ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2017年 04月 25日 ( 1 )

『月へ、夢を 人類初の月面探査レースに挑む』(ドキュメンタリー)

月へ、夢を 人類初の月面探査レースに挑む(2017年・NHK)
NHK-BS1 BS1スペシャル

核心部分がないじゃない

b0189364_18492713.jpeg 「月面探査レースに挑む」などというタイトルなんで、てっきり例の「グレートレース」シリーズかと思った。「ついに月までが舞台になった」ってなもんである。だが残念ながら、まだ月面到達レースは始まっていなかった。なんでもGoogle主催により、2017年までに月面を車両で500メートル走るというレースが行われているそうで、それに参加する日本のチームの準備の顛末記という、そんな内容である。「グレートレース」の準備部分だけ取り上げたというか、ロボコンシリーズの準備部分だけを切り取ったというか、とにかく何とも物足りない内容である。日本から参加する唯一のチームは、チームHAKUTOという名前で、このプロジェクトのために日本に留まっているアメリカ人の元留学生がいたり、族あがりみたいなメンバーがいたり、ユニークさを強調しようという試みは見受けられるが、早い話、見ているこっちにとってみればどうでも良い話ばかりで、そもそも月に車を送って500メートル走らせるということにまったく魅力を感じない。ましてや月に送る手段は(つまりロケットだが)自分で用意できず別のチームに頼るというのも、そういうので良いのかという疑問が消し去れない。
 番組としてはそれなりに構成されているが、まったく心を動かされる部分がなく、最低限ホンちゃんのレースを入れなきゃ番組として成立しないだろうと思う。もっともレースまで引っぱった場合、HAKUTOの車が月まで到達できないという可能性も十分あるわけで、それをメインに据えることにはリスクがあったのかも知れない。
 ただ『YOUは何しに日本へ』でときどき何かの大会に参加する外国人が来て、1回戦で負けて「チーン」で終わることがあるが、現実はそんなもので、テレビの世界でもそれはそれで良いんじゃないかと思うが、「グレートレース」みたいにむだに大げさな番組にしてしまうと、そういうわけにも行かないんだろうか、などとつらつら考えるのである。
★★★

参考:
竹林軒出張所『雲上の超人たち(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『激走! 富士山一周156キロ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『死闘!コスタリカ横断850キロ(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『密着! アタカマ砂漠マラソン(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『灼熱の大地を疾走せよ!(ドキュメンタリー)』
竹林軒出張所『絶景アルプスを飛べ!(ドキュメンタリー)』

by chikurinken | 2017-04-25 06:48 | ドキュメンタリー