ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2017年 08月 09日 ( 1 )

『ちょっと愛して…』(ドラマ)

ちょっと愛して…(1985年・日本テレビ)
演出:せんぼんよしこ
脚本:山田太一
出演:樹木希林、川谷拓三、和田アキ子、河内桃子、篠田三郎、沢田雅美、小倉一郎

冴えない男女のドラマ……だが
やっぱり冴えてる方が良いような


b0189364_21075742.jpg 山田太一脚本の1985年のドラマ。製作は山田ドラマとしては珍しい日本テレビだが、山田ドラマの味は損なわれていない。このドラマは放送時見ておらず、存在すら知らなかった。日テレ放送だったからか。
 婚期が遅れている冴えない男女(樹木希林と川谷拓三)が、結婚相談所を通じて結婚相手を求めるが、なかなか理想的な相手が見つからず……という展開のドラマ。『想い出づくり。』を作るときに「ドラマだけがね、なんかこう2人の男女のきれいなのがいて、後は奉仕するっていうのは……恋敵とかだってね、恋敵という役にもう固定されてしまうわけでしょ。そんなドラマはね、早晩壊れちゃうだろうって思った」という山田センセイ、それを地で行くようなストーリーである。
 確かに美しい男女があれやこれやあって恋愛関係に陥るという話もバカバカしさを感じるが、でもやっぱり恋愛ドラマは美しい男女の方が良いという気もする。このドラマにはキャストレベルでのリアリティはあるが、出ている人が美形の方が見ていて楽しいし、精神的にも盛り上がるんではないかと感じた。もっとも、それは一般的なつまらない恋愛ドラマでの話で、密度が濃いこういうドラマだと、ちょっと冴えない風貌でもOKかなとは思う。一方で、篠田三郎や河内桃子などの美形男女が出てくると、見ているこっちは安心したりする。なお篠田三郎と河内桃子は結婚相談所の職員役で出てくるんだが、主役の2人を鑑みると、これも少し意地悪な配役だと感じる。
 主人公が勤めるのがデパートの紳士服売り場で、しかも紳士服メーカーから直接派遣されているという立場で、主人公の口から「そういうのがあるんです」と語られるが、僕自身はそういうシステムがあることを知らなかったので、そういうもんなんだと感心した。こういう目新しい職業形態が紹介されるのも山田ドラマらしいと言える。主人公の同僚役を務めるのが和田アキ子で、この役が非常に魅力的である。主人公と仕事面で対抗しながらも、主人公の幸せのために尽力するという存在である。和田アキ子の山田ドラマ出演は『輝きたいの』以来(だと思う)。一方主役の樹木希林も山田ドラマの出演は珍しい。『さくらの唄』以来ではないかと思う。なおこの『さくらの唄』だが、久世光彦演出の水曜劇場だったこともあり、樹木希林(当時、悠木千帆)らの出演陣がやたらアドリブばかりやるんで、山田太一が非常に怒って「アドリブは止めて台本通りにやってくれ」と要求した(こういうこともあり、それ以降久世光彦とは組んでいない)という逸話が残っている。それを考えると樹木希林の主役起用は意外である。
 ドラマとしては、途中まで流れがあまり良くなく少々まだるっこしさを感じるが、途中から良い具合のダイナミズムが出て来た。話のテーマとしては『ハワイアン ウエディング・ソング』に似ているが、どちらのドラマもオリジナルで魅力的な作品であることには変わりない。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『テレビがくれた夢 山田太一 その2(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『輝きたいの(1)〜(4)(ドラマ)』
竹林軒出張所『ハワイアン ウエディング・ソング(ドラマ)』
竹林軒出張所『100年インタビュー 脚本家 山田太一(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『テレビがくれた夢 山田太一 その1(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『山田太一のドラマ、5本』
竹林軒出張所『続・山田太一のドラマ、5本』

by chikurinken | 2017-08-09 07:07 | ドラマ