ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

雨音はショスタコーヴィッチの調べ

 午後、図書館の帰りに、行きつけの喫茶店で読書していた。この喫茶店は、薄暗く客も少ない、もとい非常に落ち着く環境なので読書にうってつけなのである。
 夕刻も近くなって、この店の常連の芸術家、Y野氏がウッヒッヒと笑いながら入ってきて、僕に向かって「自転車?」と訊くのである。「雨降ってます?」と訊くと、「降ってるなんてもんじゃないよ」と言いながら、うれしそうに笑っている。外を見ると土砂降りである。なんでもご自身はクルマで来たらしい。このお方は人のプチ不幸がお好きなようだ。「もうすぐやむはずなんですがねえ」と言うと、ヘッというような顔をして「なんで?」と訊く。
「出がけに気象庁のレーダーで確認したんです。それによると、大きな雲の塊が2つあって、今の土砂降りが1つ目の塊で、その後1時間くらいで雨がやむ予定なんですよ」というようなことを言うと、ヘーッと言って、「N岡さんにはかなわないな……」と残念そうに呟いた。
 自転車でうろうろしていて大雨にあうと、これはもうホントにどうしようもなくなる。ただ雨が通り過ぎるのをひたすら待つか、惨めな思いで雨ざらしになるしかない。誇張ではなく自然の前で人間がいかに無力か実感させられる。だから、予測できる範囲で、あらかじめ今後の展開を予測した上で行動しなければならないのだ。
 とはいえ、レーダーで見る雲の動きといっても、随時その動きを追っていればともかく、数時間前に確認したものなんかあまりあてにならない。というわけで、僕の自信とは裏腹に一向に雨はやむ様子がなく、待ってても仕方ないんで小降りになった(と思えた)頃に店を後にした。
b0189364_18351062.jpg 帰り道、傘をさして徐行運転していたが、降りがやむどころかますますはげしくなり、結局下半身ずぶ濡れになった。自転車に乗っていたにもかかわらず靴の中まで濡れた。これほど濡れることも珍しい。シャツの第2ボタンくらいの位置に取り付けていたiPod Shuffleも少し濡れていた。この位置に付けていて濡れることはめったにないのに……。要するに、それほどの土砂降りだったわけだ。家に着く頃、iPodからは「雨音はショパンの調べ」が流れていた。「ショパンの調べ」よりも「雨に唄えば」の方が近い感じだ。
 家に帰ってからもう一度レーダーで確認すると、昼頃見た雲の2つの塊などはとうになくなっており、巨大な一面濃紺、ところどころ緑、ところにより黄色または赤というとんでもない状況になっていた。テクノロジーを過信するとこういうことになるという話だ。人は自然の前では無力なんである。
by chikurinken | 2009-06-30 18:37 | 日常雑記

『山手線内回りのゲリラ』(本)

b0189364_1503393.jpg山手線内回りのゲリラ―先崎学の浮いたり沈んだり
先崎学著
日本将棋連盟

 将棋棋士の先崎学八段によるエッセイ集。
 先崎学と言えば、

・大山康晴十五世名人の葬儀を欠席し、羽生に「香典出しておいて。お前と同額」と頼んだところ、羽生が数十万包んだ件について「あいつおかしいですよ」と師匠(米長)に泣きついたところ「大山先生の葬儀に出られないほどの用とは何なのか」と叱責され「こんなつまらない若手がいる」と著書でネタにされた。
・先崎はその仕返しに、米長のタイトル戦の解説をしているときに、師匠の指した手に対して「ブタのような手」と言い放った。(Wikipedia「先崎学」の項より)

