソフトを利用することでさらに新しい戦術を生みだすことができ、結果的に人間とソフトが棋力を高め合うことにつながるんじゃないかということだったが、まさにそれを実践するような、次に何かが生み出されるような予感がある対局だった。
 このドキュメンタリーは、2014年3月〜4月に行われたこの電王戦を中心に据えながら、現在の将棋ソフトの実力と、それに対峙する棋士たちの将棋への情熱を紹介していくというものである。対戦した棋士の中には、あえてコンピュータが得意な戦法を採用するという棋士もいて(森下卓九段)、単に勝てば良いというような単純なものではない棋士根性が見受けられたのも興味深かった。相手(ソフト)を冷静に分析して勝利を収める棋士もいれば、相手の懐に入りながらより高次の将棋を追求しようとする棋士もいるというわけだ。プロ棋士の求道精神というか、懐の深さが垣間見えたような気がする。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『運命の一手 渡辺竜王 VS 人工知能・ボナンザ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『最強ソフトVS個性派棋士(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代(本)』
竹林軒出張所『山手線内回りのゲリラ(本)』
竹林軒出張所『将棋の解説者』
竹林軒出張所『将棋中継の聞き手』
by chikurinken | 2014-11-15 08:03 | ドキュメンタリー