ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『偏屈のすすめ。』(本)

b0189364_748090.jpg偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで唯一無二のものが生まれる。

フランソワ–ポール・ジュルヌ著、高木教雄構成
幻冬舎

偏屈な時計師の偏屈な哲学

 天才時計師と呼ばれている(らしい)ジュルヌ氏が、自らのもの作りについて書いた本。
 なんでもこのジュルヌ氏、トゥールビヨンという時計のカラクリ(ムーブメント)を自作したことで名前が出るようになったらしく、その後、トゥールビヨンにルモントワールという機構を組み込んだことで一躍その名を知られることになったらしい。なにぶん時計にはまったく疎いので、トゥールビヨンもルモントワールもどういうものかよくわからないんだが、とてもすごいことらしい。
 なんでもこのジュルヌ氏、少年時代は大変な落ちこぼれだったという。いろいろなことを強制的にやらされるのが嫌だったんだそうだ。その後、彼の将来を憂いた母親が、彼を時計学校に入れたところから時計師としてのキャリアが始まる。卒業後は叔父の置き時計工房に就職するが、(店の専門外の)懐中時計を(本人の希望により)そこで作り出す。入ったばかりの新人に新しい分野の事業をやらせるのは当然普通のことじゃないが、だがしかしこれを機に、ジュルヌ氏は才能を発揮し出すのだった。
 このジュルヌ氏のスタイルは、他人の作った機構をそのままコピーするのではなく、自ら分析して試行錯誤しながら、自分のオリジナルの方法で再現するというもので、そういう点でも異色らしい。場合によっては歴史の中で途絶えていた技術を発掘して再現したりすることもやっているようで、ここらあたりは日本の他分野の名工、西岡常一(竹林軒出張所『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言(映画)』参照)や立原位貫(竹林軒出張所『一刀一絵 江戸の色彩を現代に甦らせた男(本)』参照)らにも相通ずるところがある。
 僕にとってよく知らない分野ではあるが、偏屈な職人魂というのは古今東西共通なんだなというのはよくわかる。もっとも彼の作る時計は(高級すぎて)僕にはおそらく一生縁がないものだと思うが。
★★★

参考:
竹林軒出張所『独立時計師たちの小宇宙(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言(映画)』
竹林軒出張所『一刀一絵 江戸の色彩を現代に甦らせた男(本)』
by chikurinken | 2014-02-28 07:48 |

『笑うに笑えない大学の惨状』(本)

b0189364_818302.jpg笑うに笑えない大学の惨状
安田賢治著
祥伝社新書

当世大学気質

 「大学通信」という会社(どういう会社かはよくわからないが、全国の大学に何らかの情報を提供する会社のようだ)に長年勤めているという著者が、昨今の大学の状況を書き綴った当世大学事情。
 僕自身が大学に入ったのはもう30年も前で、永らくこういう世界から離れていたため、まず、昨今の大学入試事情がこれほど大きく代わっていることに驚いた。もちろん少子化で学生が少なくなったとか、AO入試に代表されるように入試が多様化していることはこれまでも報道で知っていたが、大学入試自体が以前とは違ってずっと簡単になっているというのは今回初めて知った。しかも、現役志向、地元志向が強くなっているというのも「へぇ」である。僕らの頃は有名校の約半分は浪人経験者だったが、現在は有名校でも浪人が激減しており、おかげで予備校も経営が随分大変になったという。
 経営が大変なのは大学も一緒で、有名校はともかく、無名な大学は定員割れしているところもあり、そのために四苦八苦しているところも多いらしい。大学によっては、生徒がまだ残っているにもかかわらず破綻、というか廃校するところもあって、その場合は周辺の大学に生徒を移転させたりするんだそうだ。国際系の学部が全国的に増えているというのはおおむね想定内だが、(看護師の就職率が高いため)看護学部が全国の大学で激増しているというのも今回初耳だった。また二部(夜間大学)や短大が激減しているというのも初めて知った。
 現役の大学生や大学入試に携わっている人々はどうだか知らないが、少なくとも僕のような部外者には、大学自体がもうまったく異質な世界になっており、この本でその様子をかいま見れて良かったと思う。そう言えば知り合いの大学の先生が、今の大学の先生は授業を生徒に採点評価されるし、生徒の家庭訪問までしなければならないと言っていたことを思いだした。僕らの頃は大学の教師はふんぞり返っていて、地位が高い上自由も多そうでうらやましいショーバイだったが、今はそういうわけにもいかないようだ。それが良いのか悪いのかにわかには判断できないが、少なくともこういう本でその辺の事情を知ることができれば、いずれ正しい判断を下す上でそれなりの材料にはなるだろう。分量も少なめな上、記述も平易で大変読みやすいところも良いポイントで、雑誌感覚で読める。
★★★☆
by chikurinken | 2014-02-26 08:18 |