と書かれるほど(ネタ元は先崎の著書からではないかと思う)お茶目なオッサンである。このエッセイ集も、奔放なお茶目ぶりを発揮している。電車の中でこの本を読んだりしたら、大笑いして恥ずかしい思いをするに違いない。
 羽生名人を「羽生」と呼び捨てにし、佐藤康光九段を「デレ光」だの「モテ光」だのと揶揄できるのは、おそらくこの人くらいしかいないだろう。ちょっと見、「ルネッサーンス」などと叫びそうな風貌だが、エッセイでも芸達者(筆達者?)ぶりを発揮している。
 勝ち負けで一喜一憂し、テレビで流れている他の棋士の手をボロクソにけなす人間的な棋士たちが多数登場する。先日紹介した『シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代』に出てくる、美化された棋士像とはえらい違いだ。
 ちなみにタイトルの「山手線内回りのゲリラ」は、収録されているエッセイのうちの1本のタイトルである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『棋士・先崎学の青春ギャンブル回想録(本)』
by chikurinken | 2009-06-29 15:04 |

『冬の動物園』(本)

b0189364_9475979.jpg冬の動物園
谷口ジロー著
小学館

 正直言って、谷口ジローのマンガはあまり好きではない。抹香臭いというかなんというか説明が難しいが、奇妙にのっぺりした絵とストーリーがあまり肌に合わない。マンガを芸術レベルで描こうという意欲は感じるのだが、空回りしているような印象が強かった。
 だがこの『冬の動物園』は、他の作とはまったく違う。著者の自伝的な話(だと思う)で、絵の乾いた空気がストーリーとよく合っている。いつものような空回り感がまったくない。青春ものであり恋愛もの、読後感は非常によかった。僕にとって、間違いなく谷口ジローの最高傑作である。

★★★☆
by chikurinken | 2009-06-28 09:49 |

『自転車の安全鉄則』(本)

b0189364_15284696.jpg自転車の安全鉄則
疋田智著
朝日新書

 この著者の自転車関連本はこれまで何冊か読んでいるが、どうもなんとなく傲慢な臭いがして、あまり好きになれないのだ。もう少し謙虚になれないかなと思う。とは言え、本書は、これまでの著者の集大成と言っても良いくらい、内容がよく突き詰められて整理されている。タイトルは『自転車の安全鉄則』であり、内容の基軸もそういうことなのだが、自転車の安全性から自転車行政全般、自転車につきまとうさまざまな問題についてまで、非常にわかりやすく論じている。要は車道の一部を自転車専用道路にし、自転車の左側通行を徹底すべきだということである。そのあたりの理由については本書で詳しく解説されているので、興味のある方は読んでください。
 主張については、同じ自転車乗りとして全面的に賛成だが、やはりどことなく文章全体から傲慢な臭いがする。著者がギョーカイ人だからか? 同様の主張の本に『クルマを捨てて歩く!』(杉田聡著、講談社+α文庫)があり、こちらは著者の(良い方の)人間性がにじみ出ていて好感が持てる。

