ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2017年 08月 14日 ( 1 )

『陸軍中野学校』(映画)

陸軍中野学校(1966年・大映)
監督:増村保造
脚本:星川清司
出演:市川雷蔵、小川真由美、待田京介、E・H・エリック、加東大介、村瀬幸子、早川雄三

暗くて暗くてとてもやりきれない

b0189364_20445900.jpg 太平洋戦争中に実在した「陸軍中野学校」を舞台にしたスパイ映画。
 陸軍中野学校というのは、諜報活動のプロを養成すべく陸軍内に作られた機関で、この映画でその名が世間に知られるようになったのではないかと推測される。
 内容は陸軍中野学校がどういう学校か、どういう性格かという説明が多く、特に序盤は多分に説明的であるが、その後主人公の三好陸軍少尉(市川雷蔵)が関係者を殺害しなければならなくなるという展開は想定外で、ドラマとしてなかなかうまく練り上げられている。主演の市川雷蔵は、この映画が初の現代劇ということで、雷蔵が新境地を見せた映画としても知られている。興行的にも当たったようで、その後シリーズ化された。
 総じてよくできた映画ではあるが、ただやはりフィルムノワール(「虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画」- Wikipediaによる)風で、しかも殺伐としており、あまり気分が良い作品ではない。この気分の悪さというのは、作り手による反戦のメッセージだろうとは思う。そういう点で、この時代に多数作られた戦争ヒロイズム映画とは一線を画す作品ではある。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『間諜X27(映画)』
竹林軒出張所『兵隊やくざ(映画)』
竹林軒出張所『巨人と玩具(映画)』
竹林軒出張所『妻は告白する(映画)』
竹林軒出張所『炎上(映画)』
竹林軒出張所『ぼんち(映画)』
竹林軒出張所『小野田元少尉の帰還(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『映像の世紀 第5集〜第8集(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-08-14 06:44 | 映画