『漫画・日本霊異記』(本)

b0189364_8202742.jpg漫画・日本霊異記
ichida著
メディアファクトリー新書

異色の『霊異記』はなかなか秀逸

 『コミックストーリー 日本霊異記』と同様、これも『日本霊異記』をマンガ化したもの。『日本霊異記』は日本で最初の説話集ではあるが、『今昔物語』や『宇治拾遺物語』ほど有名ではない。だがしかし怪異な話が多いためか、マンガだけでなく翻案本も多いようだ。その中でもこの本はなかなかユニークで異色。
 マンガ化しているのはichidaって人で、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』『うちの会社ブラック企業ですかね?』などのマンガで最近名前が出ている。絵はプリミティブでよくありがちなマンガではあるが、間が非常に良く(この表現、ちょっとわかりにくいかも知れないが)とぼけた味が全編漂っていて、『日本霊異記』の翻案本としては最高レベルではないかと思う。
 『日本霊異記』は、先ほども言ったように奇譚の類が多く、仏教色が強い。元々、行基の弟子である景戒という僧が、仏教の教えを広めるために書いたものであるため当然だが、絵が素朴で飄飄としているため、説法臭さはあまり感じない。むしろ話の面白さが強調されていて大変読みやすい。それに閻魔大王が裁判官だったり、念仏が空也像のように仏になっていたり、一休さんのとんちネタが出てきたりで、あちこちにくすぐりがあって楽しめる。
 収録されているのは全部で14話(プラス「序」の1話)で、それぞれのマンガの後に原文が掲載されている。原文は漢文調で比較的わかりやすいが、そのことも今回初めて知った。景戒が出家したいきさつが「序」の段で描かれ、『日本霊異記』の特徴がわかるようになっているのも良い。
★★★★

参考:
竹林軒出張所『コミックストーリー 日本霊異記(本)』
竹林軒出張所『セクシィ古文(本)』
by chikurinken | 2014-02-25 08:21 |

『マンガ 線形代数入門』(本)

b0189364_848982.jpgマンガ 線形代数入門
鍵本聡原作、北垣絵美漫画
ブルーバックス

「行列」の予習・復習にどうぞ

 マンガで線形代数を教えようという試みの本。
 線形代数とはそもそも何かすら知らなかったんだが、どうやら昔高校で習った「行列」のことをいうらしい。なんでも今は高校の履修課程で「行列」をやることがないらしく、そうすると大学で数学をやる人々はいきなり高度な線形代数に取り組まなければならなくなるため大変だという、著者によると。そのために、かつて高校でやっていた程度の線形代数を簡単に教える方法は無いかということでこのマンガができたというんだな。
 線形代数=行列というのも意外だが、高校で今「行列」を教えていないというのも意外で、教科の内容がこれほど劇的に変わることがあるなんて知らなかった(特に数学の場合)。もっとも「行列」についてはすっかり忘れていたし、高校でどういう内容のことをやったかもまったく憶えていないくらいなんで、元々高校数学ではあまり重視されていなかったのかも知れない。
 さてその行列なんだが、この本では単位行列や逆行列、それから行列式などが比較的簡単に理解できるようになっている。ここらあたりはそれほど無理がないが、その後、一次変換が出てくると雲行きが怪しくなり、「固有値と固有ベクトル」の項でハミルトン・ケーリーの定理が出て来た日には、面白さはわかるがなんだか茫洋として「わかった」感はなくなる。最終的には3×3行列まで紹介されるんだが、このあたりはもう見て楽しむというレベルである。全体的に「わかった」という実感はないが、線形代数のイロハはわかるという程度である。著者もその辺を狙っているようで、一応狙いは成功しているんじゃないかと思う。
 作画はプリミティブで、マンガの展開もとりたててどうということはなく(当然)学習マンガの範疇を出ない。いかにもブルーバックスというような本ではあるが、これはこれで結構ではないでしょうか。
★★★

