ブログトップ | ログイン

竹林軒出張所

chikrinken.exblog.jp

『破戒』(映画)

破戒(1962年・大映)
監督:市川崑
原作:島崎藤村
脚本:和田夏十
撮影:宮川一夫
音楽:芥川也寸志
出演:市川雷蔵、長門裕之、船越英二、藤村志保、三国連太郎、中村鴈治郎、岸田今日子、宮口精二、杉村春子、加藤嘉、浜村純

日本の自然主義の夜明け

b0189364_16205495.jpg 島崎藤村原作の同名タイトルの小説を映画化したもの。被差別部落出身の主人公の葛藤と逡巡を描いた野心作である。主人公以外にも、社会の底辺で蠢く人々が登場し、自然主義の面目躍如である。日本の自然主義文学の先駆けと言われるのも納得。
 ストーリーは、特に終わりの部分が原作と若干異なるようだが、ほぼ原作を踏襲していると見て間違いあるまい。なんと言っても主演の市川雷蔵が名演で、表情の変化が見事である。猪子蓮太郎役の三國連太郎も凄みと存在感がある。中村鴈治郎、岸田今日子あたりは市川崑作品の常連で、鴈治郎は『炎上』『雁の寺』の住職と同じような役回りである。こういうような役柄があれば、では鴈治郎さんというような話になっていたんだろうか。もちろん、やけに嵌まってはいるが。
 撮影の宮川一夫と音楽の芥川也寸志もそれぞれ「らしい」表現があり、安定感がある。この2人、『おとうと』『ぼんち』などでもそうだが、この頃、市川崑とよく仕事をしているようだ。
 途中まで緊迫感が持続していたが、終わりの方がやや停滞気味になりまだるっこしくなってしまった。そのあたりが惜しい部分ではあるが、文芸作品の映画化としてはできの良い作品と言えるのではないかと思う。当時こういった文芸作品を立て続けに映画化した大映という会社に対しては、その功績に対して大いに敬意を払いたいところである。
★★★☆

参考:
竹林軒出張所『炎上(映画)』
竹林軒出張所『雁の寺(映画)』
竹林軒出張所『おとうと(映画)』
竹林軒出張所『ぼんち(映画)』

by chikurinken | 2018-01-14 07:20 | 映画
<< 『グラディエーター』(映画) 『天国と地獄』(映画) >>