ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

2012年 07月 20日 ( 1 )

『馬鹿まるだし』(映画)

馬鹿まるだし(1964年・松竹)
監督:山田洋次
原作:藤原審爾
脚本:加藤泰、山田洋次
出演:ハナ肇、桑野みゆき、犬塚弘、植木等、長門勇、花沢徳衛、長門勇

b0189364_8103954.jpg 山田洋次初期の喜劇。多分に『無法松の一生』を意識したつくりになっている。実際、劇中劇として『無法松の一生』が登場する。
 少し頭の弱い男、安五郎が主人公で、復員して寺に小間使いとして入り、やがて偶然が重なって大人物として名前をあげていくが、寺のご新造さんには頭が上がらない。このご新造さんと安五郎の関係が「無法松」になっている。「安五郎」という名前も「松五郎」を意識したものだろう。原作は藤原審爾の『庭にひともと白木蓮』で、原作がどのくらい取り込まれているかわからないが、ありきたりではないにしても安直なストーリーである。
 主演の安五郎はハナ肇で、その後も山田洋次映画にたびたび登場する。他にも犬塚弘、植木等、桜井センリ、安田伸、石橋エータローが登場し、クレージーキャッツ総出演といった趣だが、なぜだか谷啓が出ていない。ちなみに植木等はナレーション担当で、終わりの方に少しキャストとして出演する。ただしタイトルバックには名前が表示されていない。他にも渥美清や藤山寛美もゲスト出演していて、今見ると非常に豪華な布陣である。
 「馬鹿まるだし」というタイトルは、松竹の首脳陣がつけたもので山田洋次自体は気に入っていなかったそうだが、僕から見ても良いタイトルとは思えない。いかにも松竹らしい「鈍感さまるだし」のタイトルで、映画の内容を反映しておらず、当時はどうだか知らないが今となってはマイナス要因になっているように思う(このタイトルではそもそも見ようという気が起きない)。
★★★

参考:
竹林軒出張所『無法松の一生(映画)』
竹林軒出張所『ニッポン無責任時代(映画)』
竹林軒出張所『本日ただいま誕生(映画)』

by chikurinken | 2012-07-20 08:11 | 映画