参考:
竹林軒出張所『マンガ おはなし数学史(本)』
by chikurinken | 2014-02-24 08:48 |

『史記』(横山光輝版)(本)

b0189364_8332019.jpg史記 (1)(11)
司馬遷原作、横山光輝著
小学館文庫

血に染まった中国史を垣間見る

 歴史漫画の巨匠、横山光輝が司馬遷の『史記』をマンガ化したもの。
 横山光輝の作品には他にも『項羽と劉邦』があり、この『史記』にも「項羽と劉邦」のエピソードはたくさん出てくるが、当然それだけにとどまらず、春秋時代、戦国時代、それから漢の時代からもさまざまなエピソードが選ばれている。その点、『項羽と劉邦』よりもバリエーションに富んでいると言える。
 原作の『史記』は、大きく分けると「本紀」、「世家」、「列伝」で構成されており、「本紀」が歴代の王や皇帝、「世家」や「列伝」が武将や宰相などのエピソードを扱っている。『史記』自体結構な大著で、登場する人物、エピソードも相当な分量に上る。したがってすべてをマンガ化することはできず、横山光輝が選び出したエピソードがピックアップされている。
 それぞれのエピソードはおおむね時代順に並べられているようだ(読んでいるときは気が付かなかったが)。司馬遷が漢の武帝の時代の人だったせいか、このマンガでもやはり戦国時代末期から秦、漢の時代が割合詳細に描かれている。
 どの話も大量に人が殺され、名を残した人々でさえも平気で処刑されたりしている。項羽なんかは八つ裂きにされているほどで、血なまぐさいったらない。マンガだからあまり生々しくならずに済んでいるところがあるとも言える。エピソードは非常に多岐に渡っていて、「死者に鞭打つ話」(伍子胥)や「馬鹿の由来」(秦の宦官、趙高)、「背水の陣」や「四面楚歌」など、有名な言葉の由来になっている話も多数紹介されている。描き方はどれも丁寧で、横山光輝の思い入れまでもが伝わってくるようで、とても面白く読める。
b0189364_8335271.jpg このマンガで扱われている歴史上の人物には、項羽と劉邦、伍子胥や趙高の他、始皇帝、戦国四君、韓信などで、有名な話はおおむね盛り込まれているんではないかと思う。中でも最初に取り上げられていた、原著者、司馬遷のエピソードは、司馬遷がどういう意図で『史記』を書いたがよくわかる上、司馬遷のものの考え方、『史記』を貫く哲学などが読み取れて、非常に印象的である。僕が読んだ文庫版は全11巻だったが、全巻通してまったく飽きることなく十二分に楽しめる内容だった。『史記』入門編としては格好の著で、遠大な中国史の一端を覗き見できるような感慨も覚える。いずれはオリジナルの『史記』にも挑んでみたいと感じる。そういう点でも良書であると思う。
★★★★