★★★☆
by chikurinken | 2009-06-27 15:29 |

アーリング・ヴァルティルソン メゾチント銅版画展

 岡山のギャラリーグロスで、今日から「アーリング・ヴァルティルソン メゾチント銅版画展」が始まった。
b0189364_19123381.jpg

 早速見学に行った。そうそう、知らない人のために説明しておくと、メゾチントというのは、銅版画の1技法で、通常の銅版画が白地に黒の絵ができるのに対し、メゾチントでは黒地に白の絵ができる。あらかじめ、真っ黒になるように処理しておいた銅板を、少しずつ削りながら白い部分を広げていくという技法である。
 このアーリング・ヴァルティルソンというお方は、現時点で当代最高のメゾチント作家なのではないかと僕などは思っている(単に他の作家を知らないだけかも知れない)。僕もこのヴァルティルソンの「ねぎ」という作品を知って、自分でもメゾチントをやってみたほどだ。彼の作品を見ると、メゾチント表現の可能性をうかがうことができる。
 今回の展覧会は、グロスでは2004年以来5年ぶりの開催で、90年代の終わりから最新作までの15点が展示されている。例の「ねぎ」も展示されていた。前の展覧会のときも見ているはずなのだが、当時は銅版画にまったく興味がなかったため、全然印象に残っていない。銅版画に興味がない普通の人にとっては(かつての僕も含めて)大したインパクトを感じないのかも知れない。ただ(銅版画から離れて)静物画として見てもなかなか存在感がある作品が多く、一見の価値はあるのではないかと思う。
 今回の展示を見るに当たり、上の「ぶどうのある配置」にも下の「ねぎ」にも見られる細かい白の表現に関心があったのだが、何となく白の絵の具で着彩しているような印象を受けた。グロスのマスターによると、プレス(印画)する前に爪楊枝を使って黒インクを取り除いているのではないかという話で、なるほどそういう技法があるのかと納得した。ただ、作品によっては絵の具を塗っているのではないかと感じられるものもあり、真相はよくわからない。ともかく、いずれこの爪楊枝技法を試してみたいと思う。

「アーリング・ヴァルティルソン メゾチント銅版画展」
ギャラリーグロス(岡山市北区富田町)
2009年6月26日〜7月11日

b0189364_19104090.jpg

前回(2004年)の展覧会のハガキ:「ねぎ」↑
by chikurinken | 2009-06-26 18:59 | 美術

『ドイツ学生の歌ベスト・アルバム』(CD)

b0189364_1192348.jpgドイツ学生の歌ベスト・アルバム
エーリッヒ・クンツ(バリトン)
リトシャウアー、パウリク指揮
ウィーン・フォルクスオパー管弦楽団、合唱団(1955、56年録音)


 知人から『ドイツ学生の歌ベスト・アルバム』というCDを借りた。貸してくれたのはクラシックの好きな年輩の方で、この方のフェイバリットCDだそうだ。19世紀のドイツの大学生の愛唱歌を集めたCDということで、僕の方はあまり気乗りがしなかったが、借りたからには聞かなければならない。
 1曲目が「狐の行進を迎える歌」。タイトルからしてあまり食指が動かないが、とりあえず聞いてみた。で、びっくり。いきなり「旺文社大学受験ラジオ講座」のテーマ曲が流れ出した。このメロディはブラームスの大学祝典序曲のはず……。なるほど、ドイツの大学生が、大学つながりで大学祝典序曲からメロディだけ拝借して替え歌にしたんだななどと思いつつ解説書を読むと、話は逆で、「狐の行進を迎える歌」がオリジナルで、ブラームスが大学祝典序曲を作曲する際にパクったというか引用したというのが真相らしい。解説によると、ブラームスは大学祝典序曲で、このCDの2曲目「ガウデアームス」と3曲目の「ランデスファーターの歌」からもメロディを拝借しているらしい。早速2曲目、3曲目を聞いてみると、確かに「そうそうあのメロディ」という箇所がある。つまり、このCDでは、大学祝典序曲の引用元になった3曲を冒頭から並べているというわけだ。実に面白い。ちなみにブラームスは、オリジナルのメロディを作るのが苦手で、弟子のドヴォルザークの曲からオリジナルのメロディがとめどなくあふれ出るのをうらやんでいたという(<昔、どこかで聞いた話)。ブラームスは編曲の名人なのである。
 このCDには、その他にも、聴いたことのある曲がいくつか並んでいて、これがオリジナルかとあらためて認識させられた。どの曲もメロディが単純で、聴きやすい。なかなかおもしろいCDであった。

備考:「15.お前はぼくの胸の中にいる」は、昔ピアノの練習をしていたときに教材として使っていたメロディで、その当時はタイトルすら知らなかった。「16.思慮ある愛情」は、小学校の音楽の時間に習った「口笛吹いて ホライホラオ」(「口笛吹いて」または「この山光る」)の原曲。「21.菩提樹」は、シューベルトの『冬の旅』に入っている、あの菩提樹。大学生の愛唱歌になっていたのだろうか。「22.ウェルナーの野ばら」は、「わらべは見たり 野中のばら」のシューベルトじゃない方。「29.ムシデン(別れ)」は、Joe Dowellの「Wooden Heart」の原曲。