参考:
竹林軒出張所『三国志 (1)〜(30)(本)』
竹林軒出張所『項羽と劉邦 (1)〜(3)(本)』
竹林軒出張所『殷周伝説 太公望伝奇 (1)〜(22)(本)』
竹林軒出張所『水滸伝 (1)〜(6)(本)』
竹林軒出張所『平家物語(上)(中)(下)(本)』
竹林軒出張所『元禄御畳奉行の日記 (上)(下) (横山光輝版)(本)』

by chikurinken | 2014-02-22 08:34 |

『現代語訳 史記』(本)

b0189364_8415866.jpg現代語訳 史記
大木康訳・解説
ちくま新書

『史記』のスーパー・ダイジェスト

 中国の古典『史記』から、いくつかの逸話をピックアップしてそれに解説を加えたもので、『史記』のスーパー・ダイジェストと言ってよい。どの話も面白く、これから『史記』を読んでみようかなという人に最適。また解説も必要十分で、背景がよくわかる。
 ピックアップされているエピソードは、古代王朝の尭・舜の話から、有名な項羽と劉邦の覇権争いまで(数は多くないが)多岐に渡る。「本紀」だけでなく「列伝」や「世家」からも話が選ばれていて、『史記』紹介本としてはよくできている。ちなみに「本紀」、「列伝」、「世家」などについての解説もちゃんとある。まったく『史記』を知らない人でも十分楽しめるよう配慮されていると感じる。
 個人的に印象が強かったのは伍子胥(「死者に鞭打った」呉の参謀)や韓信(漢の劉邦に仕えた「国士無双」の士)の話。『史記』には、他にも多くの登場人物が参謀や軍師として活躍するが、あまり良い死に方をした人はいない点で共通する。言ってみれば太く短い生き方の人が多い。あまり人生の参考にはしたくないような話で、第三者的に楽しみたいところだ。また、皇帝に不当な扱いを受けた司馬遷(『史記』の著者)の価値観が強烈に反映されているのも『史記』の面白さにつながっている。基本的には、人の道を大切にした王が繁栄し、人の道に背いた王は落ちぶれるという話が多く、謙譲の美徳が全編を貫いているのも『史記』の特徴である。これを経由してオリジナルの『史記』に挑むのも良いかなと思う。僕が挑むのは、せいぜい横山光輝のマンガくらいのものだと思うが。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『史記 (横山光輝版)(本)』
by chikurinken | 2014-02-21 08:41 |

『スターリンの亡霊』(ドキュメンタリー)

スターリンの亡霊(2013年・仏INA)
NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー

あいにく日本にも似たような亡霊がいるのだ

b0189364_8274123.jpg 第二次大戦時ソビエトを支配したのは、言わずと知れたスターリン。そして多数の同胞を粛正したことでも有名である。その犠牲者は2000万人を超えるとも言われる。一方で、歴史的に見ると(スターリンの能力のためかどうかはわからないが)ナチスを撃退したという功績もあり、「強いロシア」を求める一部の人間にはスターリン時代回帰の志向が見られるらしい。端的に言えば、ドイツのネオナチ、日本の右翼連中と同じなんだろうが、要はこれがスターリン時代の暗部にまったく目を留めない懐古主義的な発想で、それがために民主主義的な局面において大きな危険性を孕んでいるというのがこのドキュメンタリーの主張である。
 スターリン時代の犠牲者自体まだ全体が明らかになっておらず、一部のNPOが解明のための活動に従事しているという段階なのだが、最近ではプーチン政権による横やりもあってその進捗状況は芳しくない。しかも、こういった政府の行動からわかるように、プーチン政権にスターリン時代への回帰を望んでいるかのような姿勢が見えるという。そのため、何かの拍子にスターリンの亡霊(スターリンを理想化した偶像)が復活する可能性があるというのが現状なんだそうだ。こういった状況は、スターリンおよびその時代に対して歴史的にきちんと断罪していないために起こるのであり、このままだとスターリンが美化され、あの悲劇を繰り返すことになりかねないという。
 日本のことを言っているのかという錯覚にも陥るが、いずれにしても過去に対してキチンと歴史的に決着をつけなければ、また愚かな歴史を繰り返す可能性が出てくるのは至極当然で、実際日本でもことあるごとに妙な連中が妙な主張を行っている。そしてこういう短絡的な主張が、わかりやすいためか愚かしい人々に受け入れられやすいという面もある。愚かしい主張に振り回されている人々は、このドキュメンタリーをしっかり見て、他山の石にしていただきたいと切に願う。
★★★☆
by chikurinken | 2014-02-19 08:28 | ドキュメンタリー

『若きビジネスマンと被災農家の1050日』(ドキュメンタリー)

農の夢よ、よみがえれ 若きビジネスマンと被災農家の1050日(2014年・NHK)
NHK-Eテレ ETV特集

b0189364_8224828.jpgその後のマイファーム亘理

 2012年に制作された『被災農家を救え 若きビジネスマンが挑んだ農業再生550日』の続編。その後のマイファーム亘理(わたり)組合の500日を追う。
 前作では、マイファームが宮城県亘理町の被災農家に手を差しのべ、なんとかトマトの出荷にこぎつけるまでを追っていたが、今回はその翌年の様子である。マイファームからは西辻一真氏だけでなく、その片腕の小西良明氏もやって来て、利益が出るように業務を改善しようとする。実のところトマトは生産できて一応の進歩は見たが、結果的には数百万円の赤字を生み出すことになっている。農業再生はスタートしたが、まだ軌道に乗っているとは決して言えない。そこで農業経営のスペシャリストの小西氏の登場ということになる。
 小西氏が示した新しいプランは、生産できたトマトを商品化して付加価値をつけることで売上を増やすというもので、いわゆる「6次産業化」である。これがうまくいけば少なくとも赤字を減らして事業として継続できるようになるという目論見である。だがそうは問屋が卸さないのが、自然を相手にする農業の難しさ。夏の長雨のせいでトマトの収穫は激減。組合の中でも組合員同士で不穏な空気が流れるなど、さまざまな問題に直面する。あげくに小西氏が倒れて、事業にコミットできなくなる。
 ただこのまま座して死を待つわけにもいかず、次なる策として、以前組合員の1人が口にした「へそ大根」のプラン(大根を生産し、取れた大根を干すことで「へそ大根」として商品化するというもの)に取り組むことになる。そのため、本来であれば休耕する冬期にも同じ畑で大根を作る。そして大根は生産できた。さあこれから商品化……という段階で今回のドキュメンタリーは終了する。
 完全な復興まではまだまだ道のりは長いが、彼らは彼らなりの方法で苦難を乗り越えながら少しずつ前進している。そのことが見る側にも伝わってくる。前作ほどのドラマチックな展開はなかったが、それでもあちらこちらに起伏がもられていて、前作同様、こちらも非常に面白いドキュメンタリーに仕上がっていた。盛り上がりがあって演出のうまさが光る、そういったドキュメンタリーだった。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『若きビジネスマンが挑んだ農業再生550日(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『マイファーム 荒地からの挑戦(本)』
by chikurinken | 2014-02-18 08:23 | ドキュメンタリー

『若きビジネスマンが挑んだ農業再生550日』(ドキュメンタリー)