★★★☆
by chikurinken | 2009-06-25 11:07 | 音楽

『シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代』(本)

b0189364_933097.jpg
シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代
梅田望夫著
中央公論新社

 昨日、将棋の羽生善治名人が名人位を防衛した。ちょうどこの本を読み終わったということで、タイミングとしては非常によかった。
 「指さない将棋ファン」を自認する著者の、現代将棋論および羽生善治論。
 内容は、羽生善治、佐藤康光、深浦康市、渡辺明らの棋士論、筆者がかつて執筆したというWeb観戦記(棋聖戦、竜王戦)、羽生名人との対談で構成される。Web観戦記は少し退屈で、不要ではないかとも思えるが、他の箇所で何度も言及されているので致し方ないところか。
 羽生名人をはじめとする現代棋士の将棋に対する真摯さはよく伝わってきた。正直これほどまでとは思わなかった。羽生名人によれば、将棋は「対局者の2人が作」り上げる芸術作品のようなもので、勝ち負けは二の次だということだ。これほど勝ちを積み上げている人なんで、てっきり勝負に厳しい人かと思っていた。「勝ち負けを決めるだけなら、将棋じゃなくてじゃんけんをすればいいい」ということらしい。勝負にではなく将棋に厳しい人のようだ。
 「指さない将棋ファン」の提唱にははげしく同意。わが意を得たりである。また、羽生世代の棋士がいち早く知の共有、オープン化に踏み出していたなど、興味深い指摘もあって、なかなか興味深い。
 著者は、シリコンバレーで事業を興している人だそうで、そのせいか、何かというとビジネスと関連付けて分析しているのがどうにも煩わしい。そういう面での価値観がこちらとまったく違うので、何を言うとんねんという感じが常につきまとってきた。そういう要素を排除して、純粋に将棋本にした方が良かったんじゃないかと思う。

★★★☆
by chikurinken | 2009-06-25 09:31 |

将棋の解説者

b0189364_1457292.jpg ある日曜日の午前、ヒマをもてあましてテレビのチャンネルを変えていると、NHK教育テレビである女性が
「日曜日のひととき将棋トーナメントでお楽しみください」と言っていた。そのとき、日曜日の朝から誰が将棋なんか見るんだよと思ったものだが、それから十数年経った今、僕がこの将棋トーナメントをテレビで見る立場になった。
 『シリコンバレーから将棋を観る』(梅田望夫著、中央公論新社刊)という本で、「指さない将棋ファン」(対局を観て楽しむ将棋ファンのこと)が提唱されており、これがさまざまな層で賛同を集めたという。一般的に将棋ファンといえば、人と対局することを楽しむ人々を指すが、プロの対局を観戦して楽しむファンもいて良いじゃないかという発想で、同じような考えを持つ人も多かったようだ。
 かく言う僕もその一人で、アマチュア有段者でありながら実戦は非常に弱い。ただテレビの将棋対局は非常によく観ており、先述のNHKトーナメント以外にも銀河戦も見ているので、大体週に3局は見ていることになる。
 将棋に興味がない人にはまったく魅力はわからないだろうが、見ていれば結構面白さもわかる。ただ、僕も見始めて3年近くになるが、いまだに戦術や戦略についていけないことが多い。スポーツ中継の場合、これくらいの頻度で見ていれば、おおむね理解できるものだが、やはり将棋は奥深いということなのだろう。プロ棋士の思考なんて遙か彼方の世界である。そこで、対局中継にプロの解説者が必要になるわけである。
 対局の内容が良くても、解説者があまりうまくないと、見る方としては面白くない。対局がすばらしくて、解説が適切かつ面白いというのがベストである。というわけで、将棋中継において解説者が占める役割は非常に大きい。
b0189364_156336.jpg こういう次第で、このたび、僕が考える将棋解説者ベスト5というのを発表しようということになった。こんなランキングが何になると聞かれても困るのだが、将棋中継を見る際の参考くらいにはなるんじゃないかな。なにしろ日本人は江戸の昔からランキングが好きだから。

1. 木村一基八段
2. 中川大輔七段
3. 福崎文吾九段
4. 井上慶太八段
5. 豊川孝弘七段

 独断ではあるが、木村八段や福崎九段はオモシロ解説にすでに定評があるところで、多くの将棋ファンに同意いただけると思う。また、中川七段は、僕が将棋中継を毎週見るきっかけになった解説者であり、切れ味鋭い語り口が魅力的である。このランキングはいわば暫定順位で、今後随時変動することになる。ま、誰も期待してないだろうが。
by chikurinken | 2009-06-24 15:15 | 日常雑記

『カフカの「城」』(映画)

b0189364_1444782.jpgカフカの「城」(1997年・墺独)
監督:ミヒャエル・ハネケ
原作:フランツ・カフカ
脚本:ミヒャエル・ハネケ
出演:ウルリヒ・ミューエ、スザンネ・ロータ


 チェコの作家、カフカ作の長編小説『城』を、原作に忠実に映画化したというテレビ映画。
 原作を読んでいないので、どの程度忠実か断定しようがないが、幻想的で不思議な世界が展開され、これがカフカの世界かと納得。登場人物がどれも実体がなさそうで、しかもエピソードがどんどん移っていくしで、夢のような世界が繰り広げられる。なかなか面白い。
 原作は、翻訳物で500ページを超えるらしく、しかも未完という。さすがに読んでみようという気力はわかない。こういう作品を忠実に映画化していただけるのは非常にありがたい。
 ただし、この映画は2時間たらずであるが、最初から最後まで見続けるのは少し苦痛。僕は途中で30分間のインターミッションを挟んだ。DVDだからできるこの芸当。こちらも大変ありがたい。
★★★☆
by chikurinken | 2009-06-22 14:05 |

『昭和史 戦後篇』(本)

b0189364_1233249.jpg昭和史 戦後篇
半藤一利著
平凡社


 『昭和史 1926-1945』の続編で、前著以降の昭和史を語っている。
 これまで、自分が子供時代を過ごした昭和の時代と、戦前、戦中の歴史がまったく別物に見えていたが、この本を読むことでつながりが見えてきたような気がする。
 本書でも、昭和35年(1960年)頃の安保闘争を境に時代の空気が大きく変化してきたと書かれていた。昭和35年くらいまでは戦前の空気をいくらか引きずっていたのだろう。だから自分が実際に生きた時代に、戦中、戦後すぐの空気がなくなっていたのも理解できる。
 私としてはこの頃までの記述が面白く、戦後のどさくさは、歴史小説的でなかなか楽しめる。
 著者の視点は、あまり凝り固まったところもなく、野次馬的で好感が持てる。野次馬的というのが重要で、一般市民の感覚に近いということである。非常に博識でありながらも嫌みがない。ご隠居の話をフンフンと聞く感じに近い。それでいて鋭い洞察力と平衡感覚があり、示唆に富んでいる。最後に今後の日本の行く末に対して警鐘を鳴らしているが、これも手放しで賛同できる。
 読みやすく内容に富み非常に面白い。こういう本がベストセラーになったという話を聞くと(本当かどうかわからないが)、日本の読書人も捨てたもんではないなと思わせる。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『昭和史 1926-1945(本)』
竹林軒出張所『幕末史(本)』
竹林軒出張所『コミック昭和史 第1巻、第3巻、第4巻(本)』
竹林軒出張所『コミック昭和史 第2巻(本)』
竹林軒出張所『コミック昭和史 第5巻、第6巻、第7巻、第8巻(本)』
by chikurinken | 2009-06-20 12:05 |