被災農家を救え 若きビジネスマンが挑んだ農業再生550日(2012年・NHK)
NHK-Eテレ ETV特集

人生山あり谷あり……だが前には進んでいる

b0189364_8214246.jpg 農業関連事業を推進する法人、マイファームの若き社長、西辻一真氏(竹林軒出張所『マイファーム 荒地からの挑戦(本)』を参照)を追ったドキュメンタリー。
 『マイファーム 荒地からの挑戦』にも書かれていたが、西辻氏、東日本大震災の被害農地でも復興支援活動を行っている。そしてその一環として、宮城県亘理(わたり)町で、地元の農家と協力して農地復興に乗り出す。このドキュメンタリーで追うのはその活動で、2011年から2012年10月までの状況である。
 かつてイチゴの一大生産団地だった亘理町のこの地域では、震災で約1mの海水をかぶり、塩害のため農業生産は不可能になってしまった。そこに乗り出したのがマイファームの西辻氏で、農業組合を作り、なんとか農地の復興と農業の復活を試みようとする。その際に利用するのが、他の地域で培った塩害除去のノウハウで、これを成功させることで農業復興の一つのモデル・ケースにしたいというのが西辻氏の目論見である。
 ところが当初当てにしていた震災復興支援金がカットされ、目論見どおりにことは進まず、結局必要な資金をマイファームから持ち出す形になる。これが原因かどうかわからないが、結果的に西辻氏は2012年6月に代表取締役を解任され、亘理町にこれまでのような関わり方ができなくなってしまう。
 こうして頓挫したかに思えた事業だが、農地復興の手始めとして栽培したトマトが収穫までたどり着き、最初の一歩はなんとか完了することになった。また西辻氏も平社員としてマイファームに残ることになり、月に1回という制限付きながら亘理町との関わりを継続できることになった。トマトはかなりの収穫を上げ、しかも農家の人々には将来に対する希望が出てくるなど、依然道半ばでありながら一定の成果を上げることができた、というのがこのドキュメンタリーの最初の放送時(2012年10月)の状況である。
 ドキュメンタリーでありながらいろいろ波乱があって、適度な緊張感が持続し、ドラマとしてなかなか良い仕上がりになっている(ま、ドラマではないけど)。そしてその後の状況が先日(2014年2月15日)放送された『農の夢よ、よみがえれ 若きビジネスマンと被災農家の1050日』ということになる。まだ見ていないが、その後西辻氏の身辺がどうなったか非常に気になるところである。
★★★★

参考:
竹林軒出張所『マイファーム 荒地からの挑戦(本)』
竹林軒出張所『若きビジネスマンと被災農家の1050日(ドキュメンタリー)』
by chikurinken | 2014-02-17 08:22 | ドキュメンタリー

『日本の悲劇』(映画)

b0189364_8233469.jpg日本の悲劇(1953年・松竹)
監督:木下恵介
脚本:木下恵介
音楽:木下忠司
出演:望月優子、桂木洋子、田浦正巳、上原謙、高杉早苗、高橋貞二、佐田啓二

日本版ネオレアリズモ

 終戦から8年後の1953年に作られた木下恵介の映画。戦後の混乱が描かれており、混乱の時代によって押しつぶされる人々がストーリーの中核になる。マクロレベルで見れば「戦後の混乱」で片付けられてしまうが、ミクロレベルで見ればあちこちに不幸が転がっている。そしてそれを拾って描きだしたのがこの映画ということになる。
 この映画も25年ほど前に京都の日本映画鑑賞会で見たんだが、見た後しばらく絶句してしまったくらい衝撃的で暗い映画である。公開当時、松竹の映画人がこの映画をことごとく絶賛したという伝説もあるが、それも良くわかる。社会の歪みの犠牲になる市井の人々を描くという内容は、当時のイタリアのネオレアリズモ映画を彷彿とさせる内容で、日本の映画でもこういうリアリスティックな描き方ができたんだなということに感心させられる。同時に戦後のイタリアと同じような状況が日本にもあったということがわかる。こういう映画を作り上げた木下恵介もただものではない。そう言えば同じ木下恵介の『太陽とバラ』もネオリアリズモ風で、同じような映画だったような記憶があるがあまり確かではない。なにぶん見たのが大分前なんで。
 登場人物については、どの人物の行動にもそれなりの動機付けがあり、したがってあいつが悪い、こいつが良いみたいな決めつけができない。そのあたりも脚本レベルでよくできていると思う。正直言って少し(登場人物が)「イタイ」と感じるシーンが多く、正視に耐えない部分も多い。なんだかはらわたをえぐられるような心地もする。劇場で2時間近くこの映画を見ると非常に疲れるが、それでも秀作であることは間違いない。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『カルメン故郷に帰る(映画)』
竹林軒出張所『女の園(映画)』
竹林軒出張所『藍川由美「喜びも悲しみも幾歳月 〜木下忠司作品集」(CD)』
by chikurinken | 2014-02-15 08:25 | 映画